2018世界選手権・個人総合決勝、4位の孫煒(スン・ウェイ/ソン・イ)選手(中国)の演技です。
■ゆか

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1前方屈身宙2回宙返りE
2前方伸身宙返り2回ひねりD
3+前方伸身宙返り
B0.1
4
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

5+前方伸身宙返り1/2ひねりB0.1
6
ロンダート~
後転とび~

A

7後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり:(新月面宙返り)E
8フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
9前方伸身宙返り1回半ひねりC
10
ロンダート~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:5.5(E2 D3 C2 B2 A1 CV:0.2)
Eスコア:8.133
得点:13.633

■あん馬
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:逆交差(セア)倒立D
2リー・ニン:正交差(セア)倒立
正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして正交差入れ支持
D
3Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
シュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→シュテクリA
E
4Dコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
D
5ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動E
6あん部馬背下向き(ロシアン)1080°転向D
7ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動
D
8マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
D
9シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
D
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立5/4(450°)ひねり3/3部分移動下り
E
Dスコア:6.3(E3 D7)
Eスコア:8.466
得点:14.766
日本で放送されました。
6.3までDスコアを上げてきました。
良い実施でまとめて個人総合決勝のあん馬で1位の得点を出しました。
団体戦でこの演技が出来れば日本にとっては脅威の存在になるかも知れません。

■つり輪

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り上がり上水平支持D
2中水平支持 
D
3アザリアン(後転十字懸垂):後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂D
4ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂
C
5後ろ振り上がり中水平支持
E
6屈身ヤマワキ(ジョナサン):前方屈身2回宙返り懸垂
D
7ホンマ十字懸垂:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂D
8伸腕伸身力倒立C
9ほん転逆上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(新月面宙返り下り)E
Dスコア:5.9(E2 D5 C3)
Eスコア:8.000
得点:13.900

■跳馬

ロペス:伸身カサマツ跳び(側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり)2回ひねり
Dスコア:5.6
Eスコア:9.033
減点:0.1
得点:14.533
肖若騰(シャオ・ルオテン/ショウ・ジャクトウ)選手と同じで入りでほぼ脚を開かずに空中姿勢も綺麗な実施だと思います。

■平行棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1前振り(腕支持)上がり
A
2後ろ振り倒立
A
3ドミトリエンコ
前振り(腕支持)上がり後方かかえ込み2回宙返り腕支持
(腕支持からのモリスエ=アームモリスエ)
E
4棒下宙返り1/2ひねり倒立E
5棒下宙返り倒立D
6後方車輪倒立:ケンモツC
7前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持:(爆弾カット)
D
8ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:5.7(F1 E2 D4 C1 A2)
Eスコア:9.100
得点:14.800
A難度が2技入った5.7の演技構成です。
実施は丁寧で特に下り技の脚を閉じたかかえ込み姿勢が素晴らしいです。

■鉄棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1アドラー1回ひねり両逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり両逆手倒立
E
2伸身トカチェフ:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂D
3+リンチ
懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
D0.2
4アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
5モズニク
懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
E
6前方車輪1回ひねり大逆手C
7ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
8エンドー1/2ひねり倒立:前方開脚浮腰回転1/2ひねり倒立B
9シュタルダー:後方開脚浮腰回転倒立B
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.0(E3 D4 C1 B2 CV:0.2)
Eスコア:8.266
得点:14.266
鉄棒でも個人総合決勝1位の得点を出しました。
下り技は開きを見せて余裕を持って着地しました。

合計Dスコア:35.0(ゆか5.5、あん馬6.3、つり輪5.9、跳馬5.6、平行棒5.7、鉄棒6.0)
合計Eスコア:50.998
減点:0.1
合計得点:85.898

あん馬でDスコアを上げ大台の35点に乗せて6種目をミスなく演技し、初出場の世界選手権の個人総合決勝で見事に4位になりました。
東京五輪の熾烈な代表争いへ向けて大きな一歩になったと思います。
平行棒はベーレやバブサーも実施出来るのでDスコアを上げてくるかも知れません。