タグ:オレグ・ベルニャイエフ/ベルニャエフ選手(ウクライナ)

2018コトブス国際・種目別決勝平行棒の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018スイスカップ、オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)の演技です。

■あん馬

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:正交差(セア)倒立D
2ショーン(メリーゴーランド):1ポメル上で片腕支持上向き全(360°)転向E
3
1ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして逆交差入れ支持
※落下後、やり直し
E
4Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
シュテクリB→シュテクリB→横縦ループ→縦横ループ
E
5
Eコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)360°転向
横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)360°転向
E
6シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)D
7ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動D
8
ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動E
9馬端馬背下向き(ロシアン)720°転向C
10
1ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立1/4(90°)ひねり下り
C
Dスコア:6.1(E5 D3 C2)
Eスコア:7.100
得点:13.200

■平行棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)D
2棒下宙返り1/2ひねり倒立
E
3シャルロ:棒下宙返り単棒縦向き倒立E
4ベジェナル(単棒ヒーリー):単棒倒立から後ろ振り片腕支持1回ひねり支持
E
5マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
6ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
7バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
9
前振り1/2ひねり倒立:(ツイスト)D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:6.6(F1 E5 D3 C1)
Eスコア:8.100
得点:14.700

■つり輪
 
技順グループ
技と技の内容(通称など)技の難度
1ゆっくりと後方伸腕伸身逆上がり中水平支持:(後転中水平支持)
F
2後ろ振り上がり中水平支持
E
3ナカヤマ十字懸垂:背面水平懸垂経過十字懸垂
D
4懸垂からゆっくりと肩転位A
5ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂C
6ジョナサン(屈身ヤマワキ):前方屈身2回宙返り懸垂D
7後ろ振り上がり開脚上水平支持C
8ほん転逆上がり倒立C
9後ろ振り上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(新月面宙返り)E
Dスコア:5.7(F1 E2 D2 C4 A1)
Eスコア:8.000
得点:13.700
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018メモリアルガンダー杯、オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)のあん馬の演技です。
View this post on Instagram

@verniaiev13 #olegverniaiev #ph #memorialgander2018

Marcos Aurelioさん(@marcosaurelio0316)がシェアした投稿 -


技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:正交差(セア)倒立D
2ショーン(メリーゴーランド):1ポメル上で片腕支持上向き全(360°)転向E
3
1ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして逆交差入れ支持E
4Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
シュテクリB→シュテクリB→横縦ループ→縦横ループ
E
5
Eコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)360°転向
横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)360°転向
E
6シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)D
7ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動D
8
ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動E
9馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向D
10
1ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:6.5(E5 D5)
Eスコア:8.150
得点:14.650
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ブンデスリーガ第6戦、オレグ・ベルニャイエフ選手(TG Saar)のあん馬の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:正交差(セア)倒立D
2ショーン(メリーゴーランド):1ポメル上で片腕支持上向き全(360°)転向E
3
1ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして逆交差入れ支持E
4Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
シュテクリB→シュテクリB→横縦ループ→縦横ループ
E
5
Eコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)360°転向
横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)360°転向
E
6シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)D
7ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動D
8
ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動E
9馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向D
10

1ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立1/4(90°)ひねり下り
※C難度のためグループⅣの得点が0.3
C

Dスコア:6.2(E5 D4 C1の4.4+グループ得点1.8)
Eスコア:8.400
得点:14.600
復帰した2018WCCソンバトヘイ大会からマジャール移動は実施していません。
縦向き旋回移動の角度減点を回避する狙いがあるのかも知れません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・種目別決勝平行棒の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・予選平行棒、オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)D
2棒下宙返り1/2ひねり倒立
E
3シャルロ:棒下宙返り単棒縦向き倒立(静止1秒)E
4ベジェナル(単棒ヒーリー):単棒倒立から後ろ振り片腕支持1回ひねり支持
E
5マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
6ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
7バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
9前振り1/4ひねり単棒横向き倒立:(Dツイスト)D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:6.7(F1 E5 D4)
Eスコア:8.758
得点:15.458
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-2020のルールでの世界最高Dスコアです。
一部練習映像を含みます。

