タグ:石偉雄(シェク・ワイフン)選手(香港)

2017-2020のルールでの世界最高Dスコアです。
一部練習映像を含みます。
種目Dスコア国名または選手名と国籍
団体108.6中国
個人総合36.7オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)
ゆか7.2白井健三選手(日本)
あん馬7.0マックス・ウィットロック選手(イギリス)
つり輪6.6劉洋(リュウ・ヤン)選手(中国)
跳馬2本の平均が6.0リ・セグァン選手(北朝鮮) 6.0を2本
石偉雄(シェク・ワイフン)選手(香港)  6.0を2本
安里圭亮選手(日本) 6.4と5.6
平行棒7.2(練習)鄒敬園(ゾウ・ジンユアン)選手(中国)
鉄棒7.1(練習)エプケ・ゾンダーランド選手(オランダ)
※鉄棒は落下なしであれば内村航平選手の6.9、落下ありならば齊藤優佑選手の7.0が最高値になります。

更新履歴
2019/10/24 劉洋(リュウ・ヤン)選手(中国)がつり輪でDスコア6.6を実施したので更新しました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・種目別決勝跳馬の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018アジア大会・種目別決勝跳馬、2連覇の石偉雄(シェク・ワイフン)選手(香港)と2位のキム・ハンソル選手(韓国)の演技です。

■1位:石偉雄(シェク・ワイフン)選手(香港)

1.ドラグレスク:前転跳び前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり(ローチェ1/2ひねり)
Dスコア:5.6
Eスコア:9.175
得点:14.775
2.ロペス:側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり(伸身カサマツ跳び)2回ひねり
Dスコア:5.6
Eスコア:8.950
減点:0.1
得点:14.450
決定点:14.612
ドラグレスクは脚が閉じられた実施で素晴らしいと思います。
前回大会の映像はこちらから。

■2位:キム・ハンソル選手(韓国)

1.ヨー2:前転跳び前方伸身宙返り2回半ひねり
Dスコア:5.6
Eスコア:9.275
得点:14.875
2.ドリッグス:側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり(伸身カサマツ跳び)1回半ひねり
Dスコア:5.2
Eスコア:9.325
減点:0.3
得点:14.225
決定点:14.550
ドリッグスの減点0.3はおそらく「演技開始、または終了時にD1審判に合図・礼をしない」に抵触し、D1審判によって決定点から各々0.30減点されたのだと思います。
減点がなければドリッグスの得点が14.525、決定点が14.700になり石偉雄(シェク・ワイフン)選手を上回り金メダルになっていたので悔しい銀メダルとなりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014アジア大会・種目別決勝跳馬、金メダルの石偉雄(Shek Wai Hung)選手(香港)の演技です。

①1-38:ドラグレスク(前転跳び前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり)
Dスコア:6.0
Eスコア:9.200
得点:15.200
②2-31:ロペス(側転跳び3/4ひねり後方伸身宙返り2回ひねり=伸身カサマツ跳び2回ひねり)
Dスコア:6.0
Eスコア:9.233
得点:15.233
決定点:15.216
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