カテゴリ: 2013-2016のルールでの最高Dスコア

2015豊田国際・種目別ゆか、1位の白井健三選手の演技です。

①ロンダート~後転とび~Ⅲ:伸身リ・ジョンソン(H:後方伸身2回宙返り3回ひねり)
②~③ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.2
④Ⅰ:倒立から伸膝前転脚前挙支持経過倒立(C)
⑤~⑥Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:シライ2(F:前方伸身宙返り3回ひねり) CV:0.1
⑦~⑧ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.2
⑨ロンダート~Ⅳ:側方開脚宙返り1回ひねり(C)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:シライ/ニューエン(F:後方伸身宙返り4回ひねり)
Dスコア:7.7(H1 F2 E2 D2 C3 CV:0.5)
Eスコア:8.300
減点:0.3
得点:15.700 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015豊田国際、白井健三選手の「伸身リ・ジョンソン(H:後方伸身2回宙返り3回ひねり)」です。
クリストファー・レムケス選手(オーストラリア)は着地が乱れ、エディ・ペネフ選手(アメリカ)は「リ・ジョンソン(G:後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり)」を実施したようです。
報道によると「シライ3」になる可能性もあるそうです。
仮に「シライ3」になれば山脇恭二さんの4技に並ぶ最多の技名を持つことになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015ブンデスリーガファイナル・KTVシュトラウベンハルト対TGザール、オレグ・ベルニャイエフ選手(TGザール)の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015福建中国選手権・個人総合決勝、6位の尤浩(ヨウ・ハオ)選手のあん馬・つり輪・平行棒の演技です。
つり輪と平行棒が現在の最高Dスコアです。

■あん馬

①Ⅱ:マジャール・シュピンデル(D:馬端中向き、縦向き旋回1回ひねり:2回以内の旋回で)
②Ⅳ:ロス(D:下向き(ロシアン)360°転向しながら3/3部分移動)
③Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:前移動シュテクリB→横横でシュテクリB→横縦ループ→縦横ループ)
⑤Ⅰ:正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:正セア倒立)
⑥Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして正交差入れ支持(D:逆セア倒立)
⑦Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
⑧Ⅳ:馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向(D)
⑧Ⅲ:マジャール移動(D:縦向き旋回前移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑨Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立5/4(450°)ひねり3/3部分移動下り(E)
Dスコア:6.7(E2 D8)+内規加点0.1=6.8
Eスコア:8.350
得点:15.150
 
■つり輪

①Ⅳ:後転中水平支持(F:ゆっくりと後方伸腕伸身逆上がり中水平支持)
②Ⅳ:懸垂から伸腕伸身上水平支持(E:バランディン3)
③Ⅰ:屈身ヤマワキ(D:前方屈身2回宙返り懸垂=ジョナサン)
④Ⅲ:後ろ振り上がり中水平支持(E)
⑤Ⅳ:ナカヤマ十字懸垂(D:背面水平懸垂経過十字懸垂)
⑥Ⅱ:ほん転逆上がり倒立(C)
⑦Ⅰ:伸身グチョギー(E:後方伸身2回宙返り懸垂=オニール) 
⑧Ⅲ:リー・ニン2(支持後ろ振り出し、背面懸垂前振り上がり)脚前挙十字懸垂(D)
⑨Ⅱ:後ろ振り上がり倒立(C)
○Ⅰ:後方車輪(ほん転逆上がり)倒立経過(B)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(F:伸身新月面宙返り=伸身ルドルフ)
Dスコア:7.0(F2 E3 D2 C2)+内規加点0.1=7.1
Eスコア:8.250
得点:15.350

■平行棒

①Ⅱ:後ろ振り上がり(腕支持)前方屈身宙返り支持(D:ホンマ、ソニック)
②Ⅱ:ドミトリエンコ(E:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み2回宙返り腕支持=腕支持からのモリスエ=アームモリスエ) 
③Ⅲ:タナカ(F:後方車輪から1/2ひねり前方かかえ込み2回宙返り腕支持) 
○Ⅱ:後ろ振り上がり(腕支持)開脚入れ屈腕支持(A) 
④Ⅳ:棒下宙返り1/4ひねり倒立(E)
⑤Ⅳ:棒下宙返り倒立(D)
⑥Ⅲ:屈身ベーレ(E:後方車輪から後方屈身2回宙返り腕支持)
⑦Ⅲ:バブサー(E:倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂)
⑧Ⅲ:ティッペルト(D:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立) 
⑨Ⅰ:ヒーリー(D:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持)
⑩Ⅴ:前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下り(F)
Dスコア:7.3(F2 E4 D4)+内規加点0.1=7.4
Eスコア:8.500
得点:15.900 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015ヨーロッパ競技大会・団体決勝兼個人予選、オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)の演技です。
ゆか、あん馬、つり輪と跳馬、平行棒、鉄棒が別の日に行われた変則的な予選ですが、現在の個人総合の最高Dスコア39.8を実施。
平行棒は7.1を実施する予定だったと思われます。
6種目の合計Dスコアは40を予定していたと思います。

