2018世界選手権・団体決勝、金メダルの中国の演技です。
リザルトはこちらから。

2018 TF CHN 
■ゆか
#1 肖若騰(シャオ・ルオテン/ショウ・ジャクトウ)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回半ひねり:ゴンザレス

E

2+前方伸身宙返り1/2ひねりB
0.1
3
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

4+前方伸身宙返り1回半ひねり C0.1
5
ロンダート~後転とび~
後方伸身2回宙返り

D

6前方伸身宙返り2回半ひねりE

7開脚旋回1回ひねり(開脚シュピンデル)
B
8ゴゴラーゼ
開脚旋回倒立1回ひねり下ろして開脚旋回
C
9
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り2回ひねり

C

10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:5.7(E2 D3 C3 B2 CV:0.2)
Eスコア:6.966
得点:12.666
シュピンデルゴゴラーゼはひねりから直接倒立にあげる必要があり分割されて開脚シュピンデルでB難度、ゴゴラーゼでC難度、次のゴゴラーゼが繰り返しで削除されたようです。(ちすがり様のコメントで教えていただきました。ありがとうございます。)

#2 林超攀(リン・チャオパン/リン・チョウハン)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1前方屈身2回宙返り1/2ひねりF
2前方伸身宙返り1回ひねり
C
3+前方伸身宙返り2回半ひねり
E0.1
4
ロンダート~後転とび~
後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり:(新月面宙返り)

E

5ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり
D
6+前方伸身宙返り1回半ひねりC0.1
7フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
8開脚座から伸腕屈身力十字倒立C
9
ロンダート
~後方伸身宙返り2回ひねり

C

10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.1(F1 E2 D2 C5 CV:0.3)
Eスコア:7.966
減点:0.1
得点:13.966

#3 鄧書弟(デン・シュウディ/トウ・ショテイ)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1前方屈身2回宙返りE
2前方伸身宙返り1回ひねり
C
3+前方伸身宙返り2回半ひねり
E0.1
4
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

5+前方伸身宙返り1回半ひねりC0.1
6前方伸身宙返り2回ひねりD
7フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
8開脚座から伸腕屈身力十字倒立C
9
ロンダート~
後方伸身宙返り2回ひねり

C

10
ロンダート~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:5.9(E2 D3 C5 CV:0.2)
Eスコア:8.366
減点:0.1
得点:14.166

中国は演技した3選手全員が「後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.2」の組み合わせを実施できますが今回は回避してきました。
団体決勝では8チーム中7位の得点でしたので、これから強化していくのだと思います。

■あん馬
#1 孫煒(スン・ウェイ/ソン・イ)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:逆交差(セア)倒立D
2リー・ニン:正交差(セア)倒立
正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして正交差入れ支持
D
3Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
シュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→シュテクリA
E
4Dコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
成立後に落下
D
5ウ・グォニアン:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動E
6馬端馬背下向き(ロシアン)360°転向B
7ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動
D
8マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
D
9シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
D
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:6.0(E2 D7 B1)
Eスコア:7.066
得点:13.066
落下がありましたが13点に乗りました。
質が高くリズムのいい旋回なので点が出たのかも知れません。

#2 鄒敬園(ゾウ・ジンユアン/スウ・ケイエン)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1横向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で):(横向きシュピンデル)
D
2トン・フェイ:縦向き~縦向き支持
下向き正転向移動(馬端から両ポメルを越えて下向き(ロシアン)180°転向 )
D
3マジャール・シュピンデル
馬端中向き、縦向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)
D
4馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向
D
5Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
縦縦ループ(縦向き旋回前移動1/3部分)→縦横ループ→シュテクリB→シュテクリB
E
6逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして正交差入れ支持
逆交差(セア)倒立
D
7Dコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
D
8マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
9シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分
1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:6.1(E1 D9)
Eスコア:8.566
得点:14.666
予選で落下したDコンバインの後に再びバランスを崩しましたが、堪えて演技を通しました。

