カテゴリ: 新技・未発表技

あん馬の「馬端外向き、縦向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)」を再掲という形で紹介したいと思います。

馬端外向き縦向きシュピンデルの技はサイード・レザ・ケイハ選手(イラン)の「馬端外向き縦向き支持から両ポメルを挟んで、開脚旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)」が新技として認定されケイハ5の名前が付きました。

それならばクリスティアン・ベルキ選手(ハンガリー)が2014コトブス国際の種目別決勝あん馬で実施した「馬端外向き、縦向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)」も名前が付いてもいいのではないかと思います。
ベルキ選手が新技申請をしたかは不明で、現在も採点規則に記載されていません。
ある意味では幻の技と言えると思います。

今後この「馬端外向き、縦向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)」がベルキ2になるのか、幻のままになるのか、非常に気になるところです。


技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持:正交差(セア)倒立
D
2Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
縦横ループ→シュテクリB→横縦ループ→縦横ループ
E
3Eコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)360°転向
シュテクリB→シュテクリB→下向き(ロシアン)360°転向
E
4あん部馬背下向き(ロシアン)1080°転向E
5ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動E
6馬端中向き、縦向き旋回
A
7マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分(1馬端~3あん部馬背~5馬端)D
8馬端外向き、縦向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)E
9シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分(1馬端~3あん部馬背~5馬端)D
10DSA(ダイレクトシュテクリA)倒立630°ひねり3/3部分移動下りE
Dスコア:6.8(E6 D3 A1)
Eスコア:8.750
得点:15.550
Dスコアを逆算するとE難度のようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライデルレイ・ミゲル・サパタ・サンタナ選手(スペイン)の「前方伸身宙返り1/2ひねり後方伸身宙返り」の練習映像です。
着地姿勢は低いですが、着地を止めた実施をしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライデルレイ・ミゲル・サパタ・サンタナ選手(スペイン)が2018コトブス国際予選で「前方伸身宙返り1/2ひねり後方伸身宙返り」を実施しましたが、着地姿勢が低くなり手をついてしまいました。
難度等の詳細は不明です。
しかしついに前方伸身2回宙返り系の技が試合で実施され、サパタ選手は体操界の新たな扉を開いたと言えると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライデルレイ・ミゲル・サパタ・サンタナ選手(スペイン)が2018コトブス国際で新技の「前方伸身宙返り1/2ひねり後方伸身宙返り」を実施する予定だそうです!
難度は「前方伸身2回宙返り」がF難度になると予想されるので、さらに1/2ひねりが加わりG難度になるのでしょうか。


過去にはひねるタイミングの違う「前方伸身2回宙返り1/2ひねり」をエディ・ペネフ選手(アメリカ)が「ロンダート〜後方速伸身宙返り1/2ひねり(B)+前方伸身2回宙返り1/2ひねり」と実施した練習映像があります。
View this post on Instagram

Possible? 🤔#doublelayhalf but ⏩.... 😬 #teamusa

Eddie Penevさん(@eddie_penev)がシェアした投稿 -

このエントリーをはてなブックマークに追加

男子体操競技のG,H,I難度の技一覧(2017-2020のルール)です。

この動画内には屈身タナカの映像は入っていません。

屈身タナカがおそらくG難度なので更新(2018/11/04)

■ゆか:G難度4技、H難度2技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手
Ⅱ-48ゴシマ
前方伸身宙返り3回半ひねり 
G五島誉博選手(日本) 1,2,3
白井健三選手(日本) 
南一輝選手(日本)
Ⅱ-60ザパタ
前方かかえ込み2回宙返り1回半ひねり 
Gライデルレイ・ミゲル・
ザパタ・サンタナ選手(スペイン)
 
