タグ:孫煒(スン・ウェイ/ソン・イ)選手(中国)

2018世界選手権・個人総合決勝、4位の孫煒(スン・ウェイ/ソン・イ)選手(中国)の演技です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・団体決勝、金メダルの中国の演技です。
リザルトはこちらから。

2018 TF CHN 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・予選、個人総合5位の孫煒(スン・ウェイ/ソン・イ)選手(中国)の演技です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・ポディウムトレーニング、孫煒(スン・ウェイ)選手(中国)のあん馬・鉄棒の演技です。
動画はわかめ様のツイートからお願いします。

■あん馬
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:逆交差(セア)倒立D
2リー・ニン:正交差(セア)倒立
正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして正交差入れ支持
D
3両ポメル上での横向き旋回
A
4Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
シュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→シュテクリA
E
5Dコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
D
6ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動D
7ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動
E
8マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
D
9シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
D
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:5.9(E2 D7 A1)
ウ・グォニアンの後の馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向を実施しませんでしたが予選では実施し、6.2(E2 D8)の構成だと思います。

■鉄棒
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1アドラー1回ひねり両逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり両逆手倒立
E
2伸身トカチェフ:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂D
3+リンチ
懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
D0.2
4アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
5モズニク
懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
E
6前方車輪1回ひねり大逆手C
7ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
8エンドー1/2ひねり倒立:前方開脚浮腰回転1/2ひねり倒立B
9シュタルダー:後方開脚浮腰回転倒立B
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.0(E3 D4 C1 B2 CV:0.2)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018アジア大会・種目別決勝鉄棒、メダリストの演技です。

■1位:唐嘉鴻(タン・チアフン)選手(台湾)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1ツォウ・リミン
前方車輪1回ひねり片手大逆手後ろ振り上がり1回ひねり片逆手倒立
C
2ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂
D
3コールマン
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂
E
4伸身トカチェフ:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂D
5+トカチェフ:懸垂前振り開脚背面とび越し懸垂C0.1
6リンチ
懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
D
7アドラー1回ひねり両逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり両逆手倒立
E
8アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
9シュタルダー:後方開脚浮腰回転倒立B
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.0(E3 D4 C2 B1 CV:0.1)
Eスコア:8.725
得点:14.725
唐嘉鴻(タン・チアフン)選手は身長175㎝と体操選手としては高身長で、とても見栄えのいい雄大な鉄棒の演技を見せくれます。
個人的には高さ、姿勢、切り返しの素晴らしいヤマワキが特に好きです。
着地もまとめて素晴らしい演技で金メダルを獲得しました。

■2位:孫煒(スン・ウェイ)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1アドラー1回ひねり両逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり両逆手倒立
E
2伸身トカチェフ:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂D
3+リンチ
懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
D0.2
4アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
5モズニク
懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
E
6前方車輪1回ひねり大逆手C
7ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
8エンドー1/2ひねり倒立:前方開脚浮腰回転1/2ひねり倒立B
9シュタルダー:後方開脚浮腰回転倒立B
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.0(E3 D4 C1 B2 CV:0.2)
Eスコア:8.500
得点:14.500
孫煒(スン・ウェイ)選手は演技した種目で高いEスコアが出ていました。
種目別決勝鉄棒でも着地をしっかり止めて8.500という高いEスコアで銀メダルを獲得しました。
アジア大会では大きなミスがなく、世界選手の代表へ大きく近づく素晴らしい演技を見せてくれました。

■3位:肖若騰(シャオ・ルオテン)選手(中国)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1リューキン(伸身トカチェフ1回ひねり)
懸垂前振り、伸身背面とび越し1回ひねり懸垂
F
2エンドー1回ひねり大逆手:前方開脚浮腰回転倒立1回ひねり大逆手
D
3伸身トカチェフ:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂
D
4トカチェフ:懸垂前振り開脚背面とび越し懸垂
C
5リンチ
懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
D
6アドラー1回ひねり片逆手倒立:前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
7~ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂
D
8アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)
C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.1(F1 E1 D6 C2)
Eスコア:8.125
得点:14.225
この6.1の構成ならば安定した実施になるようです。
演技に余裕があるように見られ、下り技はフェドルチェンコも実施可能ですが、最近は伸身新月面で開き局面を見せてしっかりと着地を狙って止めにいっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018アジア大会・種目別決勝つり輪、1位の鄧書弟(デン・シュウディ)選手(中国)と6位の孫煒(スン・ウェイ)選手(中国)の演技です。

■1位:鄧書弟(デン・シュウディ)選手(中国)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1アザリアン:(後転十字懸垂)
後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂
D
2後ろ振り上がり中水平支持E
3後ろ振り上がり上水平支持D
4ほん転逆上がり倒立
C
5オニール(伸身グチョギー):後方伸身2回宙返り懸垂E
6前振り上がり十字懸垂C
7ジョナサン(屈身ヤマワキ):前方屈身2回宙返り懸垂
D
8ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂C
9後ろ振り上がり倒立C
10
後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:(伸身新月面宙返り下り)F
Dスコア:6.0(F1 E2 D3 C4)
Eスコア:8.750
得点:14.750
今大会は動きにキレがないように見えた鄧書弟(デン・シュウディ)選手でしたが、終わってみれば大会を通して大きなミスなくまとめてしっかりと結果を出してきました。
実施が気になるゆかや実力からすればまだまだDスコアを上げられる平行棒など、世界選手権ではどんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

