2016リオ五輪・種目別決勝ゆかの演技です。
動画のサイズはスマートフォンでご覧いただいた時に見やすいサイズで調整してあるのでパソコンでご覧の場合に小さくて見づらくなってしまっていると思いますがご了承ください。

金メダル:マックス・ウィットロック選手(イギリス)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1前方かかえ込み宙返り1回ひねり
C
2
+前方伸身宙返り2回半ひねりE0.1
3

ロンダート~
後方伸身宙返り3回半ひねり:ゴンザレス
+前方宙返り1/2ひねり

E
B


0.1
4シュピンデル・ゴゴラーゼ
開脚旋回1回ひねり倒立1回ひねり下ろして開脚旋回
D
5開脚旋回倒立とび1回ひねり開脚旋回D
6伸腕屈身力十字倒立C
7
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D
 
8+前方伸身宙返り1回半ひねりC0.1
9
ロンダート~
コロブチンスキー(伸身トーマス転)
後ろび1回半ひねり前方伸身宙返り転

E

10
ロンダート~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.8(E3 D4 C3 CV:0.3)
Eスコア:8.833
得点:15.633
6.8の構成を素晴らしい実施でまとめて見事に金メダルに輝きました。

銀メダル:ディエゴ・イポリト選手(ブラジル)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点

1


ロンダート~
後方伸身宙返り1回半ひねり

C

2
+前方伸身宙返り2回半ひねりE0.1
3
ロンダート~後転とび~
後ろとび1/2ひねり前方かかえ込み2回宙返り

D

4+前方かかえ込み宙返り1回ひねりC0.1
5
ロンダート~後転とび~
後ろとび1/2ひねり前方屈身2回宙返り

E

6伸腕屈身力十字倒立C
7
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D
 
8前方伸身宙返り2回ひねりD0.2
9
ロンダート~
トーマス転:後ろび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転

D

10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.8(E2 D5 C3 CV:0.4)
Eスコア:8.733
得点:15.533
イポリト選手独特の「後ろとび1/2ひねり前方かかえ込み2回宙返り(D)~前方かかえ込み宙返り1回ひねり(C)」の組み合わせなどイポリト選手らしい素晴らしい演技を実施し、銀メダルを獲得しました。

銅メダル:アルトゥール・オヤカワ・マリアーノ選手(ブラジル)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点

1


前転とび~
前方屈身2回宙返り
+前方かかえ込み宙返り

E
A


0.1
2

ロンダート~後転とび~
コリバノフ:後方伸身宙返り2回ひねり後方屈身宙返り

F

3伸腕屈身力十字倒立C
4倒立から伸膝前転脚前挙支持経過倒立C
5
ロンダート~後転とび~
コロブチンスキー(伸身トーマス転)
後ろび1回半ひねり前方伸身宙返り転

E

6
前転とび~
前方伸身宙返り2回ひねり
D
7+前宙返り1/2ひねり
C0.1
8
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり
D
9+前方宙返り1回ひねりC0.1
10
ロンダート~後転とび~
後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり:ツカハラ
(ムーンサルト=月面宙返り)

D

Dスコア:6.7(F1 E2 D3 C4 CV:0.3)
Eスコア:8.733
得点:15.433
オリンピック種目別決勝の大舞台で「コリバノフ(F)」を実施し、演技をしっかりまとめて見事に銀メダルを獲得しました。

4位:白井健三選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点

1

ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回半ひねり:ゴンザレス

E

2
+前方伸身宙返り2回ひねりD0.2
3
ロンダート~後転とび~
リ・ジョンソン:後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり

G

4倒立から伸膝前転脚前挙支持経過倒立C
5前方かかえ込み宙返り1回ひねりC
6+シライ2:前方伸身宙返り3回ひねりF0.1
7
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

8+前方伸身宙返り2回半ひねりE
0.2
9
ロンダート~
側方宙返り1回ひねり

C

10
ロンダート~後転とび~
シライ/グエン:後方伸身宙返り4回ひねり

F

Dスコア:7.6(G1 F2 E2 D2 C3 CV:0.5)
Eスコア:7.766
得点:15.366
他の選手を突き放す圧倒的なDスコア7.6を持つ白井健三選手ですが、「シライ2(F)」で着地姿勢が低くなり「後方伸身宙返り2回半ひねり(D)~前方伸身宙返り2回半ひねり(E)」では着地が大きく乱れまさかの4位となりました。
団体決勝では素晴らしい演技を見せてくれていただけに残念です。

