2021中国選手権・個人予選兼団体決勝、個人総合4位の鄒敬園選手(ゾウ・ジンユアン/スウ・ケイエン)選手(中国)の演技です。
■鉄棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1懸垂振り出し倒立
A
2後ろ振り上がり倒立A
3前方車輪A
4アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
5後方車輪A
6伸身トカチェフ:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂D
7エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
8エンドー1/2ひねり倒立:前方開脚浮腰回転1/2ひねり倒立B
9シュタルダー:後方開脚浮腰回転倒立B
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:4.3(E1 D2 B3 A4)
Eスコア:8.900
得点:13.200
A難度が4技入るなどDスコア4.3の構成です。
下り技の「伸身新月面宙返り下り」は身体の開き局面をしっかり見せてからの着地でばっちりと止めてきました。

■ゆか

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1前方かかえ込み2回宙返りD
2
ロンダート~
後転とび~

A

3後方伸身宙返り2回ひねり
C
4 ゴゴラーゼ
開脚旋回倒立1回ひねり下ろして開脚旋回
C
5開脚座から伸腕屈身力十字倒立
C
6前方伸身宙返り1回ひねりC
7~前方伸身宙返り1/2ひねりB
8フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
9前方伸身宙返り2回ひねりD
10



Dスコア:4.6(D2 C5 B1 A1)
Eスコア:8.600
得点:13.200
ゆかもDスコアは低めの構成です。

■あん馬

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:正交差(セア)倒立
D
2逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして正交差入れ支持:逆交差(セア)倒立D
3E難度のフロップ:1ポメル上で4フロップ
横縦ループ→縦横ループ→横から横でシュテクリB→横から横でシュテクリB
E
4D難度のコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
D
5横向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で):(横向きシュピンデル)D
6開脚マジャール移動:縦向き開脚旋回前移動3/3部分
1馬端~3あん部馬背~5馬端
D
7
開脚シバド移動で落下
シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端

D
8馬端馬背下向き(ロシアン)720°転向C
9
1ポメル上での縦向き旋回(縦縦ループ):(縦向き旋回前移動1/3部分)
B
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:5.9(E2 D6 C1 B1)
Eスコア:7.466
得点:13.366
本来であれば「開脚シバド(E)」、「馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向(D)」を実施して6.1の構成ですが、落下もありDスコアは5.9でした。
6.1の構成を問題なく通せれば15点台も狙えるだけに惜しかったです。

■つり輪

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1ホンマ十字懸垂:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂D
2十字懸垂から伸腕伸身引き上げ中水平支持E
3後ろ振り上がり上水平支持D
4ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂C
5屈身ヤマワキ:前方屈身2回宙返り懸垂=ジョナサンD
6後ろ振り上がり中水平支持E
7ナカヤマ十字懸垂:背面水平懸垂経過十字懸垂D
8後ろ振り上がり倒立C
9ほん転逆上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(かかえ込み新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.1(E3 D4 C3の6.0に見えます)
Eスコア:8.366
得点:14.466
2020中国選手権と同じ構成なのでおそらくDスコアは6.0だと思います。
力技の姿勢や力強さは素晴らしいですが、着地が乱れてしまいました。

■跳馬

ロウ・ユン:前転跳び前方伸身宙返り1回半ひねり
Dスコア:4.8
Eスコア:9.466
得点:14.266
跳馬は「ロウ・ユン」で、着地を止めました。

■平行棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1ツォラキディス:(アームマクーツ)
前振り(腕支持)上がり片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
G
2マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
3リチャード:(アームディアミドフ)
前振り(腕支持)上がり片腕支持1回ひねり倒立
E
4
後方車輪倒立:ケンモツ
C
5棒下宙返り1/2ひねり倒立E
6棒下宙返り倒立D
7ササキ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き直接懸垂E
8バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:6.9(G1 F1 E5 D2 C1)
Eスコア:9.233
得点:16.133
ミスが出ていて実施方法を模索している「ティッペルト」を回避したDスコア6.9の構成です。
「マクーツ」の実施が少し忙しくなりキャッチの位置も両腕が平行にならず片手を動かすという鄒敬園選手としては珍しい小さなミスが出ました。
他はほぼほぼいつも通りの完璧な実施を見せましたが、9.233とめちゃくちゃ高いEスコアですが物足りなさを感じてしまうのは鄒敬園選手だからこそと言ったところでしょうか。

合計Dスコア:32.6(ゆか4.6、あん馬5.9、つり輪6.1、跳馬4.8、平行棒6.9、鉄棒4.3)
合計Eスコア:52.031
合計得点:84.631
ゆか、跳馬、鉄棒は決してDスコアは高くないですが確実に決めてきました。
あん馬とつり輪で本来の演技が出来れば85点あるいは86点台も見えてくると思うので決勝の演技に期待がかかります。