カテゴリ: 内村航平選手の種目別の演技構成。

2021全日本個人総合選手権決勝・種目別鉄棒、1位の内村航平選手の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1ブレットシュナイダー:コバチ2回ひねり
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり懸垂
H
2カッシーナ:伸身コールマン
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
3コールマン
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂
E
4シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手
後方開脚浮腰回転倒立とび1回半ひねり片大逆手
D
5アドラー1回ひねり片逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
6〜ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
7エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
8アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.6(H1 G1 E2 D4 C1 B1)
Eスコア:8.866
得点:15.466
ブレットシュナイダーは試合では初となる身体の開き表現を見せた過去最高の実施を披露してくれました。
カッシーナ、コールマンの持つ位置も素晴らしく15.466の高得点をマークしました。
前演技者の前田楓丞選手が「ミヤチ(I):伸身ブレットシュナイダー」を決めるなど素晴らしい演技を見せて15.300を出したあとで、プレッシャーのかかる場面となりましたがこの局面で攻めたブレットシュナイダーの実施をやってくるあたりはさすがの内村航平選手と言うしか言葉がありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020全日本個人総合兼種目別選手権決勝、鉄棒1位の内村航平選手の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1ブレットシュナイダー:コバチ2回ひねり
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり懸垂
H
2カッシーナ:伸身コールマン
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
3コールマン
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂
E
4シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手
後方開脚浮腰回転倒立とび1回半ひねり片大逆手
D
5アドラー1回ひねり片逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
6〜ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
7エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
8アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.6(H1 G1 E2 D4 C1 B1)
Eスコア:9.100
得点:15.700
6.6の構成で素晴らしい実施を続け、会場中が期待する中で素晴らしい着地、帰ってきた王者の着地を見せて拍手喝采の大盛り上がりとなる最高の演技を見せてくれました!
6.6の構成を安定して実施できるようになってきたこと会場練習で「カッシーナ+コールマン」を実施していたこと、インタビューで「難度を上げていく必要がある」と言っていたことからも来年からは「カッシーナ+コールマン」を実戦投入してくるのだと思います。
会場練習での「カッシーナ+コールマン」についてですが2014世界選手権・種目別決勝鉄棒や2014年の練習映像のように高さと余裕のある「コールマン」を実施していました。
2回実施し、2回とも落下していましたが調整という感じに見えました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020全日本シニア選手権、内村航平選手の鉄棒の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1ブレットシュナイダー:コバチ2回ひねり
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり懸垂
H
2カッシーナ:伸身コールマン
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
3コールマン
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂
E
4シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手
後方開脚浮腰回転倒立とび1回半ひねり片大逆手
D
5アドラー1回ひねり片逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
6〜ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
7エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
8アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.6(H1 G1 E2 D4 C1 B1)
Eスコア:7.600
得点:14.200
今回の「ブレットシュナイダー」はバーに近づいて確実にキャッチする実施でしたが、少し近づきすぎたか車輪に繋げられませんでした。
その後は立て直し素晴らしい実施を続けて着地を止めましたが、やっぱり内村航平選手は納得の出来ない表情を見せました。 
アドラー1回ひねりはE難度の両逆手も実施できますが今回は片逆手で実施しヤマワキと連続させてDスコアを6.6としています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・種目別決勝鉄棒、2位の内村航平選手の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1屈身コバチ:バーを越えながら、後方屈身2回宙返り懸垂E
2カッシーナ:伸身コールマン
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
3コールマン
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂
E
4シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手
後方開脚浮腰回転倒立とび1回半ひねり片大逆手
D
5アドラー1回ひねり両逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり両逆手倒立
E
6ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
7エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
8アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.4(G1 E4 D3 C1 B1)
Eスコア:8.400
得点:14.800
6.4の演技構成を完璧に実施しました。
特に着地は腰の高い位置でピタリと決めて、見事に銀メダルを獲得しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018W杯ドーハ大会・予選、内村航平選手の演技です。
内村航平選手はあん馬、つり輪、跳馬、鉄棒にエントリーしました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017全日本種目別選手権、内村航平選手の演技です。
内村航平選手はあん馬と鉄棒にエントリーしました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016リオ五輪・種目別決勝ゆか、5位の内村航平選手の演技です。
動画の埋め込みサイズはスマートフォンでご覧いただいた時に見やすいサイズで調整してあるのでパソコンでご覧の場合には小さくて見づらくなってしまっていると思いますがご了承ください。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点