セルゲイ・オンビシュ選手(ウクライナ)
 Ⅲ-6リ・ジョンソン
後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり
リ・ジョンソン選手(北朝鮮)
内村航平選手(日本)
マーセル・ニューエン選手(ドイツ)
ジャスティン・スプリング選手(アメリカ)
スティーブン・レジェンドレ選手(アメリカ)
オレグ・ベルニャエイフ選手(ウクライナ) 1,2
白井健三選手(日本) 1,2
アンジェロ・アソンプソ選手(ブラジル) 
エディ・ペネフ選手(アメリカ) 
ジャーニー・レギニ・モラン選手(イギリス) 
王灏然(ワン・ハオラン)選手(中国) 
ドミトリー・ランキン選手(ロシア)
Ⅲ-18リューキン
後方かかえ込み3回宙返り
Hワレリー・リューキン選手(旧ソビエト連邦) 
李小双選手(中国) 
ユリ・ポルポレンコ選手(旧ソビエト連邦)
ウラジミール・ゴゴラーゼ選手(旧ソビエト連邦)
エフゲニー・ポドゴルニー選手(ロシア)
アンドレイ・ベロウソフ選手(ロシア)
エディ・クレイン選手(アメリカ) 
レナト・オリヴェイラ選手(ブラジル) 
アルチョム・ドルゴプヤット選手(イスラエル) 
ドミトリー・ランキン選手(ロシア) 
ニキータ・ナゴルニー選手(ロシア) 
デニス・アブリャジン選手(ロシア)
セルゲイ・オンビシュ選手(ウクライナ)
Ⅲ-65後方伸身2回宙返り2回半ひねりG
スティーブン・レジェンドレ選手(アメリカ)
Ⅲ-71シライ3
後方伸身2回宙返り3回ひねり
(伸身リ・ジョンソン)
H白井健三選手(日本) 1,2,3,4
クリストファー・レムケス選手(オーストラリア) 1.2
エディ・ペネフ選手(アメリカ)

■あん馬:G難度2技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手
DSA直接背面とび横移動倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして(開脚)旋回G
ミッチ・ジョーンズ選手(オーストラリア) 
古谷嘉章選手(日本) 
Gコンバイン
1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)1080°以上転向
Gルイス・スミス選手(イギリス)
マックス・ウィットロック選手(イギリス) 1,2
陳晨(チェン・チェン)選手(中国) 
翁浩(オン・ハオ)選手(中国)
リース・マックレナハン選手(北アイルランド)
今林開人選手(日本) 1,2
中出康平選手(日本)
アンドレイ・シエニチキン選手(ウクライナ) 
杉野正尭選手(日本) 
亀山耕平選手(日本)

■つり輪:G難度1技、H難度1技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手
Ⅳ-36後方かかえ込み3回宙返り下りGアレクセイ・チホンキフ選手(旧ソビエト連邦) 
セルゲイ・ハリコフ選手(旧ソビエト連邦) 
実施選手不明
ブレント・クラウス選手(アメリカ)
外村康二選手(日本)
ディミトリー・カルバネンコ選手
エフゲニー・ポドゴルニー選手(ロシア) 
ニコライ・クリュコフ選手(ロシア)
セルゲイ・ホロホルディン選手(ロシア) 
アンドリー・イサエフ選手(ウクライナ)
アンドリー・チェルカソフ選手(ロシア) 
アルチョーム・マルケロフ選手(ロシア) 
アンドレイ・ベロウソフ選手(ロシア)
ヤン・テヨン選手(韓国) 
イロドトス・ジョルグラス選手(ギリシャ)
ボビー・ベイカー選手(アメリカ)
中野大輔選手(日本) 
ニク・クレシング選手(ドイツ)
Ⅳ-42?ウィッテンバーグ
後方屈身3回宙返り下り
ドネル・ウィッテンバーグ選手(アメリカ)

■平行棒:G難度8技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手
Ⅱ-12ツォラキディス
前振り上がり片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
(アームマクーツ)
Gヴァシレイオス・ツォラキディス選手(ギリシャ) 
鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手(中国) 
ルーカス・ダウザー選手(ドイツ)
Ⅲ-36キンテロ
懸垂前振り後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり腕支持
Gヒオバンニ・キンテロ選手(コロンビア)
屈身タナカ
後方車輪から1/2ひねり前方屈身1回半宙返り腕支持
G鄧書弟(デン・シュウディ)選手(中国)
オーランド・エスパルザ選手(メキシコ)
Ⅲ-108チョウ・シーション
逆上がり(棒下宙返り)片腕支持5/4ひねり単棒横向き倒立
G周施雄(チョウ・シーション)選手(中国) 
ダネル・レイバ選手(アメリカ)
Ⅲ-120ヤマムロ
逆上がり(棒下宙返り)3/4ひねり単棒横向き倒立経過
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持 
(棒下マクーツ)
G山室光史選手(日本)
ライアン・リーバーマン選手(アメリカ)
田中佑典選手(日本) 
オレグ・ステプコ選手(アゼルバイジャン)
Ⅳ-18前方屈身2回宙返り1/2ひねり下りGフェルハット・アリカン選手(トルコ) 1,2,3
ダヴィド・ベルヤフスキー選手(ロシア) 
ユル・モルダー選手(アメリカ) 
マンリケ・ラルデュエト選手(キューバ)
Ⅳ-24ラルデュエト
前方かかえ込み2回宙返り1回ひねり下り  
Gマンリケ・ラルデュエト選手(キューバ) 
相原弘樹選手(日本)
Ⅳ-36カトウ・ヒロユキ
後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり下り
G加藤裕之さん(日本)
中野大輔さん(日本)
ダニーロ・ノゲイラ選手(ブラジル) 1,2
マーセル・ニューエン選手(ドイツ)
オレグ・ベルニャエイフ選手(ウクライナ)
ジョン・オロスコ選手(アメリカ)
アカシュ・モディ選手(アメリカ) 
肖若騰(シャオ・ルオテン)選手(中国) 
アンドリュー・ブラワー選手(アメリカ) 
ソフス・ヘゲムスネス選手(ノルウェー)