■6位:孫煒(スン・ウェイ)選手(中国) 

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り上がり上水平支持D
2中水平支持 
D
3アザリアン:(後転十字懸垂)
後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂
D
4ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂
C
5後ろ振り上がり中水平支持
E
6屈身ヤマワキ(ジョナサン):前方屈身2回宙返り懸垂
D
7ホンマ十字懸垂:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂D
8伸腕伸身力倒立C
9ほん転逆上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(新月面宙返り下り)E
Dスコア:5.9(E2 D5 C3)
Eスコア:8.475
得点:14.375
今大会の演技で団体でつり輪の演技も実施できることを証明したと思います。
私の個人的な意見としては世界選手権のつり輪は鄧書弟(デン・シュウディ)選手、孫煒(スン・ウェイ)選手、鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手でほぼ確定だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018アジア大会・種目別決勝あん馬、メダリストの演技です。

■1位:李智凱(リー・チーカイ)選手(台湾)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:逆交差(セア)倒立
D
2下向き逆移動(逆リア)倒立180°ひねり3/3部分移動下ろして開脚旋回
E
3ケイハ:両ポメルを挟んで横向き開脚旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)F
4両ポメルを挟んで横向き開脚旋回
B
5アイヒホルン
横向き開脚旋回1回ひねり移動(2回以内の旋回で逆馬端へ移動し再び戻る)
E
6横向き開脚旋回1回ひねり(2回以内の旋回で):横向き開脚旋回シュピンデル
D
71回の旋回で正面横移動
C
8開脚マジャール移動:縦向き開脚旋回前移動3/3部分
1馬端~3あん部馬背~5馬端
E
9開脚シバド移動:縦向き開脚旋回後ろ移動3/3部分
1馬端~3あん部馬背~5馬端
E
10下向き逆移動(逆リア)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下りD
Dスコア:6.3(F1 E4 D3 C1 B1)
Eスコア:9.100
得点:15.400
ダイナミックかつ美しい開脚旋回中心の構成をほぼ完璧に実施して中国の2選手を抑えて見事に金メダルを獲得しました。

■2位:鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手(中国)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1横向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で):(横向きシュピンデル)
D
2トン・フェイ:縦向き~縦向き支持
下向き正転向移動(馬端から両ポメルを越えて下向き(ロシアン)180°転向 )
D
3マジャール・シュピンデル
馬端中向き、縦向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)
D
4馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向
D
5Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
縦縦ループ(縦向き旋回前移動1/3部分)→縦横ループ→シュテクリB→シュテクリB
E
6逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして正交差入れ支持
逆交差(セア)倒立
D
7Dコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
D
8マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
9シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:6.1(E1 D9)
Eスコア:9.000
得点:15.100
鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手は予選団体決勝、種目別決勝で安定した演技を見せました。
14点台後半から15点に乗る得点を安定して出せる鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手のあん馬は平行棒と並んで日本の脅威になるでしょう。

■3位:孫煒(スン・ウェイ)選手(中国)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持
逆交差(セア)倒立
D
2リー・ニン:正交差(セア)倒立
正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして正交差入れ支持
D
3Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
シュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→シュテクリA
E
4Dコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
D
5ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動E
6あん部馬背下向き(ロシアン)1080°転向
D
7ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動
D
8マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
9シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:6.2(E2 D8)
Eスコア:8.875
得点:15.075
孫煒(スン・ウェイ)選手(中国)も予選、種目別決勝で安定した実施を見せました。
映像はありませんが団体決勝でもミスなく演技をまとめたようです。
アジア大会の孫煒(スン・ウェイ)選手は自信に溢れた体操をしているように見受けられ、中国にとっては一番の収穫と言えるかも知れない活躍を見せてくれました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018アジア大会・個人総合決勝兼団体予選兼種目別予選、孫煒(スン・ウェイ)選手(中国)のあん馬・つり輪・鉄棒の演技です。
映像はこちらから。

■あん馬
技順グループ

技と技の内容(通称など)難度
1逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持
逆交差(セア)倒立
D
2リー・ニン
正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして正交差入れ支持
正交差(セア)倒立
D
3Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
シュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→シュテクリA
E
4Dコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
D
5ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動E
6あん部馬背下向き(ロシアン)1080°転向
D
7ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動
D
8マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
9シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:6.2(E2 D7)
Eスコア:8.800
得点:15.000

