2018アジア大会・種目別決勝跳馬、2連覇の石偉雄(シェク・ワイフン)選手(香港)と2位のキム・ハンソル選手(韓国)の演技です。

■1位:石偉雄(シェク・ワイフン)選手(香港)

1.ドラグレスク:前転跳び前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり(ローチェ1/2ひねり)
Dスコア:5.6
Eスコア:9.175
得点:14.775
2.ロペス:側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり(伸身カサマツ跳び)2回ひねり
Dスコア:5.6
Eスコア:8.950
減点:0.1
得点:14.450
決定点:14.612
ドラグレスクは脚が閉じられた実施で素晴らしいと思います。
前回大会の映像はこちらから。

■2位:キム・ハンソル選手(韓国)

1.ヨー2:前転跳び前方伸身宙返り2回半ひねり
Dスコア:5.6
Eスコア:9.275
得点:14.875
2.ドリッグス:側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり(伸身カサマツ跳び)1回半ひねり
Dスコア:5.2
Eスコア:9.325
減点:0.3
得点:14.225
決定点:14.550
ドリッグスの減点0.3はおそらく「演技開始、または終了時にD1審判に合図・礼をしない」に抵触し、D1審判によって決定点から各々0.30減点されたのだと思います。
減点がなければドリッグスの得点が14.525、決定点が14.700になり石偉雄(シェク・ワイフン)選手を上回り金メダルになっていたので悔しい銀メダルとなりました。