2021中国選手権・個人予選兼団体決勝、個人総合1位の張博恒(チャン・ボーホン)選手(中国)の演技です。
■鉄棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1後ろ振り上がり1/2ひねり倒立A
2カッシーナ:伸身コールマン
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
3コールマン
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂
E
4倒立から後方浮腰回転後ろ振り出し順手背面懸垂C
5順手背面車輪:(チェコ式車輪)
D
6ケステ:順手背面懸垂前振り上がり後方浮腰回転倒立
C
7
アドラー1回ひねり両逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり両逆手倒立
E
8アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
9シュタルダー:後方開脚浮腰回転倒立B
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:5.9(G1 E3 D2 C2 B1 A1)
Eスコア:8.566
得点:14.466
「カッシーナ」「コールマン」といい実施を見せます。
「ケステ(C)」の倒立の角度も良く、下り技の伸身新月面も姿勢が良く開きを見せて余裕を持った素晴らしい実施だと思います。

■ゆか

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1前方伸身宙返り1回ひねりC
2+前方屈身2回宙返り
E0.1
3
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

4+前方伸身宙返り2回ひねりD0.2
5前方伸身宙返り2回半ひねりE
6
ロンダート~
後方伸身宙返り2回ひねり

C

7フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
8開脚座から伸腕屈身力十字倒立C
9前方伸身宙返り1回半ひねり
C
10
ロンダート~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.0(E2 D3 C5 CV:0.3)
Eスコア:8.666
得点:14.666

■あん馬

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:正交差(セア)倒立D
2逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:逆交差(セア)倒立D
3チェコ式ケーレ(フクガ):両ポメル上での下向き転向
B
4両ポメル上での横向き旋回A
5D難度のコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
D
6ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動D
7馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向D
8マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
9シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:5.5(D8 B1 A1)
Eスコア:7.966
得点:13.466
本来であれば「トン・フェイ」を実施して5.8の構成ですが、「ロス」の後に旋回が乱れた影響か実施しませんでした。

■つり輪

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後方伸腕伸身逆上がり中水平支持:後転中水平支持
F
2後方け上がり中水平支持E
3ジョナサン(屈身ヤマワキ):前方屈身2回宙返り懸垂
D
4後ろ振り上がり上水平支持D
5アザリアン(後転十字懸垂):後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂D
6ホンマ十字懸垂:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂D
7ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂C
8後ろ振り上がり倒立C
9ほん転逆上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(新月面宙返り下り)
E
Dスコア:6.1(F1 E2 D4 C3)
Eスコア:8.566
得点:14.666
力技の姿勢が素晴らしいです。
着地もしっかり決めて強さを見せます。

■跳馬

ロペス:伸身カサマツ跳び(側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり)2回ひねり
Dスコア:5.6
Eスコア:9.433
得点:15.033
空中姿勢が素晴らしく着地もほぼ止める実施を見せました。

■平行棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)
D
2棒下宙返り1/2ひねり倒立E
3棒下宙返り倒立D
4後方車輪倒立:ケンモツC
5前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持:(爆弾カット)D
6
バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
7伸腕屈身力倒立B
8ティッペルト:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10前方かかえ込み宙返り1/2ひねり後方かかえ込み宙返り下りF
Dスコア:6.1(F1 E2 D5 C1 B1)
Eスコア:8.800
得点:14.900
2020中国選手権ではA難度が1技入っていましたが、今大会ではB難度を入れた6.1の構成でした。
「後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持」の後の「後ろ振り倒立(A)」の身体の伸ばしと余裕を持った実施が素晴らしいです。
下り技はひねるタイミングの早い「前方かかえ込み宙返り1/2ひねり後方かかえ込み宙返り下り」でした。
足をしっかり閉じたかかえ込み姿勢で着地もピタリと止めました。

合計Dスコア:35.2(ゆか6.0、あん馬5.5、つり輪6.1、跳馬5.6、平行棒6.1、鉄棒5.9)
合計Eスコア:52.197
合計得点:87.397
あん馬で「トン・フェイ」を実施してDスコア35.5の構成の予定だったと思います。
Dスコアは世界でトップを争う選手たちと比較すると1点以上低い35.2ですが素晴らしい実施でカバーし、肖若騰(シャオ・ルオテン/ショウ・ジャクトウ)の87.366を僅かに上回り個人総合1位で予選通過となりました。
新星誕生なるか、個人総合決勝での演技にも期待が高まります。