2014世界選手権・団体戦、演技構成と得点&日米対決シミュレーションしてみたかったという記事の③です。
平行棒と鉄棒です。
平行棒

■日本
2013世界選手権・種目別決勝平行棒の世界王者の内村航平選手(内村航平選手に休んでもらうなら平行棒だとは思うのですが、内村選手は6種目出るような気がするので)、派遣標準の15.900を出した野々村笙吾選手、NHK杯から田中佑典選手らしい体操が戻ってきたという田中佑典選手だと思います。

1:内村航平選手(2013世界選手権・種目別決勝平行棒1位)

○Ⅱ:前振り上がり(腕支持)開脚抜き倒立(B)
①Ⅰ:マクーツ(E:前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持)
②Ⅰ:ヒーリー(D:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持)
③Ⅱ:ドミトリエンコ(E:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み2回宙返り腕支持=腕支持からのモリスエ=アームモリスエ)
④Ⅳ:棒下宙返り倒立(D)
⑤Ⅲ:屈身ベーレ(E:後方車輪から後方屈身2回宙返り腕支持)
⑥Ⅲ:後方車輪倒立(C:ケンモツ)
⑦Ⅱ:ハラダ(D:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持=アームライヘルト)
⑧Ⅰ:かかえ込みモリスエ(D:棒上後方かかえ込み2回宙返り腕支持)
⑨Ⅰ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持(D:爆弾カット)
⑩Ⅴ:後方屈身2回宙返り下り(D)
Dスコア:6.7(E3 D6 C1)
Eスコア:8.966
得点:15.666

2:野々村笙吾選手
2014全日本種目別選手権の演技構成です。
①Ⅱ:後ろ振り上がり(腕支持)前方屈身宙返り支持(D:ホンマ、ソニック)
②Ⅳ:シャルロ(E:棒下宙返り単棒縦向き倒立、静止1秒)
③Ⅳ:棒下宙返り1/2ひねり倒立(E)
④Ⅳ:棒下宙返り倒立(D)
⑤Ⅲ:屈身ベーレ(E:後方車輪から後方屈身2回宙返り腕支持)
⑥Ⅲ:車輪ディアミドフ(D:後方車輪片腕支持1回ひねり倒立)
⑦Ⅲ:後方車輪倒立(C:ケンモツ)
⑧Ⅲ:ティッペルト(D:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立) 
⑨Ⅰ:ヒーリー(D:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持)
⑩Ⅴ:後方屈身2回宙返り下り(D)
Dスコア:6.7(E3 D6 C1)
Eスコア:9.200
得点:15.900

3:田中佑典選手

①Ⅱ:後ろ振り上がり(腕支持)前方屈身宙返り支持(D:ホンマ、ソニック)
②Ⅰ:マクーツ(E:前振り片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持)
③Ⅰ:ヒーリー(D:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持)
④Ⅳ:棒下宙返り1/2ひねり倒立(E)
⑤Ⅳ:シャルロ(E:棒下宙返り単棒縦向き倒立、静止1秒)
⑥Ⅳ:棒下宙返り倒立(D)
⑦Ⅰ:前振り1/2ひねり倒立(C:ツイスト)
⑧Ⅰ前振り1/4ひねり単棒横向き倒立(D:Dツイスト)
⑨Ⅲ:単棒横向き前方浮腰上がり脚前挙支持経過横向き倒立(C)
⑩Ⅴ:後方屈身2回宙返り下り(D)
Dスコア:6.6(E3 D5 C2)
Eスコア:8.900
得点:15.500

合計Dスコア:20.0
合計Eスコア:26.800
合計得点:47.066

■アメリカ
2013世界選手権・種目別決勝の平行棒で3位のジョン・オロスコ選手、大幅に構成を変えたダネル・レイバ選手、ウィッテンバーグ選手だと思います。

1:ドネル・ウィッテンバーグ選手
 
①Ⅱ:後ろ振り上がり(腕支持)前方屈身宙返り支持(D:ホンマ、ソニック)
②Ⅳ:棒下宙返り1/4ひねり倒立(E)
③Ⅳ:シャルロ(E:棒下宙返り単棒縦向き倒立、静止1秒)
④Ⅳ:棒下宙返り倒立(D)
⑤Ⅱ:ドミトリエンコ(E:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み2回宙返り腕支持=腕支持からのモリスエ=アームモリスエ)
⑥Ⅲ:モイ(C:懸垂前振り上がり支持)
⑦Ⅰ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持(D:爆弾カット)
⑧Ⅱ:ハラダ(D:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持=アームライヘルト)
⑨Ⅲ:車輪ライヘルト(D:後方車輪から後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持)
⑩Ⅴ:前方かかえ込み2回宙返り下り(E)
Dスコア:6.8(E4 D5 C1)
Eスコア:8.650
得点:15.450

