男子体操競技のG難度とH難度の技一覧(2013-2016のルール)です。
2017-2020のルールはこちらから。

■ゆか:G難度3技、H難度1技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手
前方伸身宙返り3回半ひねり
※国内で実施されました。
採点規則には記載されていません。
 
G五島誉博選手(日本) 1,2
白井健三選手(日本)
 Ⅲ-6リ・ジョンソン
後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり
リ・ジョンソン選手(北朝鮮)
内村航平選手(日本)
マーセル・ニューエン選手(ドイツ)
ジャスティン・スプリング選手(アメリカ)
スティーブン・レジェンドレ選手(アメリカ)
オレグ・ベルニャエイフ選手(ウクライナ) 1,2
白井健三選手(日本) 1,2
アンジェロ・アソンプソ選手(ブラジル) 
エディ・ペネフ選手(アメリカ) 
ジャーニー・レギニ・モラン選手(イギリス) 
王灏然(ワン・ハオラン)選手(中国)
Ⅲ-12リューキン
後方かかえ込み3回宙返り
ワレリー・リューキン選手(旧ソビエト連邦) 
李小双選手(中国) 
ユリ・ポルポレンコ選手(旧ソビエト連邦)
ウラジミール・ゴゴラーゼ選手(旧ソビエト連邦)
エフゲニー・ポドゴルニー選手(ロシア)
アンドレイ・ベロウソフ選手(ロシア)
エディ・クレイン選手(アメリカ) 
レナト・オリヴェイラ選手(ブラジル) 
アルチョム・ドルゴプヤット選手(イスラエル)
シライ3
後方伸身2回宙返り3回ひねり
(伸身リ・ジョンソン)
H白井健三選手(日本) 1,2,3,4
クリストファー・レムケス選手(オーストラリア)
エディ・ペネフ選手(アメリカ)

■あん馬:G難度5技、H難度1技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手
Ⅱ-54ブスナリ
dsA倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして開脚旋回
Gアルベルト・ブスナリ選手(イタリア)
フィリプ・ウデ選手(クロアチア)  
マックス・ウィットロック選手(イギリス) 
Ⅱ-54下向き逆移動倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして開脚旋回
※ブスナリと同一枠
G亀山耕平選手(日本)
長谷川智将選手(日本)
ヴァルデマール・アイヒホルン選手(ドイツ)
林育信選手(台湾)
旋回1/2ひねり(1/2シュピンデル)倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして(開脚)旋回G
(開脚)旋回背面とび横移動倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして(開脚)旋回G長谷川智将選手(日本) 
村岡潤選手(日本) 
dsA直接背面とび横移動倒立1回ひねり下ろして(開脚)旋回G
dsA直接背面とび横移動倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして開脚旋回Hミッチ・ジョーンズ選手(オーストラリア) 
古谷嘉章選手(日本) 
榎本鷹大選手(日本)
Gコンバイン
1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)1080°以上転向
Gルイス・スミス選手(イギリス)
マックス・ウィットロック選手(イギリス) 1,2
陳晨(チェン・チェン)選手(中国) 
翁浩(オン・ハオ)選手(中国)
リース・マックレナハン選手(北アイルランド)
今林開人選手(日本) 1,2
中出康平選手(日本)
アンドレイ・シエニチキン選手(ウクライナ)

■つり輪:G難度1技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手
 Ⅲホンマ上向き中水平支持(2秒)
輪の高さで前方屈身宙返り直接上向き中水平支持(2秒)
国内で実施されました。
採点規則には記載されていません。
山口悠樹選手(日本) 

■平行棒:G難度7技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手
Ⅱ-12ツォラキディス
前振り上がり片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
(アームマクーツ)
Gヴァシレイオス・ツォラキディス選手(ギリシャ) 
ルーカス・ダウザー選手(ドイツ) 
Ⅲ-36キンテロ
懸垂前振り後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり腕支持
Gヒオバンニ・キンテロ選手(コロンビア)
Ⅳ-12チョウ・シーション
逆上がり(棒下宙返り)片腕支持5/4ひねり単棒横向き倒立
G周施雄(チョウ・シーション)選手(中国) 
ダネル・レイバ選手(アメリカ)
ヤマムロ
逆上がり(棒下宙返り)3/4ひねり単棒横向き倒立経過
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持 
(棒下マクーツ)
G山室光史選手(日本)
ライアン・リーバーマン選手(アメリカ)
桑原俊選手(日本)
田中佑典選手(日本) 
オレグ・ステプコ選手(アゼルバイジャン)
Ⅴ-18前方屈身2回宙返り1/2ひねり下りGフェルハット・アリカン選手(トルコ) 1,2,3
ダヴィド・ベルヤフスキー選手(ロシア) 
ユル・モルダー選手(アメリカ)
Ⅴ-36カトウ・ヒロユキ
後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり下り
G加藤裕之選手(日本)
中野大輔選手(日本)
マリウス・ダニエル・ウルジカ選手(ルーマニア)
ダニーロ・ノゲイラ選手(ブラジル) 1,2
マーセル・ニューエン選手(ドイツ)
オレグ・ベルニャエイフ選手(ウクライナ)
ジョン・オロスコ選手(アメリカ)
アカシュ・モディ選手(アメリカ) 
肖若騰(シャオ・ルオテン)選手(中国) 
アンドリュー・ブラワー選手(アメリカ) 
ラルデュエト
前方かかえ込み2回宙返り1回ひねり下り  
Gマンリケ・ラルデュエト選手(キューバ)

■鉄棒:G難度3技、H難度1技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手
Ⅱ-66カッシーナ
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
(伸身コバチ1回ひねり)
Gイゴール・カッシーナ選手(イタリア)
ジョナサン・ホートン選手(アメリカ)
Ⅱ-82ピネダ
バーを越えながら、後方屈身2回宙返り1回ひねり懸垂 
Gトニー・ピネダ選手(メキシコ)
Ⅱ-84
ブレットシュナイダー
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり懸垂
(コバチ2回ひねり)
Hアンドレアス・ブレットシュナイダー選手(ドイツ) 1,2,3 
高田治吉選手(日本) 1,2 
宮地秀享選手(日本) 1,2
齊藤優佑選手(日本) 1,2,3
高田満吉選手(日本) 
ジェイデン・ブル選手(オーストラリア)
Ⅱ-96
シャハム
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回半ひねり片逆手懸垂
(コバチ1回半ひねり片逆手懸垂) 
Gノーム・シャハム選手(イスラエル) 1,2
リコ・アンドレイド選手(アメリカ) 
内村航平選手(日本)
時山玲音選手(日本) 1,2,3
ウミット・サミログル選手(トルコ)
セルジオ・ササキ・ジュニオール選手(ブラジル) 
市瀬達貴選手(日本) 
ブラム・ベルホスタッド選手 

■種目ごとのG難度とH難度の技数(同一枠の技を除く)
種目G難度H難度
ゆか31
あん馬51
つり輪10
平行棒70
鉄棒31
合計183