ゆか
①ロンダート~Ⅳ:伸身トーマス転(E:後ろとび1回半ひねり前方伸身宙返り転=コロブチンスキー) 
②~③ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C) CV:0.1
④~⑤前転とび~Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り1回半ひねり(C) CV:0.1
⑥前転とび~Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E)
⑦Ⅰ:フェドルチェンコ(C:下向き(ロシアン)1080°転向)
⑧Ⅰ:伸腕屈身力十字倒立(C)
⑨ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方宙返り1/2ひねり(B) CV:0.1
⑩ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.7(E3 D3 C4 CV:0.3)
Eスコア:8.400
得点:15.100

あん馬
①Ⅰ:正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:正セア倒立)
②Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:逆セア倒立)
③Ⅱ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして開脚(逆交差入れ)支持(E)
④Ⅳ:あん部馬背下向き(ロシアン)1080°転向(E)
⑤Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:横横でシュテクリB→横横でシュテクリB→横縦ループ→縦横ループ)
⑥Ⅳ:Eコンバイン(E:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)360°転向:横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)360°転向)
⑦Ⅳ:ウ・グォニアン(E:下向き(ロシアン)720°転向しながら3/3部分移動)
⑧Ⅲ:マジャール移動(縦向き旋回前移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)(D)
⑨Ⅲ:シバド移動(縦向き旋回後ろ移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)(D) 
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立5/4(450°)ひねり3/3部分移動下り(E)
Dスコア:7.1(E6 D4)
Eスコア:7.600
得点:14.700

つり輪
①Ⅳ:後転中水平支持(F:ゆっくりと後方伸腕伸身逆上がり中水平支持)
②Ⅲ:後ろ振り上がり中水平支持(E)
③Ⅳ:ナカヤマ十字懸垂(D:背面水平懸垂経過十字懸垂)
④Ⅰ:ヤマワキ(C:前方かかえ込み2回宙返り懸垂)
⑤Ⅰ:屈身ヤマワキ(D:前方屈身2回宙返り懸垂=ジョナサン)
⑥Ⅲ:ホンマ十字懸垂(D:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂)
⑦Ⅲ:後ろ振り上がり上水平支持(D)
⑧Ⅱ:ほん転逆上がり倒立(C)
⑨Ⅱ:後ろ振り上がり倒立(C)
⑩Ⅴ:後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り(E:かかえ込み新月面宙返り=かかえ込みルドルフ)
Dスコア:6.6(F1 E2 D4 C3)
Eスコア:8.600
得点:15.200

跳馬
①1-38:ドラグレスク(前転跳び前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり)
Dスコア:6.0
Eスコア:9.466
得点:15.466
②2-31:ロペス(側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り2回半ひねり=伸身カサマツ跳び2回ひねり)
Dスコア:6.0
Eスコア:9.200
得点:15.200
決定点:15.333
 
平行棒
①Ⅱ:後ろ振り上がり(腕支持)前方屈身宙返り支持(D:ホンマ、ソニック)
②Ⅳ:棒下宙返り1/2ひねり倒立(E)
③Ⅳ:シャルロ(E:棒下宙返り単棒縦向き倒立、静止1秒)
④Ⅳ:棒下宙返り倒立(D)
⑤Ⅲ:ティッペルト(D:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立) 
⑥Ⅲ:バブサー(E:倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂)
⑦Ⅰ:ヒーリー(D:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持)
⑧Ⅰ:前振り1/4ひねり単棒横向き倒立(D:Dツイスト)
⑨Ⅰ:前振り1/2ひねり倒立(C:ツイスト)
⑩Ⅴ:前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下り(F)
Dスコア:6.9(F1 E3 D5 C1)
Eスコア:8.766
得点:15.666

鉄棒
①Ⅱ:ミュノーズ/ポッゾ(E:後ろ振り上がり伸身とび越し1回ひねり片手大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立)
②Ⅳ:アドラー1/2ひねり倒立(D:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立)
③+Ⅱ:リンチ(D:懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立) CV:0.1
④Ⅳ:アドラー1回ひねり片逆手倒立(D:前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立)
⑤+Ⅱ:伸身コスミック(ヤマワキ)(D) CV:0.1
⑥Ⅲ:エンドー1回ひねり大逆手(D)
⑦Ⅳ:大逆手振り上がり(大逆手車輪)(B)
⑧Ⅳ:大逆手エンドー(C)
⑨Ⅰ:前方車輪1回ひねり大逆手(C)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(E:伸身新月面宙返り下り=ワタナベ)
Dスコア:6.5(E2 D5 C2 B1 CV:0.2)
Eスコア:8.900
得点:15.400

