2018世界選手権・予選、鄧書弟(デン・シュウディ/トウ・ショテイ)選手(中国)の出場4種目の演技です。
鄧書弟選手はゆか、つり輪、跳馬、鉄棒の4種目を大きなミスなく演技しました。
■跳馬

ロペス:伸身カサマツ跳び(側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり)2回ひねり
Dスコア:5.6
Eスコア:9.066
得点:14.666

■鉄棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1後ろ振り上がり1/2ひねり倒立A
2伸身トカチェフ:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂D
3+モズニク:懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立E0.2
4アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
5トカチェフ:懸垂前振り開脚背面とび越し懸垂C
6リンチ:懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立D
7アドラー1回ひねり両逆手倒立:前方浮腰回転振り出し1回ひねり両逆手倒立E
8エンドー1回ひねり大逆手:前方開脚浮腰回転倒立1回ひねり大逆手D
9ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.1(E3 D5 C1 A1 CV:0.2)
Eスコア:8.200
得点:14.300
ヤマワキの後にホップターンを実施していましたが、予選では回避しました。

■ゆか

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1前方屈身2回宙返りE
2前方伸身宙返り1回ひねり
C
3+前方伸身宙返り2回半ひねり
E0.1
4
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

5+前方伸身宙返り1回半ひねりC0.1
6前方伸身宙返り2回ひねりD
7フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
8開脚座から伸腕屈身力十字倒立C
9
ロンダート~
後方伸身宙返り2回ひねり

C

10
ロンダート~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:5.9(E2 D3 C5 CV:0.2)
Eスコア:8.366
減点:0.1
得点:14.166

■つり輪

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1アザリアン(後転十字懸垂):後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂
D
2後ろ振り上がり中水平支持E
3後ろ振り上がり上水平支持D
4ほん転逆上がり倒立
C
5オニール(伸身グチョギー):後方伸身2回宙返り懸垂
E
6前振り上がり十字懸垂C
7ジョナサン(屈身ヤマワキ):前方屈身2回宙返り懸垂
D
8ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂C
9後ろ振り上がり倒立C
10
後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:(伸身新月面宙返り下り)F
Dスコア:6.0(F1 E2 D3 C4)
Eスコア:8.166
得点:14.166

4種目を見た感想ですが、Dスコアを極限まで上げることに挑戦していた2013-2016年と比べて、実施減点がより厳密になったと思われる新ルールに対応するため難度を落として実施を綺麗にして減点を減らし高得点を狙いにいくというように方向転換していると思います。