2015世界選手権・個人総合決勝の内村航平選手の演技を妄想してみたという記事です。
オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)や鄧書弟(デン・シュウディ)選手(中国)がおそらく40に迫る演技構成を組んでくると思われるので、 内村航平選手も自身最高の39.4を実施するようです。 
■ゆか
①~②ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方伸身宙返り1回半ひねり(C) CV:0.1
⑦ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり(E:かかえ込み新月面宙返り)
⑧Ⅰ:フェドルチェンコ(C:下向き(ロシアン)1080°転向)
⑨ロンダート~後転とび~Ⅳ:トーマス転(D:後ろとび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.9(E3 D4 C3 CV:0.4)
ゆかは2015全日本シニア選手権でおそらく初めて実施した「後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+前方伸身宙返り1回半ひねり(C)」から実施すると思います。
ちなみにこの組み合わせは2012全日本種目別選手権で早坂尚人選手も実施しています。
「前方宙返り1回ひねり(C)~前方伸身宙返り2回半ひねり(E)」は2011全日本種目別選手権で実施。
「後方伸身宙返り2回半ひねり(D)~前方伸身宙返り2回ひねり(D)」は2008マドリードW杯と2011全日本種目別選手権で実施。
内村選手はこの3種類の組み合わせを試合では滅多に実施してくれないので、一つ一つの組み合わせの完成度の高さとこの高難度の構成をどんな通しで見せてくれるのかがとても楽しみです。

■あん馬
 
①Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:逆セア倒立)
②Ⅱ:1ポメル上での縦向き旋回(B:縦横ループ)
③Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:横横でシュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→横横でシュテクリB)
④Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
⑤Ⅳ:ロス(D:下向き(ロシアン)360°転向3/3部分移動)
⑥Ⅱ:ポメルと馬端での横向き旋回(A)
⑦Ⅳ:ウ・グォニアン(E:下向き(ロシアン)720°転向3/3部分移動)
○Ⅱ:馬端中向き、縦向き旋回(A)
⑧Ⅲ:マジャール移動(D:縦向き旋回前移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑨Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り(D)
Dスコア:6.2(E2 D6 B1 A1)
あん馬は2013年から変わらず6.2の構成だと思います。
 
■つり輪
  
①Ⅲ:後ろ振り上がり中水平支持(E)
②Ⅳ:後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂(D:アザリアン)
③Ⅲ:後ろ振り上がり十字倒立(D)
④Ⅱ:後ろ振り上がり倒立(C)
⑤Ⅰ:屈身ヤマワキ(D:前方屈身2回宙返り懸垂=ジョナサン)
⑥Ⅰ:ヤマワキ(C:前方かかえ込み2回宙返り懸垂)
⑦Ⅲ:ホンマ十字懸垂(D:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂)
⑧Ⅱ:ほん転逆上がり倒立(C)
⑨Ⅰ:後方車輪(ほん転逆上がり)倒立経過(B)
⑩Ⅴ:後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り(E:かかえ込み新月面宙返り)
Dスコア:6.2(E2 D4 C3 B1)
つり輪は2013年に実施していた6.2の構成に戻すと思います。
スポーツニュースなどではよくグチョギーや屈身グチョギーの映像が見られるので、リオ五輪の団体決勝を見据えてつり輪でDを上げるのかなとも思っています。
具体的には⑧のほん転逆上がり倒立(C)から屈身グチョギー(D)~後方車輪(ほん転逆上がり)倒立経過(B)~伸身新月面宙返り下り(F)で6.5(F1 E1 D5 C3)かなと2013年から妄想しています。
 
■跳馬
 
4-25:リー・シャオペン(ロンダートから1/2ひねり前転跳び前方伸身宙返り2回半ひねり)
Dスコア:6.2
内村選手の跳馬の“終点”のリー・シャオペン。
世界選手権でどんな実施を見せてくれるのか非常に楽しみです。

■平行棒
①Ⅰ:マクーツ(E:前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持)
②Ⅰ:ヒーリー(D:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持)
③Ⅳ:棒下宙返り1/2ひねり倒立(E)
④Ⅳ:棒下宙返り倒立(D)
⑤Ⅲ:屈身ベーレ(E:後方車輪から後方屈身2回宙返り腕支持)
⑥Ⅱ:ハラダ(D:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持=アームライヘルト)
⑦Ⅰ:モリスエ(D:棒上後方かかえ込み2回宙返り腕支持) 
⑧Ⅲ:車輪ライヘルト(D:後方車輪から後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持)
⑨Ⅰ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持(D:爆弾カット)
⑩Ⅴ:後方屈身2回宙返り下り(D)
Dスコア:6.8(E3 D7)
ドミトリエンコを抜いて棒下宙返り1/2ひねり倒立を実施したというのはzofuさんに教えていただきました。
他の技は僕の推測ですが屈身ベーレ(E)と後方屈身2回宙返り下り(D)は確定だと思います。
 
■鉄棒
 
①Ⅱ:屈身コバチ(E:バーを越えながら、後方屈身2回宙返り懸垂)
②Ⅱ:カッシーナ(G:伸身コールマン=バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂)
③Ⅲ:シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手(D) 
④Ⅳ:アドラー1/2ひねり倒立(D:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立)
⑤+Ⅱ:コールマン(F:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂) CV:0.1
⑥Ⅳ:アドラー1回ひねり片逆手倒立(D:前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立)
⑦+Ⅱ:後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂(D:ヤマワキ=伸身コスミック) CV:0.1
⑧Ⅲ:エンドー(B:前方開脚浮腰回転倒立)
⑨Ⅰ:ホップターン(C:後方とび車輪1回ひねり=クースト)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(E:伸身新月面宙返り下り=ワタナベ)
Dスコア:7.1(G1 F1 E2 D4 C1 B1 CV:0.2)
鉄棒は説明不要かと思いますが、内村選手の屈身コバチ(E)を再び見ることが出来て本当に嬉しいです。

合計Dスコア:39.4(ゆか6.9、あん馬6.2、つり輪6.2、跳馬6.2、平行棒6.8、鉄棒7.1)