合計Dスコア:39.8(ゆか6.7、あん馬7.1、つり輪6.6、跳馬6.0、平行棒6.9、鉄棒6.5)
合計Eスコア:51.732
合計得点:91.532
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015コトブス国際・種目別決勝ゆか、1位の白井健三選手の演技です。

①~②ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.2
③ロンダート~後転とび~Ⅲ:リ・ジョンソン(G:後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり)
④Ⅰ:倒立から伸膝前転脚前挙支持経過倒立(C)
⑤~⑥Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:シライ2(F:前方伸身宙返り3回ひねり) CV:0.1
⑦~⑧ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.2
⑨ロンダート~Ⅳ:側方開脚宙返り1回ひねり(C)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:シライ/ニューエン(F:後方伸身宙返り4回ひねり)
Dスコア:7.6(G1 F2 E2 D2 C3 CV:0.5)
Eスコア:8.850
得点:16.450
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014スイスカップ、白井健三選手のゆかDスコア7.6の演技です。
「テンポ宙返り(B:後方速伸身宙返り)+後方伸身宙返り3回ひねり(D) CV:0.1」を抜いて「リ・ジョンソン(G:後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり)」を取り入れた構成になっています。
リザルトでは7.3となっていますが、僕には7.6に見えます。

①ロンダート~後転とび~Ⅲ:リ・ジョンソン(G:後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり)
②~③ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.2
④Ⅰ:倒立から伸膝前転脚前挙支持経過倒立(C)
⑤~⑥ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.2
⑦~⑧Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:シライ2(F:前方伸身宙返り3回ひねり) CV:0.1
⑨ロンダート~Ⅳ:側方開脚宙返り1回ひねり(C)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:シライ/ニューエン(F:後方伸身宙返り4回ひねり)
Dスコア:7.3?(G1 F2 E2 D2 C3 CV:0.5の7.6だと思います)
Eスコア:7.900
ライン減点:0.1
得点:15.100
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014ロシアカップ・団体決勝、デニス・アブリャジン選手(ロシア)のゆかの演技です。
「前方伸身宙返り2回ひねり+前方屈身2回宙返り」の驚異的な組み合わせで着地をぴたりと止めました。
「後方伸身宙返り2回半ひねり+前方かかえ込み2回宙返り」は尻餅を着きそう(着いている?)になりましたが、組み合わせ加点は付いているようです。(転倒や尻餅は組み合わせ加点はなくなります)

①Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E)
②ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身2回宙返り2回ひねり(F:伸身新月面宙返り=伸身ルドルフ)
③~④Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D)+Ⅱ:前方屈身2回宙返り(E) CV:0.2
⑤ロンダート~Ⅳ:伸身トーマス(E:後ろとび1回半ひねり前方伸身宙返り転=コロブチンスキー) 
⑥Ⅰ:伸腕屈身力十字倒立(C)
⑦ロンダート~後転とび~Ⅳ:後ろとび1/2ひねり前方屈身2回宙返り(E)
⑧~⑨ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方かかえ込み2回宙返り(D) CV:0.2
⑩ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:7.4(F1 E4 D4 C1 CV:0.4)
Eスコア:7.500
時間超過減点:0.5(おそらく)
得点:14.400
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014南寧中国選手権・個人総合、優勝の鄧書弟(デン・シュウディ)選手の演技です。 
個人総合の合計Dスコアが40.4の構成も実施が可能とのことです。
ちなみに2014南寧中国選手権の団体決勝、種目別決勝での鄧書弟(デン・シュウディ)選手の各種目の最高Dスコアは、ゆか6.7 あん馬6.2 つり輪6.8 跳馬6.0 平行棒7.1 鉄棒6.9の合計39.7になりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014ヨーロッパ選手権・団体決勝、マックス・ウィットロック選手(イギリス)のあん馬の演技です。
現在のあん馬の世界最高Dスコアです。

①Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:逆セア倒立)
②Ⅳ:Gコンバイン(G:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)1080°転向:横横でシュテクリB→横横でシュテクリB→下向き(ロシアン)1080°転向)
③Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:縦縦ループ→縦横ループ→横横でシュテクリB→横縦ループ)
④Ⅱ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立1回ひねり3部分移動下ろして開脚旋回(G:ブスナリ)
⑤Ⅱ:マジャール・シュピンデル(D:馬端中向き、縦向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)
⑥Ⅲ:マジャール移動(縦向き前移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)(D)
⑦Ⅲ:シバド移動(縦向き後ろ移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)(D) 
⑧Ⅳ:ウ・グォニアン(E:下向き(ロシアン)720°転向しながら馬端~馬端移動)
⑨Ⅳ:馬端下向き(ロシアン)1080°転向(D)
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立5/4(450°)ひねり3部分移動下り(E)
Dスコア:7.4(G2 E3 D5)
Eスコア:8.800
得点:16.200
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