2019世界選手権個人総合決勝、銅メダルのオレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)の演技です。
本調子ではないにも関わらずDスコアは2017世界選手権と同じ世界最高値の36.7を実施し、大きなミスなくまとめ自身初の世界選手権の個人総合決勝でのメダルを獲得しました。

■あん馬

技順グループ

技と技の内容(通称など)難度
1正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持
正交差(セア)倒立
D
2ショーン(メリーゴーランド):1ポメル上で片腕支持で上向き全(360°)転向
E
31ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして逆交差入れ支持E
4
Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
シュテクリB→シュテクリB→横縦ループ→縦横ループ
E
5
Eコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)360°転向
横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)360°転向
E
6あん部馬背下向き(ロシアン)1080°転向
E
7シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
8
ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動E
9ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動D
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:6.6(E6 D4)
Eスコア:8.266
得点:14.866
Dスコア6.6はベルニャイエフ選手のフル構成だと思います。
15点に迫る得点でいいスタートを切りました。

■つり輪
映像なし。
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1ゆっくりと後方伸腕伸身逆上がり中水平支持:(後転中水平支持)
F
2後ろ振り上がり中水平支持
E
3ナカヤマ十字懸垂:背面水平懸垂経過十字懸垂D
4ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂C
5ジョナサン(屈身ヤマワキ):前方屈身2回宙返り懸垂D
6ホンマ十字懸垂
輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂
D
7後ろ振り上がり開脚上水平支持C
8ほん転逆上がり倒立C
9後ろ振り上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.0(F1 E2 D3 C4)
Eスコア:8.000
得点:14.000
映像はありませんがDスコアが6.0なのでこの構成だと思います。
フル構成は後ろ振り上がり開脚上水平支持(C)を後ろ振り上がり上水平支持(D)にした6.1です。

■跳馬

ドラグレスク:前転跳び前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり(ローチェ1/2ひねり) 
Dスコア:5.6
Eスコア:9.200
得点:14.800

■平行棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)技の難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)D
2棒下宙返り1/2ひねり倒立
E
3シャルロ:棒下宙返り単棒縦向き倒立(静止1秒)E
4単棒ヒーリー:ベジェナル
単棒倒立から後ろ振り片腕支持1回ひねり支持
E
5マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
6ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
7バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
9前振り1/4ひねり単棒横向き倒立(Dツイスト)D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:6.7(F1 E5 D4)
Eスコア:8.775
得点:15.475
いつも通りの6.7の構成を確実に実施し15.475の高得点をマークし、ベルニャイエフ選手のファンはメダルの可能性を意識し始めたと思います。

■鉄棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1ミュノーズ/ポッゾ
後ろ振り上がり伸身とび越し1回ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
E
2モズニク
懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
E
3アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
4トカチェフ
懸垂前振り開脚背面とび越し懸垂
C
5アドラー1回ひねり片逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
6~ヤマワキ(伸身コスミック)
後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂
D
7クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
8エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
9エンドー1/2ひねり倒立:前方開脚浮腰回転1/2ひねり倒立
B
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:5.7(E3 D3 C3 B1)
Eスコア:7.966
得点:13.666
本調子ではないため実施重視の抑えた構成になっていると思います。
着地をピタリと決めました。

■ゆか

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1
ロンダート~
後方伸身宙返り3回半ねり

E

2+前方伸身宙返り1回ひねりC0.1
3
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

4+前方伸身宙返り2回ひねり
D0.2
5
ロンダート~後転とび~
後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり(かかえ込み新月面宙返り)

E

6
前転とび~
前方伸身宙返り2回半ひねり

E

7ゴゴラーゼ:開脚旋回倒立1回ひねり下ろして開脚旋回
C
8フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
9立位から伸腕屈身力十字倒立B
10
ロンダート~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.1(E3 D3 C3 B1 CV:0.3)
Eスコア:8.166
減点:0.1
得点:14.166
メダルを獲得するためには絶対にミスの出来ないゆかの演技ですがまとめて最後の後方伸身宙返り3回ひねりの着地を決めて銅メダルを獲得しました。

合計Dスコア:36.7(ゆか6.1、あん馬6.6、つり輪6.0、跳馬5.6、平行棒6.7、鉄棒5.7)
合計Eスコア:50.373
減点:0.1
合計得点:86.973