種目Dスコア選手名と国籍
個人総合36.7オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)
ゆか7.2白井健三選手(日本)
あん馬7.0マックス・ウィットロック選手(イギリス)
つり輪6.5劉洋(リュウ・ヤン)選手(中国)
跳馬6.0を2本リ・セグァン選手(北朝鮮) 
平行棒7.0鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手(中国)
鉄棒7.1(練習)エプケ・ゾンダーランド選手(オランダ)
※鉄棒は落下なしであれば内村航平選手の6.9、落下ありならば齊藤優佑選手の7.0が最高値になります。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018WCCソンバトヘイ大会(ハンガリー国際)・種目別決勝、オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)の演技です。
■ゆか:2位

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1
ロンダート~後転とび~
後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり:(新月面宙返り)

E

2
前転とび~
前方伸身宙返り2回ひねり

D

3+前方伸身宙返り1回ひねり
C0.1
4
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

5+前方伸身宙返り1/2ひねりB
0.1
6
前転とび~
前方伸身宙返り2回半ひねり

E

7開脚旋回1回ひねり倒立1回ひねり下ろして開脚旋回
(シュピンデル・ゴゴラーゼ)
D
8立位から伸腕屈身力十字倒立B
9フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
10
ロンダート~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:5.8(E2 D4 C2 B2 CV:0.2)
Eスコア:8.250
得点:14.050

■あん馬:1位

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持
正交差(セア)倒立
D
2ショーン(メリーゴーランド):1ポメル上で片腕支持上向き全(360°)転向E
3
1ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして逆交差入れ支持E
4縦向き旋回後ろ移動2/3部分
B
5
Eコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)360°転向
縦縦ループ(縦向き旋回前移動1/3部分)→縦横ループ→下向き(ロシアン)360°転向
E
6あん部馬背下向き(ロシアン)1080°転向
E
7Dフロップ:1ポメル上で3フロップ
シュテクリB→シュテクリB→横縦ループ
D
8
シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
9ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動E
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立5/4(450°)ひねり3/3部分移動下り
E
Dスコア:6.5(E6 D3 B1の6.4に見えます)
Eスコア:8.150
得点:14.650

■跳馬:3位
 
1.ドラグレスク:前転跳び前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり(ローチェ1/2ひねり) 
Dスコア:5.6
Eスコア:9.350
得点:14.950
2.ロペス:伸身カサマツ跳び(側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり)2回ひねり
Dスコア:5.6
Eスコア:8.800
減点:0.1
得点:14.300
決定点:14.625

■平行棒:3位

技順技のグループ
技と技の内容
(通称など)
技の難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)D
2棒下宙返り1/2ひねり倒立
E
3シャルロ:棒下宙返り単棒縦向き倒立(静止1秒)E
4ベジェナル(単棒ヒーリー):単棒倒立から後ろ振り片腕支持1回ひねり支持
E
5マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
6ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
7バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
9前振り1/4ひねり単棒横向き倒立(Dツイスト)D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:6.7(F1 E5 D4)
Eスコア:8.150
得点:14.850

復帰して間もない大会でしたが終わってみれば、ゆか2位、あん馬1位、跳馬3位、平行棒3位と見事に結果を出しました。
今年の世界選手権でどんな演技を見せてくれるのかとても楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018WCCソンバトヘイ大会(ハンガリー国際)・予選平行棒、2位のオレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)技の難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)D
2棒下宙返り1/2ひねり倒立
E
3棒下宙返り倒立D
4マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
5曲膝モイ:倒立から曲膝で振り下ろし懸垂前振り上がり支持B
6ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
7ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
8前振り1/4ひねり単棒横向き倒立:(Dツイスト)D
9前振り1/2ひねり倒立:(ツイスト)C
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:6.1(F1 E2 D5 C1 B1)
Eスコア:8.650
得点:14.750
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018ブンデスリーガ、オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)の平行棒の演技です。
ベルニャイエフ選手の9ヶ月ぶりの復帰戦です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)技の難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)D
2棒下宙返り1/2ひねり倒立
E
3シャルロ:棒下宙返り単棒縦向き倒立(静止1秒)E
4単棒ヒーリー:ベジェナル
単棒倒立から後ろ振り片腕支持1回ひねり支持
(B難度以上の振動技で単棒倒立から)
E
5マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
6曲膝モイ:倒立から曲膝で振り下ろし懸垂前振り上がり支持B
7ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
8ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
9前振り1/2ひねり倒立:(ツイスト)C
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:6.3(F1 E4 D3 C1 B1)
Eスコア:8.950
得点:15.250
モイの曲膝についてメッセージしてくださった読者様、ありがとうございました🙇‍♂️
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