■つり輪
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り上がり上水平支持D
2中水平支持 
D
3アザリアン:(後転十字懸垂)
後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂
D
4ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂
C
5後ろ振り上がり中水平支持
E
6屈身ヤマワ(ジョナサン):前方屈身2回宙返り懸垂
D
7ホンマ十字懸垂
輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂
D
8伸腕伸身力倒立C
9ほん転逆上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り
(かかえ込み新月面宙返り下り)
E
Dスコア:5.9(E2 D5 C3)
Eスコア:8.600
得点:14.500
3を十字懸垂からアザリアンにしてDスコアを0.2上げてきました。

■鉄棒
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1アドラー1回ひねり両逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり両逆手倒立
E
2伸身トカチェフ:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂D
3+リンチ
懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
D0.2
4アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
5モズニク
懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
E
6前方車輪1回ひねり大逆手C
7ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
8エンドー1/2ひねり倒立:前方開脚浮腰回転1/2ひねり倒立B
9シュタルダー:後方開脚浮腰回転倒立B
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ
(伸身新月面宙返り下り)
E
Dスコア:6.0(E3 D4 C1 B2 CV:0.2)
Eスコア:8.500
得点:14.500

跳馬は棄権しましたが、ロペスを跳んで立てばあん馬と跳馬でミスの出た肖若騰(シャオ・ルオテン)選手の点数を超えると予想されます。
孫煒(スン・ウェイ)選手は団体決勝であん馬、強さを見せたつり輪、跳馬、鉄棒を演技する可能性があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

演技構成などを追加したので更新しました。

2018アジア大会の中国代表は肖若騰(シャオ・ルオテン)選手、林超攀(リン・チャオパン)選手、鄧書弟(デン・シュウディ)選手、孫煒(スン・ウェイ)選手、鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手に決定しました。
ソースはこちらから。

世界選手権の個人総合でメダル獲得経験のある肖若騰(シャオ・ルオテン)選手、林超攀(リン・チャオパン)選手、鄧書弟(デン・シュウディ)選手に加えて2018年中国選手権の個人総合で2位孫煒(スン・ウェイ)選手のオールラウンダー4選手を揃えてきました。
鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手は得意の3種目で得点を伸ばしてくるでしょう。

中国はアジア大会・団体戦への意気込みを強く感じる国内トップの選手たちを選出して来ました。

Dスコアと演技する種目に関しては以下の表になると予想していますが、孫煒選手は平行棒と鉄棒も強いので団体戦で演技することがあるとすればDスコアを上げてくると思います。

肖若騰林超攀鄧書弟鄒敬園孫煒合計
ゆか5.96.26.25.35.618.3
あん馬6.35.95.96.16.218.6
つり輪5.75.66.0(5.7?)6.15.717.8
跳馬5.65.65.64.85.616.8
平行棒6.2(6.5)6.46.47.05.719.8
鉄棒6.16.26.3-5.918.6
演技数
53532109.9

・各選手についての所感

1.肖若騰(シャオ・ルオテン)選手
昨年の世界選手権個人総合チャンピオンの肖若騰(シャオ・ルオテン)選手は2018中国選手権と代表最終選考の個人総合で1位と今年も好調をキープしています。
最終選考では87.4の高得点を出したという情報もあるので、アジア大会ではエースとしての活躍が期待されます。
あん馬、安定感のあるロペス、Dスコア6.5まで実施できる平行棒、得意の鉄棒で高得点が期待されます。

2.林超攀(リン・チャオパン)選手
中国選手権では足を痛めていたようですが、最終選考の個人総合では2位になりました。
足の具合がどの程度かは分かりませんが、このメンバーだと跳馬は他の選手に譲ることが出来ますがゆかは演技すると思います。

3.鄧書弟(デン・シュウディ)選手
2018中国選手権の個人総合ではDスコアを抑えて3位でした。ゆかの演技が終わった後はつらそうでだったので体調面が悪かったのではないかと思っています。
今年の中国選手権の種目別決勝で1位になった鉄棒、中国国内ではG難度認定の新技の屈身タナカを発表するかも知れない平行棒での高得点が期待されます。
2018中国選手権の個人総合ではつり輪のDスコアは5.7、跳馬は5.2だったので、アジア大会でどれくらいの演技を実施するのか、世界選手権に向けて気になるところです。

4.鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手
高いDスコアと美しい実施が伴った今大会一番の注目選手と言っても過言ではないでしょう。
あん馬、つり輪、平行棒を演技すると予想され、いずれも15点を超えるような高得点を出すと思います。
肩の調子があまり良くないようですが、どのような演技を見せてくれるのか楽しみです。

5.孫煒(スン・ウェイ)選手
2018中国選手権の個人総合で2位。あん馬、跳馬(ロペス)、平行棒、鉄棒が強い選手です。
私の予想ではあん馬と跳馬を演技するのは確実で、平行棒と鉄棒を演技する可能性も高いと思っています。
平行棒は6.0を超えるような構成、鉄棒はフルであれば6.2程度は実施出来る実力はありますが、現在実施可能なのかは分かりません。
どの種目を演技するのか、どのような演技を見せてくれるのか楽しみです。

続いて演技を見ていきたいと思います。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016アメリカンカップ・個人総合、3位の孫煒(スン・ウェイ)選手(中国)の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