#3 肖若騰(シャオ・ルオテン/ショウ・ジャクトウ)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1マジャール・シュピンデル
馬端中向き、縦向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)
D
2トン・フェイ:縦向き~縦向き支持
下向き正転向移動(馬端から両ポメルを越えて下向き(ロシアン)180°転向 )
D
3Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
縦縦ループ(縦向き旋回前移動1/3部分)→縦横ループ→シュテクリB→シュテクリB
E
4正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:正交差(セア)倒立
D
5逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして正交差入れ支持:逆交差(セア)倒立D
6Dコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
D
7
馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向D
8マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)D
9
シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)D
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:6.1(E1 D9)
Eスコア:8.066
得点:14.166

ゆかに続いて第一演技者が大過失が出てしまいましたが、鄒敬園選手と肖若騰選手が質の高い旋回でミスなく演技を終えて8チーム中1位の得点を出しました。

■つり輪
#1 鄧書弟(デン・シュウディ/トウ・ショテイ)選手
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1アザリアン(後転十字懸垂):後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂
D
2後ろ振り上がり中水平支持E
3後ろ振り上がり上水平支持D
4ほん転逆上がり倒立
C
5オニール(伸身グチョギー):後方伸身2回宙返り懸垂
E
6前振り上がり十字懸垂C
7ジョナサン(屈身ヤマワキ):前方屈身2回宙返り懸垂
D
8ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂C
9後ろ振り上がり倒立C
10
後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:(伸身新月面宙返り下り)F
Dスコア:6.0(F1 E2 D3 C4)
Eスコア:8.466
得点:14.466

#2 孫煒(スン・ウェイ/ソン・イ)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り上がり上水平支持D
2中水平支持 
D
3アザリアン(後転十字懸垂):後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂D
4ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂
C
5後ろ振り上がり中水平支持
E
6屈身ヤマワキ(ジョナサン):前方屈身2回宙返り懸垂
D
7ホンマ十字懸垂:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂D
8伸腕伸身力倒立C
9ほん転逆上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(新月面宙返り下り)E
Dスコア:5.9(E2 D5 C3)
Eスコア:8.441
得点:14.341

#3 肖若騰(シャオ・ルオテン/ショウ・ジャクトウ)選手
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り上がり上水平支持D
2中水平支持D
3Ⅱ アザリアン(後転十字懸垂):後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂
D
4ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂
C
5後ろ振り上がり中水平支持
E
6ジョナサン(屈身ヤマワキ):前方屈身2回宙返り懸垂
D
7後ろ振り上がり十字懸垂C
8ほん転逆上がり倒立C
9後方車輪(ほん転逆上がり)倒立経過B
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(新月面宙返り下り)
E
Dスコア:5.7(E2 D4 C3 B1)
Eスコア:8.366
得点:14.066

6.1の構成で高いEスコアを狙える鄒敬園選手は今回は演技を回避しました。

■跳馬
#1 林超攀(リン・チャオパン/リン・チョウハン)選手

ロペス:伸身カサマツ跳び(側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり)2回ひねり
Dスコア:5.6
Eスコア:8.966
得点:14.566

#2 孫煒(スン・ウェイ/ソン・イ)選手
ロペス:伸身カサマツ跳び(側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり)2回ひねり
Dスコア:5.6
Eスコア:9.300
得点:14.700

#3 肖若騰(シャオ・ルオテン/ショウ・ジャクトウ)選手
ロペス:伸身カサマツ跳び(側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり)2回ひねり
Dスコア:5.6
Eスコア:9.366
得点:14.966

団体決勝出場国で唯一5.6の跳躍を3本揃えてきました。

■平行棒
#1 鄧書弟(デン・シュウディ/トウ・ショテイ)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1前振り(腕支持)上がり開脚抜き倒立B
2屈身タナカ:後方車輪から1/2ひねり前方屈身1回半宙返り腕支持G
3棒下宙返り1/2ひねり倒立E
4棒下宙返り倒立
D
5ディアミドフ:前振り片腕支持1回ひねり倒立
C
6前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持:(爆弾カット)D
7
バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ティッペルト:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10後方屈身2回宙返り下りD
Dスコア:6.2(G1 E2 D5 C1 B1)
Eスコア:8.600
得点:14.800

