マンリケ・ラルデュエト選手(キューバ)の2018世界選手権へ向けた平行棒の練習映像です。
最近の大会ではDスコアを下げて演技していますが、世界選手権の平行棒は6.4の構成で挑むようです。
View this post on Instagram

Vamos a trabajar para lo que viene🙏🏾 #campeonatomundial

Manrique Larduet Bicetさん(@manrique_larduet)がシェアした投稿 -


技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)D
2棒下宙返り倒立D
3棒下宙返り1/2ひねり倒立E
4マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
5ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
6前振り1/2ひねり倒立:(ツイスト)
C
7前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持:(爆弾カット)D
8バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
9ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:6.4(F1 E3 D5 C1)