今回から日本と中国の演技を1種目ごとに分けて構成とDスコアを見て行きたいと思います。 
最初はゆかからです。 
■日本
#1 内村航平選手
 
①~②ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方伸身宙返り1回半ひねり(C) CV:0.1
③~④Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.1
⑤~⑥ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.2 
⑦ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり(E:かかえ込み新月面宙返り)
⑧Ⅰ:フェドルチェンコ(C:下向き(ロシアン)1080°転向)
⑨ロンダート~後転とび~Ⅳ:トーマス転(D:後ろとび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.9(E3 D4 C3 CV:0.4)
Eスコア:9.000
得点:15.900 
 
#2 加藤凌平選手
 
①ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方宙返り1/2ひねり(B) CV:0.1
②~③Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.1
④~⑤ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り1回半ひねり(C) +Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.1
⑥~⑦ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り1回半ひねり(C) CV:0.1
⑧Ⅰ:脚上挙支持から伸腕屈身開脚力倒立(C)
⑨ロンダート~Ⅳ:トーマス転(D:後ろとび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転)
⑩ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.7(E2 D4 C4 CV:0.4)
Eスコア:8.800
得点:15.500
 
#3 白井健三選手
 
①~②ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.2
③ロンダート~後転とび~Ⅲ:リ・ジョンソン(G:後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり)
④Ⅰ:倒立から伸膝前転脚前挙支持経過倒立(C)
⑤~⑥Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:シライ2(F:前方伸身宙返り3回ひねり) CV:0.1
⑦~⑧ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.2
⑨ロンダート~Ⅳ:側方開脚宙返り1回ひねり(C)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:シライ/ニューエン(F:後方伸身宙返り4回ひねり)
Dスコア:7.6(G1 F2 E2 D2 C3 CV:0.5)
Eスコア:9.050
得点:16.650

ゆかの合計Dスコア:21.2(内村6.9、加藤6.7、白井7.6)
ゆかの合計得点:48.050

日本に関しては皆さんもたくさん思うことがあると思うので、僕は特に書きません。

■中国
#1 林超攀(リン・チャオパン)選手

①~②ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.2
③~④ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方宙返り1/2ひねり(B) CV:0.1
⑤ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり(E:新月面宙返り)
⑥~⑦Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.1
⑧Ⅰ:フェドルチェンコ(C:下向き(ロシアン)1080°転向)
⑨ロンダート~Ⅳ:トーマス転(D:後ろとび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転) 
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.8(E3 D4 C2 B1 CV:0.4)
Eスコア:8.400
得点:15.200
2015年中国選手権の種目別決勝ゆかの王者の林超攀(リン・チャオパン)選手ですが、ゆかは6.6から6.8に上げてきて実施も安定しています。
中国のエースと言えば2015年世界選手権の個人総合銅メダリストの鄧書弟(デン・シュウディ)選手が思い浮かびますが、今回のリオ五輪から東京五輪へ向けてエースは間違いなく林超攀(リン・チャオパン)選手になっていくと思います。
2016年中国選手権では個人予選と個人総合決勝で1位になり、一度も鄧書弟(デン・シュウディ)選手にトップを譲りませんでした。

#2 鄧書弟(デン・シュウディ)選手
 
①~②ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方宙返り1/2ひねり(B) CV:0.1
③~④ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.2
⑤~⑥Ⅱ:前方伸身宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.1
⑦ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり(E:新月面宙返り)
⑧Ⅰ:フェドルチェンコ(C:下向き(ロシアン)1080°転向)
⑨ロンダート~後転とび~Ⅳ:伸身トーマス転(E:後ろとび1回半ひねり前方伸身宙返り転=コロブチンスキー) 
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.9(E4 D3 C2 B1 CV:0.4)
Eスコア:8.600
得点:15.500
2016年中国選手権の種目別決勝ゆかの王者です。
昨年の6.9の構成とは変わりましたが、今年はこの6.9の構成で安定した実施を見せています。
ゆかで少しでも日本に離されたくないという中国の気持ちが見えるような林超攀(リン・チャオパン)選手と鄧書弟(デン・シュウディ)選手のDスコア0.2アップです。

#3  張成龍(チャン・チェンロン)選手
こちらから。

①~②ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り1回半ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.1
③ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方宙返り1/2ひねり(B) CV:0.1
④~⑤ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り1回半ひねり(C) CV:0.1
⑥~⑦前転とび~Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D)+Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C) CV:0.1
⑧ロンダート~後転とび~Ⅳ:トーマス転(D:後ろとび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転) 
⑨Ⅰ:倒立から前転開脚腰浮支持経過倒立(B)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.6(E2 D4 C3 B1 CV:0.4)
Eスコア:7.450
減点:0.8
得点:13.250
張成龍(チャン・チェンロン)選手のゆかが早くも中国の山場と言えると思います。
2015年からミスなく通った回数が少ないので、不安材料ですが張成龍(チャン・チェンロン)選手が通してくると中国は勢いづいてくると思います。

ゆかの合計Dスコア:20.3(林超攀6.8、鄧書弟6.9、張成龍6.6)
ゆかの合計得点:43.950
大方の予想通り日本が2〜3点程度上回れるとは思いますが、Dスコアの差は以外にも0.9ということになります。
中国のゆかも決して弱いわけではなく、さすがにDスコアは高いという印象を受けます。