2015全日本選手権・個人総合、予選1位の内村航平選手の演技構成です。

■あん馬
①Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:逆セア倒立)
②Ⅱ:両ポメル上での横向き旋回(A)
③Ⅱ:1ポメル上での縦向き旋回(B:縦横ループ)
④Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:横横でシュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→横横でシュテクリB)
⑤Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
⑥Ⅳ:ロス(D:下向き(ロシアン)360°転向しながら馬端~馬端移動)
○Ⅱ:ポメルと馬端での横向き旋回(A)
⑦Ⅳ:ウ・グォニアン(E:下向き(ロシアン)720°転向しながら馬端~馬端移動)
○Ⅱ:馬端中向き、縦向き旋回(A)
⑧Ⅲ:マジャール移動(D:縦向き旋回前移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑨Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り(D)
Dスコア:6.2(E2 D6 B1 A1)
Eスコア:8.900
得点:15.100

■つり輪
①Ⅲ:後ろ振り上がり中水平支持(E)
②Ⅳ:後方伸腕伸身逆上がり十字懸垂(D:アザリアン)
③Ⅲ:後ろ振り上がり十字倒立(D)
④Ⅱ:後ろ振り上がり倒立(C)
⑤Ⅰ:屈身ヤマワキ(D:前方屈身2回宙返り懸垂=ジョナサン)
⑥Ⅰ:ヤマワキ(C:前方かかえ込み2回宙返り懸垂)
⑦Ⅲ:ホンマ十字懸垂(D:輪の高さで前方屈身宙返り直接十字懸垂)
⑧Ⅱ:ほん転逆上がり倒立(C)
⑨Ⅰ:後方車輪(ほん転逆上がり)倒立経過(B)
⑩Ⅴ:後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下り(E:かかえ込み新月面宙返り=かかえ込みルドルフ)
Dスコア:6.2(E2 D4 C3 B1)
Eスコア:8.750
得点:14.950
つり輪は2013年のDスコア6.2に戻したようです。
着地は両足で小さく後ろに一歩。

■跳馬
4-25:リー・シャオペン(ロンダートから1/2ひねり前転跳び前方伸身宙返り2回半ひねり)
Dスコア:6.2
Eスコア:9.100
ライン減点:0.3
得点:15.000

■平行棒
①Ⅰ:マクーツ(E:前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持)
②Ⅰ:ヒーリー(D:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持)
③Ⅱ:ドミトリエンコ(E:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み2回宙返り腕支持=腕支持からのモリスエ=アームモリスエ)
④Ⅳ:棒下宙返り倒立(D)
⑤Ⅲ:後方車輪倒立(C:ケンモツ)
⑥Ⅱ:ハラダ(D:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持=アームライヘルト)
⑦Ⅰ:モリスエ(D:棒上後方かかえ込み2回宙返り腕支持)
⑧Ⅲ:車輪ライヘルト(D:後方車輪から後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持)
⑨Ⅰ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持(D:爆弾カット)
⑩Ⅴ:後方屈身2回宙返り下り(D)
Dスコア:6.6(E2 D7 C1)
Eスコア:8.850
得点:15.450
入りはロイター板を使って「Ⅱ:前振り上がり(A:前振り腕支持)~Ⅰ:後ろ振り倒立(A)」でした。
平行棒は2013年から少しずつ構成が変わっています。
着地は両足で前に大きめに弾むような形で一歩。

■鉄棒
①Ⅱ:屈身コバチ(E:バーを越えながら、後方屈身2回宙返り懸垂)
②Ⅱ:カッシーナ(G:伸身コールマン=バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂)
③Ⅲ:シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手(D)
④~⑤Ⅳ:アドラー1/2ひねり倒立(D)+Ⅱ:コールマン(F:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂) CV:0.1
⑥~⑦Ⅳ:アドラー1回ひねり片逆手倒立(D)+Ⅱ:伸身コスミック(ヤマワキ)(D) CV:0.1
⑧Ⅲ:エンドー(B:前方開脚浮腰回転倒立)
⑨Ⅰ:ホップターン(C:後方とび車輪1回ひねり=クースト)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(E:伸身新月面宙返り下り=ワタナベ)
Dスコア:7.1(G1 F1 E2 D4 C1 B1 CV:0.2)
Eスコア:8.800
得点:15.900
2014豊田国際から「Ⅰ:後方とび車輪1回半ひねり片大逆手(C)」を抜いた構成になっています。
「屈身コバチ」の実施を生で見るのは始めてでしたが、「素晴らしい」としか言えませんでした。
着地をぴたりと止めて会心の笑顔を見せてくれました。

■ゆか
①ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方宙返り1/2ひねり(B) CV:0.1
②~③ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り1回半ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.1
④~⑤Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.1
⑥~⑦ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り1回半ひねり(C) CV:0.1
⑧Ⅰ:フェドルチェンコ(C:下向き(ロシアン)1080°転向)
○Ⅰ:前後開脚座(A)
⑨ロンダート~後転とび~Ⅳ:トーマス転(D:後ろとび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.7(E2 D4 C4 CV:0.4)
Eスコア:9.050
得点:15.750
2014年に実施していた新月面宙返りを抜いて組合せを追加した2012ロンドン五輪と同じ構成です。

合計Dスコア:39.0(ゆか6.7、あん馬6.2、つり輪6.2、跳馬6.2、平行棒6.6、鉄棒7.1)
合計Eスコア:53.450
減点:0.3
合計得点:92.150

2014世界選手権・個人総合決勝の合計Dスコア:38.6(ゆか6.6、あん馬6.2、つり輪6.4、跳馬6.0、平行棒6.5、鉄棒6.9)から0.4上げた39.0という超高難度の演技を披露してくれましたが、相変わらず高難度の技を多く取り入れているようには見せずにどの種目も簡単そうに余裕を持って実施しているように見えました。