タグ:白井健三選手

2016リオ五輪・種目別決勝跳馬の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016リオ五輪・種目別決勝ゆかの演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

白井健三選手の名前がついた技は現在、ゆか3技、跳馬3技の合計6技になり、サイード・レザ・ケイハ選手(イラン)と並び世界最多となっています。
リンク切れがあったため動画を貼りなおしました。

1.ゆかの「シライ/グエン(F:後方伸身宙返り4回ひねり)」

映像、発表した大会ともに2013アントワープ世界選手権です。

2.ゆかの「シライ2(F:前方伸身宙返り3回ひねり)」
 
映像は2015豊田国際のものですが、発表した大会は2013アントワープ世界選手権です。

3.ゆかの「シライ3(H:後方伸身2回宙返り3回ひねり=伸身リ・ジョンソン)」

映像は2017モントリオール世界選手権のものですが、発表した大会は2015豊田国際。
シライ3は2015豊田国際で白井健三選手とエディ・ペネフ選手(アメリカ)とクリストファー・レムケス選手(オーストラリア)の3選手が新技申請しましたが、ペネフ選手は実施を回避、レムケス選手は着地姿勢が低くなり手を着いてしまうミスが出たため「伸身リ・ジョンソン」は「シライ3」の名がつきました。
現在試合で成功させたのは白井健三選手とクリストファー・レムケス選手(オーストラリア)のみとなっています。
練習ではエディ・ペネフ選手(アメリカ)、ジェイク・ジャルマン選手(イギリス)、アルチョム・ドルゴプヤト選手(イスラエル)、南一輝選手らがゆかで成功させています。

4.跳馬の「シライ/キム・ヒフン(5.6:伸身ユルチェンコ跳び3回ひねり=ロンダートから後転跳び後方伸身宙返り3回ひねり)」

映像は2016リオ五輪の団体決勝でピタリと着地を決めた実施ですが、発表した大会は2013アントワープ世界選手権です。

5.跳馬の「シライ2(6.0:伸身ユルチェンコ跳び3半回ひねり=ロンダートから後転跳び後方伸身宙返り3回半ひねり)」

映像、発表した大会ともに2016リオ五輪・種目別決勝での実施です。

6.跳馬の「シライ3(5.4:シェルボ跳び2回ひねり=ロンダートから1回ひねり後転跳び後方伸身宙返り2回ひねり)」

映像、発表した大会ともに2017種目別ワールドカップ・メルボルン大会です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-2020のルールでの世界最高Dスコアです。
一部練習映像を含みます。
種目Dスコア国名または選手名と国籍
団体108.6中国
個人総合36.7オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)
ゆか7.2白井健三選手(日本)
あん馬7.0マックス・ウィットロック選手(イギリス)
つり輪6.6劉洋(リュウ・ヤン)選手(中国)
跳馬2本の平均が6.0リ・セグァン選手(北朝鮮) 6.0を2本
石偉雄(シェク・ワイフン)選手(香港)  6.0を2本
安里圭亮選手(日本) 6.4と5.6
平行棒7.2(練習)鄒敬園(ゾウ・ジンユアン)選手(中国)
鉄棒7.1(練習)エプケ・ゾンダーランド選手(オランダ)
※鉄棒は落下なしであれば内村航平選手の6.9、落下ありならば齊藤優佑選手の7.0が最高値になります。

更新履歴
2019/10/24 劉洋(リュウ・ヤン)選手(中国)がつり輪でDスコア6.6を実施したので更新しました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018個人総合スーパーファイナル、1位の白井健三選手のゆかの演技です。
Dスコアを0.1下げた7.1の新しい構成です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1
ロンダート~後転とび~
シライ3:後方伸身2回宙返り3回ひねり(伸身リ・ジョンソン)

H

2
ロンダート~
後方伸身宙返り1回半ひねり

C

3~前方伸身宙返り3回ひねり:シライ2
F
4~前方伸身宙返り1回ひねりC
5脚上挙支持から伸腕屈身力倒立
C
6
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回半ひねり:ゴンザレス

E

7+前方伸身宙返り2回ひねりD0.2
8
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

9+前方伸身宙返り2回半ひねり E0.2
10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り4回ひねり:シライ/グエン

F

Dスコア:7.1(H1 F2 E2 D2 C3 CV:0.4)
Eスコア:8.233
得点:15.333
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・種目別決勝跳馬の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・種目別決勝ゆかの演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・予選ゆか、白井健三選手の演技です。
動画はわかめ様のツイートより。
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1
ロンダート~後転とび~
リ・ジョンソン:後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり

G

2前方かかえ込み宙返り1回ひねりB
3+前方伸身宙返り3回ひねり:シライ2
F0.1
4
 ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

5+前方伸身宙返り2回半ひねりE0.2
6
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り4回ひねり:シライ/グエン

F

7伸膝前転脚前挙支持経過倒立C
8
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回半ひねり:ゴンザレス

E

9+前方伸身宙返り1回ひねり C
10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.8(G1 F2 E2 D2 C2 B1 CV:0.3)
Eスコア:8.033
得点:14.833
シライ3(伸身リ・ジョンソン)を回避しDスコアを0.4下げた6.8の構成です。
アルトゥール・ダラロヤン選手(ロシア)と同じ14.833点ですが、Eスコアの高い方の順位が上になるタイブレークシステムで暫定2位です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・ポディウムトレーニング、白井健三選手の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

白井健三選手が選手生命をかけてやりたい技はゆかの「後方かかえ込み2回宙返り4回ひねり(おそらくI難度相当)」だそうです。

ちなみに後方かかえ込み2回宙返り4回ひねりは内村航平選手がタンブリングトランポリンで練習している映像があります。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