2020種目別ワールドカップ・メルボルン大会前の最終試技会、宮地秀亨選手の鉄棒の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1後ろ振り上がり1/2ひねり倒立
A
2ミヤチ:伸身コバチ2回ひねり(伸身ブレットシュナイダー)
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り2回ひねり懸垂
I
3ブレットシュナイダー:コバチ2回ひねり
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり懸垂
H
4カッシーナ:伸身コールマン
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
5+コールマン
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂
E0.2
6シュタルダー:後方開脚浮腰回転倒立B
7ヤマワキ(伸身コスミック)
後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂
D
8エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
9アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
10後方伸身2回宙返り1回ひねり下り:(伸身ムーンサルト下り)D
Dスコア:6.8(I1 H1 G1 E1 D3 B2 A1 CV:0.2)
Eスコア:8.550
得点:15.350
「ミヤチ(I)」と「ブレットシュナイダー(H)」を成功させさらに「カッシーナ(G)~コールマン(E)」を繋げた凄い演技でグループⅠがA難度にも関わらず6.8という高いDスコアを実現させています。