2014世界選手権・予選、個人総合1位の内村航平選手の演技です。
■ゆか

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点

1


ロンダート~
後方伸身宙返り1回半ひねり

C

2
+前方伸身宙返り2回半ひねりE0.1
3前方かかえ込み宙返り1回ひねりC
4+前方伸身宙返り2回ひねりD0.1
5
ロンダート~後転とび~
後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり:(かかえ込み新月面宙返り)

E

6
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

7+前方伸身宙返り1回半ひねりC0.1
8フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向
C
9
ロンダート~後転とび~
トーマス転:後ろび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転

D

10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.6(E2 D4 C4 CV:0.3)
Eスコア:9.200
得点:15.800(予選5位)
素晴らしい実施で予選5位の15.800マークしますが、白井健三選手と加藤凌平選手が上回ったため種目別決勝には進出できませんでした。

■あん馬

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1逆交差(セア)倒立:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持
D
2両ポメル上での横向き旋回
A
31ポメル上での縦向き旋回:縦横ループ
B
4E難度のフロップ:1ポメル上で4フロップ
横横でシュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→横横でシュテクリB
E
5D難度のコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
D
6ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動D
7ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動E
8
マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
9シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
10dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下りD
Dスコア:6.2(E2 D6 B1 A1)
Eスコア:8.966
得点:15.166(予選12位)

■つり輪

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1
け上がり支持~
中水平支持:け上がり中水平支持
A
D
2後方伸腕伸身逆上がり(後転)十字懸垂:アザリアンD
3ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂
C
4後ろ振り上がり中水平支持
E
5後ろ振り上がり十字倒立
D
6後ろ振り上がり倒立C
7屈身ヤマワキ:前方屈身2回宙返り懸垂=ジョナサン
D
8ホンマ十字懸垂:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂
D
9ほん転逆上がり倒立
C
10
後方車輪(ほん転逆上がり)倒立経過
後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(かかえ込み新月面宙返り下り)
B
E
Dスコア:6.4(E2 D5 C3)
Eスコア:8.866
得点:15.266(予選17位)
つり輪は「け上がり中水平支持(D)」を追加し技の順番を変えてDスコアを0.2上げた6.4の構成に変えてきました。
着地はピタリと決めました。

■跳馬

ヨー2(前転跳び前方伸身宙返り2回半ひねり) 
Dスコア:6.0
Eスコア:9.400
得点:15.400(1本跳躍で全体2位)

■平行棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1
前振り(腕支持)上がり
A
2マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
3ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持
D
4ドミトリエンコ:前振り(腕支持)上がり後方かかえ込み2回宙返り腕支持
(腕支持からのモリスエ=アームモリスエ)
E
5棒下宙返り1/2ひねり倒立
E
6棒下宙返り倒立
D
7屈身ベーレ:懸垂前振り(後方車輪)後方屈身2回宙返り腕支持E
8後方車輪から後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持:(車輪ライヘルト)D
9前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持:(爆弾カット)D
10後方屈身2回宙返り下りD
Dスコア:6.6(E4 D5 A1)
Eスコア:8.733
得点:15.333(予選15位)
平行棒は入り技の「前振り(腕支持)上がり開脚抜き倒立(B)」を実施せずA難度に変えて、2012年以来となる「棒下宙返り1/2ひねり倒立(E)」を実施し、「モリスエ(D)」を抜いた6.6の演技構成としています。

■鉄棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1カッシーナ(伸身コールマン)
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
2シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手
後方開脚浮腰回転倒立とび1回半ひねり片大逆手
D
3アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
4+コールマン:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂F0.1
5後方とび車輪1回半ひねり片大逆手
C

6アドラー1回ひねり片逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
7+ヤマワキ(伸身コスミック)
後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂
D0.1
8エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)
E
Dスコア:6.9(G1 F1 E1 D4 C2 B1 CV:0.2)
Eスコア:8.300
得点:15.200(予選2位)
2014世界選手権から車輪ひねり系の技の角度減点が厳しくされるようになりました。
内村航平選手の実施している技で対象となる技は「シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手(D)」、「後方とび車輪1回半ひねり片大逆手(C)」です。
今まではおそらく小欠点の0.1の減点で済んでいたものが中欠点の0.3になっていると思われます。
着地も珍しく跳ねてしまったためEスコアは厳しめの8.300ですが、全選手一律でこの採点方針のため全体2位の得点で種目別決勝に進出しました。

合計Dスコア:38.7(ゆか6.6、あん馬6.2、つり輪6.4、跳馬6.0、平行棒6.6、鉄棒6.9)
合計Eスコア:53.465
合計得点:92.165
2012ロンドン後のルール改正が行われてからは過去最高の38.7の演技構成を素晴らしい実施でまとめ、2014世界選手権のいいスタートを切りました。