2017世界選手権・個人総合決勝、5位のマンリケ・ラルデュエト選手(キューバ)の演技です。
■ゆか

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1前方屈身2回宙返りE
2
ロンダート~後転とび~
後方伸身2回宙返り1/2ひねり

E

3前方伸身宙返り2回ひねりD
4+前方伸身宙返りB0.1
5
ロンダート~後転とび~
後ろとび1/2ひねり前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり

D

6前方かかえ込み2回宙返りD
7フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
8
ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり

D

9+前方伸身宙返り1回ひねり C0.1
10
ロンダート~後転とび~
後ろとび1/2ひねり前方かかえ込み2回宙返り

D

Dスコア:6.0(E2 D4 C2 B1 CV:0.2)
Eスコア:7.933
得点:13.933

■あん馬

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度

ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動D

馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向D

トン・フェイ:縦向き~縦向き支持
下向き正転向移動(馬端から両ポメルを越えて下向き(ロシアン)180°転向 )
D

マジャール移動
縦向き旋回前移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D

シバド移動
縦向き旋回後ろ移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端
D

1ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下りD
Dスコア:5.7
Eスコア:8.033
得点:13.733
映像はロスから。
Eスコアを見るに大きな失敗をすることなく演技を通したのだと思います。

■つり輪

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1ゆっくりと後方伸腕伸身逆上がり中水平支持
(後転中水平支持)
F
2後ろ振り上がり中水平支持E
3Ⅱ ナカヤマ十字懸垂:背面水平懸垂経過十字懸垂D
4ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂C
5ジョナサン(屈身ヤマワキ):前方屈身2回宙返り懸垂D
6後ろ振り上がり倒立C
7ホンマ十字懸垂:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂D
8後ろ振り上がり上水平支持D
9ほん転逆上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.1(F1 E2 D4 C3)
Eスコア:8.033
得点:14.133

■跳馬

ドラグレスク:前転跳び前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり(ローチェ1/2ひねり) 
Dスコア:5.6
Eスコア:9.366
得点:14.966

■平行棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)D
2棒下宙返り倒立D
3棒下宙返り1/2ひねり倒立E
4マクーツ
前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
E
5ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
6前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持(爆弾カット)D
7バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ティッペルト
倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立
D
9前振り1/2ひねり倒立(ツイスト)C
10前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下りF
Dスコア:6.4(F1 E3 D5 C1)
Eスコア:8.533
得点:14.933

■鉄棒
 
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1モズニク
懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
E
2アドラー1/2ひねり倒立
前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立
D

3~伸身トカチェフ:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂D
4+リンチ
懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
D0.2
5アドラー1回ひねり片逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
6シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手
後方開脚浮腰回転倒立とび1回半ひねり片大逆手
D
7ツォウ・リミン
前方車輪1回ひねり片手大逆手後ろ振り上がり1回ひねり両逆手倒立
C
8シュタルダー:後方開脚浮腰回転倒立B
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)
C
10フェドルチェンコ:後方伸身2回宙返り3回ひねり下り
F
Dスコア:6.1(F1 E1 D5 C2 B1 CV:0.2)
Eスコア:8.233
得点:14.333
いつも通りならばアドラー1回ひねりからヤマワキを実施しますが、今回は回避しました。

合計Dスコア:35.9(ゆか6.0、あん馬5.7、つり輪6.1、跳馬5.6、平行棒6.4、鉄棒6.1)
合計Eスコア:50.131
合計得点:86.031