1


ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回半ひねり:ゴンザレス

E

2
+前方伸身宙返り1回半ひねりC0.1
3前方かかえ込み宙返り1回ひねりC
4+前方伸身宙返り2回半ひねりE0.1
5
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

6+前方伸身宙返り2回ひねりD0.2
7
ロンダート~後転とび~
後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり:(かかえ込み新月面宙返り)

E
 
8フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向
C
9
ロンダート~後転とび~
トーマス転:後ろび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転

D

10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.9(E3 D4 C3 CV:0.4)
Eスコア:8.641
減点:0.3
得点:15.241
最初の「後方伸身宙返り3回半ひねり(E)~前方伸身宙返り1回半ひねり(C)」を両足でラインオーバーしてしまいます。
その後も着地が少しずつ動いてしまいますが、予選・団体決勝・個人総合決勝で計18演技したことによる疲労と個人総合決勝の鉄棒でぎっくり腰になってしまったことを考慮すると6.9の演技構成をしっかり演技したことは本当に凄いことだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016全日本種目別選手権・種目別決勝鉄棒、1位の内村航平選手の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1カッシーナ(伸身コールマン)
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
2+コールマン:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂F0.2
3シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手
後方開脚浮腰回転倒立とび1回半ひねり片大逆手
D
4アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
5+ゲイロード2:バーを越えながら、後方屈身2回宙返り1/2ひねり懸垂E0.1
6アドラー1回ひねり片逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
7ヤマワキ(伸身コスミック)
後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂
D
8エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)
E
Dスコア:7.2(G1 F1 E2 D4 C1 B1 CV:0.3)
Eスコア:8.500
得点:15.700
「カッシーナ(G)~コールマン(F)」の連続技、そして試合で初披露となる「ゲイロード2(E)」の実施とファンにはたまらない演技構成を見せてくれました。
「アドラー1回ひねり片逆手倒立(D)」で車輪が戻ってしまった以外は素晴らしい演技で見事1位になりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015世界選手権・種目別決勝鉄棒、1位の内村航平選手の演技です。
 
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1屈身コバチ:バーを越えながら、後方屈身2回宙返り懸垂E
2カッシーナ(伸身コールマン)
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
3シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手
後方開脚浮腰回転倒立とび1回半ひねり片大逆手
D
4アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
5+コールマン:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂F0.1
6アドラー1回ひねり片逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
7+ヤマワキ(伸身コスミック)
後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂
D0.1
8エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)
E
Dスコア:7.1(G1 F1 E2 D4 C1 B1 CV:0.2)
Eスコア:8.733
得点:15.833
個人総合決勝では「カッシーナ(G)」を抜きましたが種目別決勝では完璧に実施してきました。
前演技者のダネル・レイバ選手(アメリカ)の15.700を上回り、会心のガッツポーズを見せました。
内村航平選手は2015世界選手権で団体金、個人総合金、種目別鉄棒金の3冠を達成しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014豊田国際・種目別鉄棒、2連覇の内村航平選手の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1屈身コバチ:バーを越えながら、後方屈身2回宙返り懸垂E
2カッシーナ(伸身コールマン)
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
3シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手
後方開脚浮腰回転倒立とび1回半ひねり片大逆手
D
4アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
5+コールマン:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂F0.1
6後方とび車輪1回半ひねり片大逆手
C
7アドラー1回ひねり片逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
8

+ヤマワキ(伸身コスミック)
後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂
エンドー:前方開脚浮腰回転倒立
D

B
0.1


9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)
E
Dスコア:7.2(G1 F1 E2 D4 C2 CV:0.2)
Eスコア:8.725
得点:15.925
2015世界選手権そして2016リオ五輪を見据えDスコアを0.3上げた7.2の演技構成を披露してくれました。
2011年以来3年ぶりとなる「屈身コバチ(E)」を再び実施するということで、ファンとしてとてもうれしかったことが思い出されます。
着地をしっかり決めて2014年を締めくくりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