2017全日本個人総合選手権決勝、10連覇の内村航平選手の演技です。
■ゆか

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1前方伸身宙返り1回ひねりC
2+前方伸身宙返り2回半ひねりE0.1
3
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

4+前方伸身宙返り2回ひねり D0.2
5ロンダート~後転とび~
後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり:(かかえ込み新月面宙返り)
E
6
ロンダート~
後方伸身宙返り1回半ひねり

C

7~前方伸身宙返り1回半ひねりC
8フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
9
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り2回ひねり

C

10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.0(E2 D3 C5 CV:0.3)
Eスコア:8.900
得点:14.900
ゆかは組み合わせ加点の発生する箇所が2つまでの制限がかかり、側方系・とびひねり宙返り系のグループが削除されました。
そのため「トーマス転」の実施がなくなり、「後方伸身宙返り2回ひねり(C)」を実施しています。
「フェドルチェンコ(C)」「トーマス転」「後方伸身宙返り3回ひねり(D)」の流れが見られなくなってしまうことに若干の寂しさを感じます。
2017年用の新しい演技構成ですが、素晴らしい演技を見せてくれました。

■あん馬:映像なし
Dスコア:5.7
Eスコア:8.350
得点:14.050

■つり輪:映像なし
Dスコア:5.7
Eスコア:8.300
得点:14.000
 
■跳馬

シューフェルト(伸身ユルチェンコ跳び2回半ひねり=ロンダートから後転跳び後方伸身宙返り2回半ひねり)
Dスコア:5.2
Eスコア:9.300
得点:14.500

■平行棒
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1前振り(腕支持)上がりA
2ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
3棒下宙返り1/2ひねり倒立E
4棒下宙返り倒立D
5ベーレ:懸垂前振り(後方車輪)後方かかえ込み2回宙返り腕支持D
6ハラダ:(アームライヘルト)
前振り(腕支持)上がり後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持
D
7モリスエ:棒上後方かかえ込み2回宙返り腕支持D
8後方車輪から後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持:(車輪ライヘルト)D
9前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持:(爆弾カット)D
10後方屈身2回宙返り下りD
Dスコア:5.8(E1 D8 A1)
Eスコア:8.650
得点:15.450
予選でミスの出た「マクーツ(E)」を抜いて「前振り(腕支持)上がり(A)」のA難度が入った演技構成。
着地を決めた素晴らしい演技だと思います。

■鉄棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1屈身コバチ:バーを越えながら、後方屈身2回宙返り懸垂E
2カッシーナ(伸身コールマン)
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
3シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手
後方開脚浮腰回転倒立とび1回半ひねり片大逆手
D
4アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
5~コールマン:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂E
6アドラー1回ひねり片逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
7~ヤマワキ(伸身コスミック)
後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂
D
8エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)
E
Dスコア:6.3(G1 E3 D4 C1 B1)
Eスコア:8.150
得点:14.450
鉄棒は車輪ひねり系からの手放し技を連続させても組み合わせ加点が得られなくなりましたが、ここでは2016リオ五輪と同じ演技構成を実施しました。
着地を止めて予選4位からの大逆転で、前人未到の全日本個人総合選手権10連覇の大偉業を達成しました。

合計Dスコア:34.7(ゆか6.0、あん馬5.7、つり輪5.7、跳馬5.2、平行棒5.8、鉄棒6.3) 
合計Eスコア:51.650
合計得点:86.350