2018世界選手権・団体決勝、鄧書弟(デン・シュウディ/トウ・ショテイ)選手(中国)の平行棒の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1前振り(腕支持)上がり開脚抜き倒立B
2屈身タナカ:後方車輪から1/2ひねり前方屈身1回半宙返り腕支持G
3棒下宙返り1/2ひねり倒立E
4棒下宙返り倒立
D
5ディアミドフ:前振り片腕支持1回ひねり倒立
C
6前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持:(爆弾カット)D
7
バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ティッペルト:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10後方屈身2回宙返り下りD
Dスコア:6.2(G1 E2 D5 C1 B1)
Eスコア:8.600
得点:14.800

屈身タナカを実施し、G難度で認定されたようです。
屈身タナカに関しては鄧書弟(デン・シュウディ/トウ・ショテイ)選手(中国)が2018アジア大会で実施しF難度認定されて、オーランド・エスパルザ選手(メキシコ)が2018WCCパリ大会(フランス国際)で実施しG難度認定されるという経緯があり、公式な発表が待たれます。
両選手の実施はこちらの記事で紹介しています。