タグ:劉洋(リュウ・ヤン)選手(中国)

2018コトブス国際・種目別決勝つり輪の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-2020のルールでの世界最高Dスコアです。
一部練習映像を含みます。

種目Dスコア選手名と国籍
個人総合36.7オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)
ゆか7.2白井健三選手(日本)
あん馬7.0マックス・ウィットロック選手(イギリス)
つり輪6.5劉洋(リュウ・ヤン)選手(中国)
跳馬6.0を2本リ・セグァン選手(北朝鮮) 
平行棒7.0鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手(中国)
鉄棒7.1(練習)エプケ・ゾンダーランド選手(オランダ)
※鉄棒は落下なしであれば内村航平選手の6.9、落下ありならば齊藤優佑選手の7.0が最高値になります。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018中国選手権・団体決勝兼個人予選、つり輪1位の劉洋(リュウ・ヤン)選手の演技です。
つり輪のDスコア6.5は現在の世界最高値になります。
 
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1ゆっくりと後方伸腕伸身逆上がり中水平支持
(後転中水平支持)
F
2バランディン3:懸垂から伸腕伸身上水平支持
E
3バランディン2:懸垂から伸腕伸身十字倒立
F
4ジョナサン(屈身ヤマワキ):前方屈身2回宙返り懸垂D
5後ろ振り上がり上水平支持
D
6ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂C
7後ろ振り上がり中水平支持E
8ナカヤマ十字懸垂:背面水平懸垂経過十字懸垂D
9後ろ振り上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.5(F2 E3 D3 C2)
Eスコア:8.950
得点:15.450
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015世界選手権・種目別決勝つり輪の演技構成です。
予選の映像はこちらから。
昨年の世界選手権・種目別決勝つり輪の銀メダリストのアルトゥール・ナバレッテ・ザネッティ選手(ブラジル)と銅メダリストのデニス・アブリャジン選手(ロシア)は決勝に残れませんでした。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014世界選手権・予選、種目別つり輪暫定1位の劉洋(リュウ・ヤン)選手(中国)の演技です。

①Ⅳ:後転中水平支持(F:ゆっくりと後方伸腕伸身逆上がり中水平支持)
②Ⅳ:懸垂から伸腕伸身力十字倒立(E:バランディン2)
③Ⅲ:後ろ振り上がり上水平支持(D)
④Ⅰ:屈身ヤマワキ(D:前方屈身2回宙返り懸垂=ジョナサン)
⑤Ⅲ:ホンマ十字懸垂(D:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂)
⑥Ⅳ:十字懸垂から伸腕伸身力十字倒立(E)
○Ⅰ:ヤマワキ(C:前方かかえ込み2回宙返り懸垂)
⑦Ⅲ:後ろ振り上がり中水平支持(E)
⑧Ⅳ:ナカヤマ十字懸垂(D:背面水平懸垂経過十字懸垂)
⑨Ⅱ:後ろ振り上がり倒立(C)
○Ⅰ:後方車輪(ほん転逆上がり)倒立経過(B)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り1回ひねり下り(D:伸身ムーンサルト)
Dスコア:6.9(F1 E3 D5 C1)
Eスコア:9.033
得点:15.933
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