カテゴリ: 平行棒

2016リオ五輪・種目別決勝平行棒の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらは2013スイスカップ、オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)の平行棒の演技の再掲記事です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)D
2棒下宙返り1/2ひねり倒立E
3シャルロ:棒下宙返り単棒倒立、静止1秒E
4ベジェナル(単棒ヒーリー):単棒倒立から後ろ振り片腕支持1回ひねり支持
(B難度以上のとび振動技で単棒倒立から)
E
5棒下宙返り倒立D
6モイ:懸垂前振り上がり支持C
7ティッペルト:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立 D
8ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
9前振り1/2ひねり倒立:ツイストC
10カトウ・ヒロユキ:後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり下り
(ムーンサルト下り=月面宙返り下り)
G
Dスコア:6.9(G1 E3 D4 C2)
Eスコア:8.800
得点:15.700
オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)の下り技と言えば「前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下り(F)」のイメージが強いと思いますが、2013スイスカップのみ「カトウ・ヒロユキ(G)」を実施しています。
着地寸前まで脚を閉じたかかえ込み姿勢で着地も僅かに弾む程度で抑えた素晴らしい実施だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019全日本種目別選手権予選、神本雄也選手の平行棒の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1ヤマムロ:(棒下宙返りマクーツ)
棒下宙返り3/4ひねり単棒横向き倒立経過
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
G
2リチャード:(アームディアミドフ)
前振り(腕支持)上がり片腕支持1回ひねり倒立
E
3前振り(腕支持)上がり1/2ひねり倒立:(アームツイスト)E
4棒下宙返り1/2ひねり倒立
E
5後方車輪倒立:ケンモツC
6前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持:(爆弾カット)D
7バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8
ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:6.8(G1 F1 E4 D3 C1)
Eスコア:8.733
得点:15.533
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018コトブス国際・種目別決勝平行棒の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

鄒敬園選手(ゾウ・ジンユアン)選手の平行棒を見て、演技の内容は違いますが李小鵬(リー・シャオペン)さんの再来だと感じた体操ファンの方も多いと思います。
どちらも超高難度の構成を美しく実施し、圧倒的な強さを見せているのが理由の一つだと思います。
両選手の演技を見ていきます。

まずは李小鵬(リー・シャオペン)さんの演技から。
2008天津国際・種目別決勝平行棒で1位になった演技です。
 
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1テン・ハイビン:棒下宙返り片腕支持1回ひねり倒立F
2棒下宙返り倒立D
3棒下宙返り3/4ひねり倒立E
4
ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
5屈身ベーレ:後方車輪から後方屈身2回宙返り腕支持F
6ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
7前方屈身2回宙返り腕支持E
8ドミトリエンコ:(アームモリスエ)
前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み2回宙返り腕支持
E
9ベーレ:後方車輪から後方かかえ込み2回宙返り腕支持E
10後方屈身2回宙返り下りD
Aスコア:7.3(F2 E4 D4)
Bスコア:9.475
得点:16.775

ティッペルトの迫力のある高さ、ヒーリーから前方屈身2回宙返り腕支持の連続、後方屈身2回宙返り下りの開きなど、とにかく素晴らしいとしか言いようのない演技だと思います。

記憶に新しい2018世界選手権・種目別決勝平行棒で1位になった鄒敬園選手(ゾウ・ジンユアン)選手の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1ツォラキディス:(アームマクーツ)
前振り(腕支持)上がり片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
G
2マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
3リチャード:(アームディアミドフ)
前振り(腕支持)上がり片腕支持1回ひねり倒立
E
4
後方車輪倒立:ケンモツ
棒下宙返り1/2ひねり倒立
C
E
5棒下宙返り倒立D
6ササキ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き直接懸垂E
7バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8
ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:7.0(G1 F1 E5 D3)
Eスコア:9.433
得点:16.433

倒立がそれてしまっても平然と戻せる強さとリズムの良い実施はまるで難しいことをしていないかのように見える圧倒的な演技です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・種目別決勝平行棒の演技です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・種目別決勝平行棒、金メダルの鄒敬園選手(ゾウ・ジンユアン/スウ・ケイエン)選手(中国)の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1ツォラキディス:(アームマクーツ)
前振り(腕支持)上がり片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
G
2マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
3リチャード:(アームディアミドフ)
前振り(腕支持)上がり片腕支持1回ひねり倒立
E
4
後方車輪倒立:ケンモツ
棒下宙返り1/2ひねり倒立
C
E
5棒下宙返り倒立D
6ササキ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き直接懸垂E
7バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8
ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:7.0(G1 F1 E5 D3)
Eスコア:9.433
得点:16.433
棒下宙返り1/2ひねり倒立以外は完璧な実施でEスコアは9.433で脅威の16.433を叩き出しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・団体決勝、鄧書弟(デン・シュウディ/トウ・ショテイ)選手(中国)の平行棒の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1前振り(腕支持)上がり開脚抜き倒立B
2屈身タナカ:後方車輪から1/2ひねり前方屈身1回半宙返り腕支持G
3棒下宙返り1/2ひねり倒立E
4棒下宙返り倒立
D
5ディアミドフ:前振り片腕支持1回ひねり倒立
C
6前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持:(爆弾カット)D
7
バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ティッペルト:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10後方屈身2回宙返り下りD
Dスコア:6.2(G1 E2 D5 C1 B1)
Eスコア:8.600
得点:14.800

屈身タナカを実施し、G難度で認定されたようです。
屈身タナカに関しては鄧書弟(デン・シュウディ/トウ・ショテイ)選手(中国)が2018アジア大会で実施しF難度認定されて、オーランド・エスパルザ選手(メキシコ)が2018WCCパリ大会(フランス国際)で実施しG難度認定されるという経緯があり、公式な発表が待たれます。
両選手の実施はこちらの記事で紹介しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・団体決勝、鄒敬園(ゾウ・ジンユアン/スウ・ケイエン)選手(中国)の平行棒の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1ツォラキディス:(アームマクーツ)
前振り(腕支持)上がり片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
G
2マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
3リチャード:(アームディアミドフ)
前振り(腕支持)上がり片腕支持1回ひねり倒立
E
4
後方車輪倒立:ケンモツ
棒下宙返り1/2ひねり倒立
C
E
5棒下宙返り倒立D
6ササキ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き直接懸垂E
7バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8
ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:7.0(G1 F1 E5 D3)
Eスコア:9.200
得点:16.200
2018中国選手権以来の7.0の構成でしたが着地以外はほぼ完璧に実施し、中国の2014年以来の団体金メダルに大きく貢献しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018世界選手権・予選平行棒、オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)D
2棒下宙返り1/2ひねり倒立
E
3シャルロ:棒下宙返り単棒縦向き倒立(静止1秒)E
4ベジェナル(単棒ヒーリー):単棒倒立から後ろ振り片腕支持1回ひねり支持
E
5マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
6ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
7バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
9前振り1/4ひねり単棒横向き倒立:(Dツイスト)D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:6.7(F1 E5 D4)
Eスコア:8.758
得点:15.458
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