カテゴリ: ゆか

2021NCAA選手権、ゲイジ・ダイアー選手(アメリカ)のゆかの演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1前方屈身2回宙返りE
2
ロンダート~後転とび~
後方伸身2回宙返り2回ひねり:(伸身新月面宙返り)

F

3前方伸身宙返り2回ひねりD
4+前方伸身宙返り1回ひねりC0.1
5前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり
E
6
ロンダート~
後方伸身宙返り2回ひねり

C

7トン・フェイ:バタフライ1回ひねりB
8
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

9+前方伸身宙返り1/2ひねりB0.1
10
ロンダート~後転とび~
後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり:(新月面宙返り)

E

Dスコア:6.1(F1 E3 D2 C2 B2 CV:0.2)
Eスコア:9.166
得点:15.266 ※得点の内訳は私の推測です。
宙返りの高さ、身体の開き、着地、演技の勢いが素晴らしいです。
ラストに「新月面宙返り(E)」を持ってくるのも凄いですが身体の開きを見せ余裕を持った着地を見せました。
ナゴルニー(I):後方屈身3回宙返り」の練習もしているのでいつか試合で見られることに期待しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FIG公式チャンネルより、ゆかの「後方屈身3回宙返り」が正式に「ナゴルニー」となりました。
難度は男子最高のI難度です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2021ヨーロッパ選手権・種目別決勝ゆかの演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2021ヨーロッパ選手権・種目別決勝、ニキータ・ナゴルニー選手(ロシア)の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキータ・ナゴルニー選手(ロシア)のゆかの「後方屈身3回宙返り(新技)」です。
2021ヨーロッパ選手権のポディウム練習での映像で、認定されればおそらくI難度だと思います。
屈身姿勢も素晴らしく保たれていて着地姿勢も良く凄い実施だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

2021ロシア選手権・種目別決勝ゆか、1位のアルトゥール・ダラロヤン選手(ロシア)の演技


技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1
前方伸身宙返り
+前方屈身2回宙返り1/2ひねり
B
F

0.1
2前方伸身宙返り1回ひねり
C
3
~前方伸身宙返り2回半ひねり
E
4
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

5+前方伸身宙返り2回ひねりD0.2
6
ロンダート~後転とび~
後方かかえ込み2回ひねり2回ひねり 

E

7
ロンダート~
後方伸身宙返り1回半ひねり
C
8~前方伸身宙返り1回半ひねりC
9開脚座から伸腕屈身力十字倒立C
10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.3(F1 E2 D3 C4 CV:0.3)
Eスコア:8.666
得点:14.966
今回のロシア選手権はすべてこの6.3の構成でしたが種目別決勝でようやくダラロヤン選手らしさが出た素晴らしい演技だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイク・ジャルマン選手(イギリス)の「シライ3(伸身リ・ジョンソン)」「リ・ジョンソン」「ヨネクラ」です。

■「シライ3(H):後方伸身2回宙返り3回ひねり(伸身リ・ジョンソン)」「リ・ジョンソン(G):後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり」

■「ヨネクラ(6.0):側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり(伸身カサマツ跳び)2回半ひねり=ロペスハーフ」
このエントリーをはてなブックマークに追加

南一輝選手のゆか、Dスコア7.3の演技構成の練習映像です。
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1
ロンダート~後転とび~
リ・ジョンソン:後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり

G

2
ロンダート~
後方伸身宙返り1回半ひねり

C

3+ゴシマ:前方伸身宙返り3回半ひねり
G
4シライ2:前方伸身宙返り3回ひねりF
5
ロンダート~
ゴンザレス:後方伸身宙返り3回半ひねり

E

6+前方伸身宙返り2回ひねりD0.2
7正面支持臥から伸腕屈身力倒立B
8
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

9+前方伸身宙返り2回半ひねりE0.2
10
ロンダート~
シライ/グエン:後方伸身宙返り4回ひねり

F

Dスコア:7.3(G2 F2 E2 D2 C1 B1 CV:0.4)
練習ではありますが白井健三選手の世界最高Dスコア7.2を上回り更新した7.3の構成を披露してくれました。
着地で動いてしまうところもありましたが今後完成度を上げて、もしこの構成を試合で実施することが出来れば五輪で金メダルを獲得する可能性は極めて高いと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