2018アジア大会・種目別決勝つり輪、1位の鄧書弟(デン・シュウディ)選手(中国)と6位の孫煒(スン・ウェイ)選手(中国)の演技です。

■1位:鄧書弟(デン・シュウディ)選手(中国)

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1アザリアン:(後転十字懸垂)
後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂
D
2後ろ振り上がり中水平支持E
3後ろ振り上がり上水平支持D
4ほん転逆上がり倒立
C
5オニール(伸身グチョギー):後方伸身2回宙返り懸垂E
6前振り上がり十字懸垂C
7ジョナサン(屈身ヤマワキ):前方屈身2回宙返り懸垂
D
8ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂C
9後ろ振り上がり倒立C
10
後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:(伸身新月面宙返り下り)F
Dスコア:6.0(F1 E2 D3 C4)
Eスコア:8.750
得点:14.750
今大会は動きにキレがないように見えた鄧書弟(デン・シュウディ)選手でしたが、終わってみれば大会を通して大きなミスなくまとめてしっかりと結果を出してきました。
実施が気になるゆかや実力からすればまだまだDスコアを上げられる平行棒など、世界選手権ではどんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

■6位:孫煒(スン・ウェイ)選手(中国) 

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り上がり上水平支持D
2中水平支持 
D
3アザリアン:(後転十字懸垂)
後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂
D
4ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂
C
5後ろ振り上がり中水平支持
E
6屈身ヤマワキ(ジョナサン):前方屈身2回宙返り懸垂
D
7ホンマ十字懸垂:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂D
8伸腕伸身力倒立C
9ほん転逆上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(新月面宙返り下り)E
Dスコア:5.9(E2 D5 C3)
Eスコア:8.475
得点:14.375
今大会の演技で団体でつり輪の演技も実施できることを証明したと思います。
私の個人的な意見としては世界選手権のつり輪は鄧書弟(デン・シュウディ)選手、孫煒(スン・ウェイ)選手、鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手でほぼ確定だと思います。