■鉄棒:G難度9技(カッシーナとピネダが同一枠のため)、H難度1技、I難度1技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手
Ⅱ-30スアレス
(シュタルダーor足裏支持回転orほん転)から
伸身背面とび越し1回ひねり懸垂
(伸身ピアッティ1回ひねり) 
Gケリー・ラング選手(アメリカ)
森赳人さん(日本) 
ダミアン・ミロ選手(フランス)
Ⅱ-42前方伸身宙返り2回ひねり懸垂(伸身イエガー2回ひねり)
大逆手後ろ振り、前方伸身宙返り2回ひねり懸垂
Gジェフ・クロケット選手(アメリカ) 1,2
Ⅱ-60
マラス
バーを越えながら、前方屈身2回宙返り1/2ひねり懸垂
(屈身ペガン) 
Gヴラシオス・マラス選手(ギリシャ) 1,2
カール・ミーダー選手(アメリカ)
Ⅱ-66カッシーナ
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
(伸身コバチ1回ひねり)
Gイゴール・カッシーナ選手(イタリア)
ジョナサン・ホートン選手(アメリカ)
Ⅱ-66ピネダ
バーを越えながら、後方屈身2回宙返り1回ひねり懸垂 
Gトニー・ピネダ選手(メキシコ)
Ⅱ-84
ブレットシュナイダー
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり懸垂
(コバチ2回ひねり)
Hアンドレアス・ブレットシュナイダー選手(ドイツ) 1,2,3 
内村航平選手(日本)
宮地秀享選手(日本)
齊藤優佑選手(日本)
山本雅賢さん(日本)
鈴木大介選手(日本) 
市瀬達貴選手(日本)
高田治吉選手(日本)
高田満吉選手(日本) 
山根直記選手(日本)
田口翔大選手(日本) 
前田楓丞選手(日本)
ジェイデン・ブル選手(オーストラリア)
ジョーイ・ピータース選手(アメリカ) 
エドガー・ブレット選手(フランス)
前田楓丞選手(日本)
Ⅱ-96
シャハム
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回半ひねり片逆手懸垂
(コバチ1回半ひねり片逆手懸垂) 
Gノーム・シャハム選手(イスラエル) 1,2
リコ・アンドレイド選手(アメリカ) 
内村航平選手(日本)
時山玲音選手(日本) 1,2,3
ウミット・サミログル選手(トルコ)
セルジオ・ササキ・ジュニオール選手(ブラジル)  
ブラム・ベルホスタッド選手(オランダ) 1.2
宮地秀亨選手(日本) 
萩原大地選手(日本)
Ⅱ-96?
ミヤチ
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り2回ひねり懸垂
(伸身コバチ2回ひねり=伸身ブレットシュナイダー)
I宮地秀享選手(日本) 
高田治吉選手(日本) 
アンドレアス・ブレットシュナイダー選手(ドイツ)
前田楓丞選手(日本)

