日本と中国の演技を1種目ごとに分けて構成とDスコアを見て行きたいという企画の2回目なのであん馬です。
■日本
#1 加藤凌平選手
 
①Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:逆セア倒立)
②Ⅲ:縦向き旋回後ろ移動2/3部分(B)
③Ⅱ:マジャール・シュピンデル(D:馬端中向き、縦向き旋回1回ひねり:2回以内の旋回で)
④Ⅲ:縦向き旋回前移動3/3部分(1馬端~2ポメル~5馬端)(D)
⑤Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑥Ⅳ:ロス(D:下向き(ロシアン)360°転向しながら3/3部分移動)
⑦Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
⑧Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:横縦ループ→縦横ループ→横横でシュテクリB→シュテクリA)
⑨Ⅳ:1回の旋回で正面横移動(馬端から両ポメルを越えて逆馬端)(D) 
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り(D)
Dスコア:6.4(E1 D8 B1)
Eスコア:8.600
得点:15.000

#2 内村航平選手
 
①Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:逆セア倒立)
②Ⅱ:1ポメル上での縦向き旋回(B:縦横ループ)
③Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:横横でシュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→横横でシュテクリB)
④Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
⑤Ⅳ:ロス(D:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動)
⑥Ⅱ:ポメルと馬端での横向き旋回(A)
⑦Ⅳ:ウ・グォニアン(E:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動)
○Ⅱ:馬端中向き、縦向き旋回(A)
⑧Ⅲ:マジャール移動(D:縦向き旋回前移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑨Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り(D)
Dスコア:6.2(E2 D6 B1 A1)
Eスコア:9.100
得点:15.300

#3 山室光史選手
①Ⅰ:正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:正セア倒立)
②Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:逆セア倒立)
③Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:横横でシュテクリB→横横でシュテクリB→下向き(ロシアン)180°転向)
④Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:横横でシュテクリB→横横でシュテクリB→横縦ループ→シュテクリA)
⑤Ⅳ:ロス(D:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動)
⑥Ⅲ:マジャール移動(D:縦向き旋回前移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑦Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端) 
⑧Ⅳ:1回の旋回で正面横移動(馬端から両ポメルを越えて逆馬端)(D) 
⑨Ⅱ:1ポメル上での縦向き旋回(B:縦横ループ)
⑩Ⅴ:下向き逆移動(逆リア)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り(D)
Dスコア:6.4(E1 D8 B1)
Eスコア:8.450
得点:14.850

あん馬の合計Dスコア:19.0(加藤6.4、内村6.2、山室6.4)
あん馬の合計得点:45.150

■中国
#1 尤浩(ヨウ・ハオ)選手
 
①Ⅱ:マジャール・シュピンデル(D:馬端中向き、縦向き旋回1回ひねり:2回以内の旋回で)
②Ⅳ:ロス(D:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動)
③Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:前移動シュテクリB→横横でシュテクリB→横縦ループ→縦横ループ)
⑤Ⅰ:正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:正セア倒立)
⑥Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして正交差入れ支持(D:逆セア倒立)
⑦Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
⑧Ⅳ:馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向(D)
⑧Ⅲ:マジャール移動(D:縦向き旋回前移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑨Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立5/4(450°)ひねり3/3部分移動下り(E)
Dスコア:6.7(E2 D8)
Eスコア:8.350
得点:15.050
尤浩(ヨウ・ハオ)選手のあん馬はおそらく2015中国選手権・個人総合決勝で実施した6.7の構成をリオでも実施すると思うので、その動画で書いています。
下り技はD難度で下りることも多いのでDスコアは6.6の可能性も高いです。

#2 林超攀(リン・チャオパン)選手

①Ⅰ:正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:正セア倒立)
②Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして正交差入れ支持(D:逆セア倒立)
③Ⅳ:Dフロップ(D:1ポメル上で3フロップ:横縦ループ→縦縦ループ→シュテクリA)
※最後のシュテクリAは「1ポメル上で縦向き正面支持から1ポメル上の縦向き背面支持を経て、下向きで1/4逆転向移動をして両ポメル上で横向き正面支持」
④Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
⑤Ⅳ:ロス(D:下向き(ロシアン)360°転向しながら3/3部分移動) 
⑥Ⅳ:馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向(D) 
⑦Ⅲ:マジャール移動(D:縦向き旋回前移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑧Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
○Ⅲ:縦向き旋回前移動1/3部分(A)
⑨Ⅱ:1ポメル上での縦向き旋回(B:縦縦ループ) 
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り(D)
Dスコア:6.3(D9 B1)
Eスコア:8.750
得点:15.050
2016中国選手権では、団体決勝兼個人予選、個人総合決勝、種目別決勝で安定した演技を実施しました。
昨年の団体決勝とは違い、安定した実施をすると思います。 

#3 鄧書弟(デン・シュウディ)選手
こちらから。

①Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
②Ⅳ:ロス(D:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動)
③Ⅳ:馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向(D)
○Ⅳ:前移動dsB(ダイレクトシュテクリB)(B:縦向き正面支持からポメルへ移動し(1/3部分)、1ポメル上での縦向き背面支持を経て、下向きで1/4逆転向をして1ポメル上での横向き正面支持)
④Ⅳ:Dフロップ(D:1ポメル上で3フロップ:横縦ループ→縦縦ループ→シュテクリA)
※最後のシュテクリAは「1ポメル上で縦向き正面支持から1ポメル上の縦向き背面支持を経て、下向きで1/4逆転向移動をして両ポメル上で横向き正面支持」
⑤Ⅰ:正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:正セア倒立)
⑥Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして正交差入れ支持(D:逆セア倒立)
⑦Ⅲ:マジャール移動(D:縦向き旋回前移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑧Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端) 
○Ⅲ:縦向き旋回前移動1/3部分(A)
⑨Ⅱ:1ポメル上での縦向き旋回(B) 
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り(D)
Dスコア:6.3(D9 B1)
Eスコア:8.550
得点:14.850
尤浩(ヨウ・ハオ)選手と鄧書弟(デン・シュウディ)選手の両方に言えることですが、セア倒立の実施が不安定です。
その日の調子次第と言えると思うので、セア倒立が上手く行けば得点は14.800あたりが出てくると予想され中国としては14.800を3演技揃えて44.400が出ればいいという計算だと思っています。
逆に上手く行かないと、日本にゆかとあん馬で4点程度離される可能性もあり、昨年と同じ展開になり追い上げるのがかなり厳しくなると思うので、日本と中国のどちらにとっても重要な種目になると思います。
 
あん馬の合計Dスコア:19.3(尤浩6.7、林超攀6.3、鄧書弟6.3)
あん馬の合計得点:44.950
加藤選手と山室選手がDスコアを0.2上げたので、中国が0.3のみ上回ることになりました。
余談ですが、現在の中国にはあん馬の良い選手がいないと言われていますが、あん馬の強い選手が東京五輪世代の若手(18歳)で二人います。
高難度の構成を高い演技遂行能力で通す翁浩(オン・ハオ)選手と腰が高く質の旋回をする鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手です。是非演技を見てみてください。