2:ダネル・リーバ選手

①Ⅳ:逆上がり倒立(D)
②Ⅳ:テン・ハイビン(F:棒下宙返り片腕支持1回ひねり倒立=棒下ディアミドフ)
③Ⅳ:シャルロ(E:棒下宙返り単棒縦向き倒立、静止1秒)
④Ⅳ:棒下宙返り3/4ひねり倒立(E)
⑤Ⅲ:後方車輪片腕支5/4ひねり単棒横向き倒立経過、1/4ひねり両棒倒立(E)
⑥Ⅲ:車輪ディアミドフ(D:後方車輪片腕支持1回ひねり倒立)
⑦Ⅲ:後方車輪倒立(C:ケンモツ)
⑧Ⅱ:ハラダ(D:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持=アームライヘルト)
⑨Ⅰ:前振り1/2ひねり倒立(C:ツイスト)
⑩Ⅴ:前方かかえ込み2回宙返り下り(E)
Dスコア:6.9(F1 E4 D3 C2)
Eスコア:8.800
得点:15.700

3:ジョン・オロスコ選手(2013世界選手権・種目別決勝平行棒3位)

①Ⅱ:後ろ振り上がり(腕支持)前方屈身宙返り支持(D:ホンマ、ソニック)
②Ⅱ:ドミトリエンコ(E:前振り上がり(腕支持)後方かかえ込み2回宙返り腕支持=腕支持からのモリスエ=アームモリスエ)
③Ⅰ:屈身モリスエ(E:棒上後方屈身2回宙返り腕支持=ファン・リーピン)
④Ⅳ:棒下宙返り1/4ひねり倒立(E)
⑤Ⅳ:棒下宙返り倒立(D)
⑥Ⅲ:車輪ライヘルト(D:後方車輪から後方かかえ込み宙返り1/2ひねり腕支持)
⑦Ⅰ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き腕支持(D:爆弾カット)
⑧Ⅲ:ティッペルト(D:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立) 
⑨Ⅰ:ヒーリー(D:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持)
⑩Ⅴ:後方屈身2回宙返り下り(D)
Dスコア:6.8(E3 D7)
Eスコア:8.733
得点:15.533

合計Dスコア:20.5
合計Eスコア:26.183
合計得点:46.683

日本:ゆか47.100+あん馬45.566+つり輪45.600+跳馬45.533+平行棒47.066=230.845
アメリカ:ゆか46.650+あん馬44.900+つり輪46.450+跳馬45.716+平行棒46.683=230.399
となり平行棒ではDスコアは低くなる可能性もありますが、実施で上回る日本が0.446リードして最終種目鉄棒へ。

鉄棒

■アメリカ
ミクラック選手、そして鉄棒のスペシャリストのレイバ選手、オロスコ選手だと思います。

1:サミュエル・ミクラック選手(2013世界選手権・種目別決勝鉄棒4位)

①Ⅱ:カッシーナ(G:伸身コールマン=バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂)
②Ⅱ:コールマン(F:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂)
③Ⅰ:後方とび車輪1回半ひねり片大逆手(C)
④~⑤Ⅳ:アドラー1/2ひねり倒立(D)+Ⅱ:リンチ(D) CV:0.1
※Ⅱ:リンチ(D:懸垂前振り、開脚背面とび越し1/2ひねり片逆手懸垂後ろ振り上がり倒立)
⑥~⑦Ⅳ:アドラー1回ひねり片逆手倒立(D)+Ⅱ:伸身コスミック(ヤマワキ)(D) CV:0.1
⑧Ⅲ:シュタルダー(B:後方開脚浮腰回転倒立)
⑨Ⅰ:ホップターン(C:後方とび車輪1回ひねり=クースト)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(E:伸身新月面宙返り下り=ワタナベ)
Dスコア:6.9(G1 F1 E1 D4 C2 B1 CV:0.2)
Eスコア:8.800
得点:15.700

2:ダネル・リーバ選手

①~②Ⅳ:アドラー1回ひねり両逆手倒立(E)+Ⅱ:伸身コスミック(ヤマワキ)(D) CV:0.1
③Ⅱ:伸身コバチ(E:バーを越えながら、後方伸身2回宙返り懸垂)
④Ⅱ:かかえ込みコバチ(D:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り懸垂)
⑤Ⅲ:シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手(D) 
⑥~⑦Ⅳ:アドラー1/2ひねり倒立(D)+Ⅱ:伸身トカチェフ(D) CV:0.1
⑧Ⅰ:リバルコ(D:後方とび車輪1回半ひねり大逆手)
⑨Ⅲ:エンドー1回ひねり片大逆手(C)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(E:伸身新月面宙返り下り=ワタナベ)
Dスコア:6.9(E3 D6 C1 CV:0.2)
Eスコア:8.750
得点:15.750

