ライデルレイ・ミゲル・サパタ・サンタナ選手(スペイン)が2018コトブス国際で新技の「前方伸身宙返り1/2ひねり後方伸身宙返り」を実施する予定だそうです!
難度は「前方伸身2回宙返り」がF難度になると予想されるので、さらに1/2ひねりが加わりG難度になるのでしょうか。


過去にはひねるタイミングの違う「前方伸身2回宙返り1/2ひねり」をエディ・ペネフ選手(アメリカ)が「ロンダート〜後方速伸身宙返り1/2ひねり(B)+前方伸身2回宙返り1/2ひねり」と実施した練習映像があります。
View this post on Instagram

Possible? 🤔#doublelayhalf but ⏩.... 😬 #teamusa

Eddie Penevさん(@eddie_penev)がシェアした投稿 -