コウディノフ
バーを越えながら、前方かかえ込み2回宙返り1回ひねり
(ゲイロード1回ひねり)
Gミハイル・コウディノフ選手(ニュージーランド) 1.2
Ⅳ-6ルンプティス
前方かかえ込み3回宙返り下り 
Gセルゲイ・ルンプティス選手(旧ソビエト連邦) 
Matthieu Godet選手
Ⅳ-54
ファルダン
後方屈身3回宙返り下り
Gカスパル・ファルダン選手(デンマーク)  
ドネル・ウィッテンバーグ選手(アメリカ)
Ⅳ-60ベーレ
後方かかえ込み3回宙返り1回ひねり下り 
or
後方かかえ込み宙返り1/2ひねり前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下り
Gマイク・ベーレ選手(旧東ドイツ) 
アルフォンソ・ロドリゲス選手(スペイン)
ジョナサン・ホートン選手(アメリカ) 1,2 
畠田好章さん(日本)  
サミュエル・ミクラック選手(アメリカ)

■種目ごとのG,H,I難度の技数(同一枠の技を除く)
種目G難度H難度I難度
ゆか420
あん馬200
つり輪110
平行棒8
00
鉄棒911
合計2441

■発表されたらG難度以上だと思われる技

・ゆか 後方伸身宙返り4回半ひねり(G難度相当) 白井健三選手(日本) 

・つり輪 ホンマ上向き中水平支持(G難度相当:輪の高さで前方屈身宙返り直接上向き中水平支持) 山口悠樹選手(日本)

・つり輪 後方伸身2回宙返り2回半ひねり下り ドネル・ウィッテンバーグ選手(アメリカ)

・つり輪 後方伸身2回宙返り3回ひねり下り デニス・アブリャジン選手(ロシア) 

・鉄棒 リューキン1/2ひねり(G難度相当?:懸垂前振り伸身背面とび越し1回半ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立) ジョン・オロスコ選手(アメリカ)石川大貴選手(日本)マーヴィン・キンブル選手(アメリカ)

・鉄棒 伸身シャハム(H難度相当?:バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回半ひねり両逆手懸垂) 前田楓丞選手(日本) 

・鉄棒 ウェルストロム1/2ひねり(G難度相当?:後ろ振り上がり伸身とび越し2回ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立):アーロン・マー選手(アメリカ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018WCCパリ大会(フランス国際)で17歳のオーランド・エスパルザ選手(メキシコ)が「屈身タナカ:後方車輪から1/2ひねり前方屈身1回半宙返り腕支持」を実施しました。
詳細は不明ですがエスパルザ選手の投稿から察するにG難度で認定されたようです。


「屈身タナカ」は2018アジア大会の団体決勝で鄧書弟(デン・シュウディ)選手(中国)が実施し、Dスコアから逆算するとF難度で認定されていたようです。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1前振り(腕支持)上がり開脚抜き倒立B
2屈身タナカ:後方車輪から1/2ひねり前方屈身1回半宙返り腕支持F
3棒下宙返り1/2ひねり倒立E
4棒下宙返り倒立
D
5ディアミドフ:前振り片腕支持1回ひねり倒立
C
6前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持:(爆弾カット)D
7
バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ティッペルト:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10後方屈身2回宙返り下りD
Dスコア:6.1(F1 E2 D5 C1 B1)
Eスコア:8.500
得点:14.600
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキータ・ナゴルニー選手(ロシア)の「ローチェ1回ひねり(前転跳び前方かかえ込み2回宙返り1回ひねり=ドラグレスク1/2ひねり)」の練習映像です。
発表された場合、おそらく現在の跳馬の最高価値点である6.0になると思います。

2016年5月にインスタグラムで投稿していましたが、2018年9月22日現在も継続して練習しているようです。

・2016年5月20日の映像

Такая штука , вы там про пальчики не забывайте😄 👍🏻 or 👎🏻 🤔😇

Nagornyy Nik✅さん(@nikushkarus)が投稿した動画 -

 

・2018年9月22日の映像
このエントリーをはてなブックマークに追加

前田楓丞選手の鉄棒の「後方かかえ込み4回宙返り下り」の練習映像です。
View this post on Instagram

インスタ連続投稿 さぁマエダ フウスケ映えるのか!?

前田楓丞さん(@fusuke.gym)がシェアした投稿 -

このエントリーをはてなブックマークに追加

小浜廣仁選手の「コバチ宙返り(バーを越えながら、後方かかえ込み3回宙返り懸垂)」の練習映像です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

宮地秀享選手の「コバチ2回半ひねり(I難度相当?:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り2回半ひねり片逆手懸垂=コバチ2回半ひねり片逆手懸垂))」の練習映像です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