2018世界選手権・ポディウムトレーニング、林超攀(リン・チャオパン)選手(中国)の演技です。
■ゆか

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1前方屈身2回宙返りE
2前方伸身宙返り1回ひねり
C
3+前方伸身宙返り2回半ひねり
E0.1
4ロンダート~後転とび~
後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり(新月面宙返り)
E
5ロンダート~
後方伸身宙返り2回半ひねり
D
6+前方伸身宙返り1回半ひねりC0.1
7フェドルチェンコ:下向き(ロシアン)1080°転向C
8開脚座から伸腕屈身力十字倒立C
9
ロンダート
~後方伸身宙返り2回ひねり

C

10
ロンダート~後転とび~
後方伸身宙返り3回ひねり

D

Dスコア:6.0(E3 D2 C5 CV:0.3)
最初の技は前方屈身2回宙返り1/2ひねり(F)を実施しますが、ポディウムでは前方屈身2回宙返りでした。

■あん馬

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:正交差(セア)倒立D
2逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、反対の腕で下ろして逆交差入れ支持:逆交差(セア)倒立
D
3Eフロップ:1ポメル上で4フロップ
シュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→シュテクリA
E
4Dコンバイン:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向
縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向
D
5ロス:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動D
6あん部馬背下向き(ロシアン)1080°転向D
7マジャール移動:縦向き旋回前移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)D
8シバド移動:縦向き旋回後ろ移動3/3部分(1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)D
91ポメル上での縦向き旋回(縦縦ループ):(縦向き旋回前移動1/3部分)B
101ポメル上縦向き旋回(縦横ループ)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り
D
Dスコア:5.9(E1 D8 B1)

■つり輪

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り上がり中水平支持E
2ホンマ十字懸垂:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂D
3ヤマワキ:前方かかえ込み2回宙返り懸垂C
4ジョナサン(屈身ヤマワキ):前方屈身2回宙返り懸垂D
5後ろ振り上がり開脚上水平支持C
6脚前挙支持A
7屈腕伸身力倒立B
8ほん転逆上がり倒立C
9後ろ振り上がり倒立C
10後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り:(かかえ込み新月面宙返り下り)E
Dスコア:5.3(E2 D2 C4 B1 A1)
予選では2番目にナカヤマ十字懸垂を実施し、Dスコア5.6を実施するものと思われます。

■跳馬

ロペス:伸身カサマツ跳び(側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり)2回ひねり
Dスコア:5.6

■平行棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度
1後ろ振り(腕支持)上がり前方屈身宙返り支持:(ホンマ、ソニック)
D
2ドミトリエンコ:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み2回宙返り腕支持
(腕支持からのモリスエ=アームモリスエ)
E
3棒下宙返り1/2ひねり倒立E
4棒下宙返り倒立D
5後方車輪片腕支持1回ひねり倒立:(車輪ディアミドフ)D
6ササキ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き直接懸垂E
7
バブサー
倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂
E
8ティッペルト:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立D
9ヒーリー:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持D
10後方屈身2回宙返り下りD
Dスコア:6.4(E4 D6)

■鉄棒

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1カッシーナ:伸身コールマン
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
2コールマン
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂
E
3後方とび車輪1回ひねり:クースト(ホップターン)
C
4モズニク
懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立
E
5アドラー1回ひねり片逆手倒立:前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立D
6~ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
7エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
8エンドー1回ひねり大逆手:前方開脚浮腰回転1回ひねり大逆手D
9アドラー倒立:前方浮腰回転振り出し倒立C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.2(G1 E3 D3 C2 B1)