2018インターハイ・種目別決勝鉄棒、1位の前田楓丞選手(自由ヶ丘)の演技です。
Gymnastics News様の前田楓丞選手のインタビュー記事の動画の3分20秒あたりから演技が始まります。
高校3年生で「ブレットシュナイダー(H)」を実施しています。
インスタグラムでは「ミヤチ(I:伸身ブレットシュナイダー)」も練習していると書いてあるので、今後がとても楽しみです。
動画の5分12秒からはつり輪の「後方かかえ込み3回宙返り下り(G)」の映像とインタビューを見ることが出来ます。
技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1カッシーナ:伸身コールマン
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
2ブレットシュナイダー:コバチ2回ひねり
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり懸垂
H
3コバチ
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り懸垂
D
4コールマン
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂
E
5クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
6後方とび車輪1回半ひねり片大逆手C
7エンドー1回ひねり片大逆手
前方開脚浮腰回転倒立1回ひねり片大逆手
C
8前方車輪1回ひねり大逆手C
9大逆手車輪B
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ
(伸身新月面宙返り下り)
E
Dスコア:6.3(H1 G1 E2 D1 C4 B1)
Eスコア:8.850
得点:15.150