5位:内村航平選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点

1


ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回半ひねり:ゴンザレス

E

2
+前方伸身宙返り1回半ひねりC0.1
3前方かかえ込み宙返り1回ひねりC
4+前方伸身宙返り2回半ひねりE0.1
5
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

6+前方伸身宙返り2回ひねりD0.2
7
ロンダート~後転とび~
後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり:(かかえ込み新月面宙返り)

E
 
8フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向
C
9
ロンダート~後転とび~
トーマス転:後ろび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転

D

10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.9(E3 D4 C3 CV:0.4)
Eスコア:8.641
減点:0.3
得点:15.241
最初の「後方伸身宙返り3回半ひねり(E)~前方伸身宙返り1回半ひねり(C)」を両足でラインオーバーしてしまいます。
その後も着地が少しずつ動いてしまいますが、予選・団体決勝・個人総合決勝で計18演技したことによる疲労と個人総合決勝の鉄棒でぎっくり腰になってしまったことを考慮すると6.9の演技構成をしっかり演技したことは本当に凄いことだと思います。

6位:ジェイコブ・ダルトン選手(アメリカ)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点

1

ロンダート~後転とび~
タマヨ:後ろとび1/2ひねり前方伸身2回宙返り

F



2

ロンダート~
後方速伸身宙返り:(テンポ宙返り)

B

3+後ろとび1/2ひねり前方屈身2回宙返りE0.1
4
ロンダート~
後方伸身宙返り1回半ひねり

C

5+前方伸身宙返り2回ひねりD0.1
6伸腕屈身力十字倒立C
7
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

8+前宙返り1回ひねりC0.1
9ロンダート~
コロブチンスキー(伸身トーマス転)
後ろび1回半ひねり前方伸身宙返り転
E
10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.7(F1 E2 D3 C3 B1 CV:0.3)
Eスコア:8.433
得点:15.133
2013年から変わらない構成です。
演技を通して素晴らしい実施に見えますがEスコアは伸びませんでした。

7位:クリスチャン・トーマス選手(イギリス)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点

1

ロンダート~
後方速伸身宙返り:(テンポ宙返り)

B



2
+後ろとび1/2ひねり前方屈身2回宙返りE0.1
3
前転とび~
前方伸身宙返り2回ひねり

D

4+前方伸身宙返り1回ひねりC0.1
5
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり
D
6+前宙返り1/2ひねりB0.1
7伸身マリニチ:前転とび直接前方伸身宙返り転D
8フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
9伸腕屈身力十字倒立C
10
ロンダート~
後ろとび1/2ひねり前方かかえ込み2回宙返り

D

Dスコア:6.2(E3 D4 C3 CV:0.4)
Eスコア:8.858
得点:15.058
珍しい「伸身マリニチ(D)」を実施しました。
演技を通して素晴らしい実施でまとめましたがDスコアが6.2とスペシャリストとしては低めなため7位となりました。

8位:サミュエル・ミクラック選手(アメリカ)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点

1

ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

2
+前方かかえ込み2回宙返りD0.2
3前方かかえ込み宙返り1回ひねりC
4+前方伸身宙返り2回半ひねりE0.1
5開脚旋回倒立とび1回ひねり開脚旋回D0.1
6
ロンダート~
後方伸身宙返り1回半ひねり

C

7前方伸身宙返り1回半ひねりC
8
ロンダート~
後方伸身宙返り2回ひねり

C

9ロンダート~後転とび~
コロブチンスキー(伸身トーマス転)
後ろび1回半ひねり前方伸身宙返り転
E
10
ロンダート~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.6(E3 D4 C3 CV:0.4)
Eスコア:7.833
減点:0.1
得点:14.333
着地が強く、体線の見せ方も素晴らしいミクラック選手ですがここではあまり決まりませんでした。
「後方伸身宙返り1回半ひねり(C)~前方伸身宙返り1回半ひねり(C)」の部分は本来であれば「前方伸身宙返り2回ひねり(D)」を実施するので予定ではDスコア6.8だったと思います。
最終演技者ということでブラジルのメダルを期待する観客がミクラック選手の着地が乱れたときに歓声を上げるなど演技しづらい状況になってしまっているのは体操ファンの一人として非常に心が痛みます。
五輪や世界選手権で度々見られる光景ではありますが、国籍は関係なく選手が演技に集中して気持ち良く体操が出来る雰囲気を観客も一体となって作って欲しいと切に願います。