#2 林超攀(リン・チャオパン/リン・チョウハン)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)
D
2ドミトリエンコ:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み2回宙返り腕支持
(腕支持からのモリスエ=アームモリスエ)
E
3棒下宙返り1/2ひねり倒立E
4棒下宙返り倒立D
5後方車輪片腕支持1回ひねり倒立:(車輪ディアミドフ)D
6ササキ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き直接懸垂E
7
バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ティッペルト:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10後方屈身2回宙返り下りD
Dスコア:6.4(E4 D6)
Eスコア:8.733
得点:15.133

#3 鄒敬園選手(ゾウ・ジンユアン/スウ・ケイエン)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1ツォラキディス:(アームマクーツ)
前振り(腕支持)上がり片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
G
2マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
3リチャード:(アームディアミドフ)
前振り(腕支持)上がり片腕支持1回ひねり倒立
E
4
後方車輪倒立:ケンモツ
棒下宙返り1/2ひねり倒立
C
E
5棒下宙返り倒立D
6ササキ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き直接懸垂E
7バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8
ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:7.0(G1 F1 E5 D3)
Eスコア:9.200
得点:16.200

3選手が高得点を出しました。
鄒敬園選手はまさに異次元とも言える演技で16.200の超高得点を叩き出しました。
これからも中国に勇気、勢い、爆発力を与える存在になりそうです。

■鉄棒
#1 孫煒(スン・ウェイ/ソン・イ)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1アドラー1回ひねり両逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり両逆手倒立
E
2伸身トカチェフ:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂D
3+リンチ
懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
D0.2
4アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
5モズニク
懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
E
6前方車輪1回ひねり大逆手C
7ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
8エンドー1/2ひねり倒立:前方開脚浮腰回転1/2ひねり倒立B
9シュタルダー:後方開脚浮腰回転倒立B
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.0(E3 D4 C1 B2 CV:0.2)
Eスコア:8.200
得点:14.200

#2 林超攀(リン・チャオパン/リン・チョウハン)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1カッシーナ:伸身コールマン
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
2コールマン
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂
E
3後方とび車輪1回ひねり:クースト(ホップターン)
C
4モズニク
懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
E
5アドラー1回ひねり片逆手倒立:前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立D
6ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
7エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
8エンドー1回ひねり大逆手:前方開脚浮腰回転1回ひねり大逆手D
9アドラー倒立:前方浮腰回転振り出し倒立C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.2(G1 E3 D3 C2 B1)
Eスコア:7.500
得点:13.700

#3 肖若騰(シャオ・ルオテン/ショウ・ジャクトウ)選手

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1
リューキン(伸身トカチェフ1回ひねり)で落下
伸身トカチェフ:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂

D

2エンドー1回ひねり大逆手:前方開脚浮腰回転倒立1回ひねり大逆手
D
3トカチェフ:懸垂前振り開脚背面とび越し懸垂C
4リンチ
懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
D
5アドラー1回ひねり片逆手倒立:前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立D
6~ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
7エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
8アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)
C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:5.7(E1 D6 C2 B1)
Eスコア:6.900
得点:12.600

中国はヤマワキの姿勢や伸身新月面宙返り下りの開きを見せるなど改善していると思います。

■全体を通しての感想
3回の大過失が出ましたが、経験豊富な林超攀選手とベテランの鄧書弟選手がチームを支えてミスが出てもしっかり立て直しました。

鄒敬園選手はあん馬と平行棒でしっかりと役割を果たし、世界に“これからは鄒敬園選手の平行棒と戦わなければならない”という大きなプレッシャーを与えた世界選手権の団体戦デビューになったと思います。

肖若騰選手と孫煒選手はミスが出た後もすぐに立て直し、素晴らしい演技を実施したことが金メダルに繋がったと思います。


肖若騰
林超攀
鄧書弟
鄒敬園
孫煒
合計
ゆか5.7(5.9)6.15.9--17.7(17.9)
あん馬6.1--6.16.018.2
つり輪5.7-6.0-5.917.6
跳馬5.65.6--5.616.8
平行棒-6.46.27.0-19.6
鉄棒5.7(6.1)6.2--6.017.9(18.3)
演技数
54324107.8(108.4)
赤文字は大過失があった種目、括弧内は予定していたと思われるDスコア