3:ジョン・オロスコ選手

①Ⅱ:リューキン(F:伸身トカチェフ1回ひねり=懸垂前振り伸身背面とび越し1回ひねり懸垂)
②Ⅰ:後方とび車輪1回半ひねり片大逆手(C)
③Ⅱ:モズニク(E:懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片逆手懸垂後ろ振り上がり倒立)
④~⑤Ⅳ:アドラー1/2ひねり倒立(D)+Ⅱ:リンチ(D) CV:0.1
※Ⅱ:リンチ(D:懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片逆手懸垂後ろ振り上がり倒立)
⑥~⑦Ⅳ:アドラー1回ひねり両逆手倒立(E)+Ⅱ:伸身コスミック(ヤマワキ)(D) CV:0.1
⑧Ⅲ:エンドー(B:前方開脚浮腰回転倒立)
⑨Ⅰ:ホップターン(C:後方とび車輪1回ひねり=クースト)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り1回ひねり下り(D:伸身ムーンサルト)
Dスコア:6.7(F1 E2 D4 C2 B1 CV:0.2)
Eスコア:9.200
得点:15.900

合計Dスコア:20.5
合計Eスコア:26.850
合計得点:47.350

■日本
絶対に落ちない加藤凌平選手、スペシャリスト田中佑典選手、そして内村航平選手へ!

1:加藤凌平選手(2013世界選手権・種目別決勝鉄棒7位)

①Ⅳ:アドラー1/2ひねり倒立(D)
②Ⅱ:伸身トカチェフ(D:懸垂前振り、伸身背面とび越し懸垂)
③Ⅱ:コールマン(F:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂)
④Ⅲ:シュタルダー(B:後方開脚浮腰回転倒立)
⑤Ⅲ:シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手(D) 
⑥~⑦Ⅳ:アドラー1回ひねり片逆手倒立(D)+Ⅱ:伸身コスミック(ヤマワキ)(D) CV:0.1
⑧Ⅲ:エンドー(B:前方開脚浮腰回転倒立)
⑨Ⅰ:ホップターン(C:後方とび車輪1回ひねり=クースト)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(E:伸身新月面宙返り下り=ワタナベ)
Dスコア:6.4(F1 E1 D5 C1 B2 CV:0.1)
Eスコア:8.766
得点:15.166

2:田中佑典選手

①Ⅱ:カッシーナ(G:伸身コールマン=バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂)
②Ⅲ:シュタルダーとび1回半ひねり大逆手(E:シュタルダーリバルコ) 
③Ⅱ:コールマン(F:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂)
④Ⅰ:リバルコ(D:後方とび車輪1回半ひねり大逆手)
⑤Ⅱ:伸身コスミック(ヤマワキ)(D)
⑥Ⅲ:エンドー1回ひねり大逆手(D)
⑦Ⅳ:アドラー1回ひねり両逆手倒立(E)
⑧Ⅳ:アドラー1/2ひねり倒立(D)
⑨Ⅰ:ホップターン(C:後方とび車輪1回ひねり=クースト)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(E:伸身新月面宙返り下り=ワタナベ)
Dスコア:7.2(G1 F1 E3 D4 C1)
Eスコア:8.800
得点:16.000
2014全日本個人総合選手権決勝ではコールマン~リバルコと繋げてD7.3 E8.850の16.150も出しています。

3:内村航平選手(2013世界選手権・種目別決勝鉄棒3位)

①Ⅱ:カッシーナ(G:伸身コールマン=バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂)
②Ⅲ:シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手(D) 
③~④Ⅳ:アドラー1/2ひねり倒立(D)+Ⅱ:コールマン(F:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂) CV:0.1
⑤Ⅰ:後方とび車輪1回半ひねり片大逆手(C)
⑥~⑦Ⅳ:アドラー1回ひねり片逆手倒立(D)+Ⅱ:伸身コスミック(ヤマワキ)(D) CV:0.1
⑧Ⅲ:エンドー(B:前方開脚浮腰回転倒立)
⑨Ⅰ:ホップターン(C:後方とび車輪1回ひねり=クースト)
⑩Ⅴ:後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(E:伸身新月面宙返り下り=ワタナベ)
Dスコア:6.9(G1 F1 E1 D4 C2 B1 CV:0.2)
Eスコア:9.100
得点:16.000

合計Dスコア:20.5
合計Eスコア:26.666
合計得点:47.166

日本:ゆか47.100+あん馬45.566+つり輪45.600+跳馬45.533+平行棒47.066+鉄棒47.166=278.011
アメリカ:ゆか46.650+あん馬44.900+つり輪46.450+跳馬45.716+平行棒46.683+鉄棒47.350=277.749
となり日本が0.262上回る…という僕の妄想でした。
この「2014世界選手権・団体戦シミュレーション」には得点の意味はないですし、はっきり言って僕の妄想垂れ流しです。
この記事のメインは演技紹介なので、得点は参考程度という感じでお願いします。
世界選手権を見るのに、この記事が少しでも皆様のお役に立てればさいわいです。