2016全日本個人総合選手権・決勝、齊藤優佑選手の鉄棒の演技です。

①Ⅱ:ブレットシュナイダー(H:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり懸垂=コバチ2回ひねり) 
②Ⅱ:カッシーナ(G:伸身コールマン=バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂)
③Ⅱ:コールマン(F:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂)
④Ⅲ:シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手(D) 
⑤Ⅳ:アドラー1/2ひねり倒立(D:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立)
⑥Ⅰ:後方とび車輪1回半ひねり片大逆手(C)
⑦Ⅳ:アドラー1回ひねり片逆手倒立(D:前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立)
⑧+Ⅱ:後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂(D:ヤマワキ=伸身コスミック) CV:0.1
⑨Ⅲ:エンドー1回ひねり大逆手(D)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(E:伸身新月面宙返り下り=ワタナベ)
Dスコア:7.5(H1 G1 F1 E1 D5 C1 CV:0.1)
Eスコア:8.500
得点:16.000
齊藤優佑選手は7.7を練習中ということをツイートしていたので、おそらくこの構成でさらにカッシーナとコールマンを繋げるのだと予想できます。
予選の演技前の練習でもコールマンで落ちていましたが、カッシーナ~コールマンと続けていました。