2014世界選手権・団体戦、演技構成と得点&日米対決シミュレーションしてみたかったという記事です。
個人的な予想ですが、今回はアメリカとの接戦になるのではないかと思っています。
構成に関しては変更があると思いますが、当方しがない末端体操ファンなのでご了承ください。
得点に関しても、これで比較するのは正直意味がないと思いますので、あくまで参考程度です。
また演技順に関しても、まったく素人なのでご指摘いただけるとうれしいです。
まずはゆかとあん馬です。
ゆか

■日本
種目別決勝に3選手出られるなら金銀銅を独占できてしまいそうで凄いことになってます。

1:内村航平選手(2013世界選手権・種目別決勝ゆか3位)

①~②ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り1回半ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.1
③~④Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.1
⑤ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり(E:かかえ込み新月面宙返り=かかえ込みルドルフ)
⑥~⑦ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り1回半ひねり(C) CV:0.1
⑧Ⅰ:フェドルチェンコ(C:下向き(ロシアン)1080°転向)
⑨ロンダート~後転とび~Ⅳ:かかえ込みトーマス転(D:後ろとび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.6(E2 D4 C4 CV:0.3)
Eスコア:9.000
得点:15.600

2:加藤凌平選手
①ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方宙返り1/2ひねり(B) CV:0.1
②~③ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り1回半ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.1
④ロンダート~Ⅳ:かかえ込みトーマス転(D:後ろとび1回半ひねり前方かかえ込み宙返り転)
⑤~⑥Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D)+Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C) CV:0.1
⑦Ⅰ:脚上挙支持から伸腕屈身開脚力倒立(C)
⑧~⑨ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り1回半ひねり(C) CV:0.1
⑩ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.7(E2 D4 C4 CV:0.4)
Eスコア:8.800
得点:15.500

3:白井健三選手(2013世界選手権・種目別決勝ゆか1位)

①~②ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回半ひねり(E)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.2
③~④Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:シライ2(F:前方伸身宙返り3回ひねり) CV:0.1
⑤ロンダート~Ⅲ:テンポ宙返り(B:後方速伸身宙返り)+Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D) CV:0.1
⑥Ⅰ:脚上挙支持(2秒)から伸腕屈身開脚力倒立(2秒)(C)
⑦~⑧ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回半ひねり(E) CV:0.2
⑨ロンダート~Ⅳ:側方開脚宙返り1回ひねり(C)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:シライ/ニューエン(F:後方伸身宙返り4回ひねり)
Dスコア:7.4(F2 E2 D3 C3 CV:0.6)
Eスコア:8.600
得点:16.000

合計Dスコア:20.7
合計Eスコア:26.400
合計得点:47.100
48に届くくらいの点数が出るかも知れません。

■アメリカ
オールラウンダーのエース・ミクラック選手に、2013世界選手権・種目別決勝ゆか2位のダルトン選手、さらにウィッテンバーグ選手とアメリカもかなり点数を伸ばしてきそうです。
なおアメリカの得点はDスコアの内規を抜いて計算してあります。

1:サミュエル・ミクラック選手
  
①~②ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り1回半ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.1
③~④Ⅱ:前方伸身宙返り1回ひねり(C)+Ⅱ:前方かかえ込み2回宙返り(D) CV:0.1
⑤~⑥ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方伸身宙返り1回半ひねり(C) CV:0.1
⑦Ⅰ:開脚旋回倒立、とび1回ひねり開脚旋回(D)
⑧Ⅰ:伸腕屈身力十字倒立(C)
⑨ロンダート~後転とび~Ⅳ:伸身トーマス転(E:コロブチンスキー=後ろとび1回半ひねり前方伸身宙返り転)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.5(E1 D5 C4 CV:0.3)
Eスコア:9.050
得点:15.550

2:ドネル・ウィッテンバーグ選手
①~②ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り1回半ひねり(C)+Ⅱ:前方かかえ込み2回宙返り(D) CV:0.1
③ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身2回宙返り2回ひねり(F:伸身新月面宙返り=伸身ルドルフ)
④Ⅰ:伸腕屈身力十字倒立(C)
⑤~⑥Ⅱ:前方伸身宙返り(B)+Ⅱ:前方屈身2回宙返り(E) CV:0.1
⑦~⑧ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C) CV:0.1
⑨ロンダート~Ⅳ:伸身トーマス(E:後ろとび1回半ひねり前方伸身宙返り転=コロブチンスキー) 
⑩ロンダート~後転とび~Ⅳ:後ろとび1/2ひねり前方屈身2回宙返り1/2ひねり(E)
Dスコア:6.8(F1 E3 D2 C3 B1 CV:0.3)
Eスコア:8.650
得点:15.450

3:ジェイコブ・ダルトン選手(2013世界選手権・種目別決勝ゆか2位)

①ロンダート~後転とび~Ⅳ:タマヨ(F:後ろとび1/2ひねり前方伸身2回宙返り)
②~③ロンダート~Ⅲ:テンポ宙返り(B:後方速伸身宙返り)+Ⅳ:後ろとび1/2ひねり前方屈身2回宙返り(E) CV:0.1
④~⑤ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り1回半ひねり(C)+Ⅱ:前方伸身宙返り2回ひねり(D) CV:0.1
⑥Ⅰ:伸腕屈身力十字倒立(C)
⑦~⑧ロンダート~Ⅲ:後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+Ⅱ:前方宙返り1回ひねり(C) CV:0.1
⑨ロンダート~後転とび~Ⅳ:伸身トーマス(E:後ろとび1回半ひねり前方伸身宙返り転=コロブチンスキー)
⑩ロンダート~後転とび~Ⅲ:後方伸身宙返り3回ひねり(D)
Dスコア:6.7(F1 E2 D3 C3 B1 CV:0.3)
Eスコア:8.950
得点:15.650

合計Dスコア:20.0
合計Eスコア:26.650
合計得点:46.650

あん馬
■日本
2013世界選手権の予選で10位の内村航平選手、絶対に落ちない加藤凌平選手、世界チャンピオンの亀山耕平選手の3選手だと思います。

1:内村航平選手

①Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:逆セア倒立)
②Ⅱ:1ポメル上での縦向き旋回(B:縦横ループ)
③Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:横横でシュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→横横でシュテクリB)
④Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
⑤Ⅳ:ロス(D:下向き(ロシアン)360°転向しながら馬端~馬端移動)
○Ⅱ:ポメルと馬端での横向き旋回(A)
⑥Ⅳ:ウ・グォニアン(E:下向き(ロシアン)720°転向しながら馬端~馬端移動)
⑦Ⅱ:馬端中向き、縦向き旋回(A)
⑧Ⅲ:マジャール移動(縦向き旋回前移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)(D)
⑨Ⅲ:シバド移動(縦向き旋回後ろ移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)(D) 
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3部分移動下り(D)
Dスコア:6.2(E2 D6 B1 A1)
Eスコア:8.933
得点:15.133

2:加藤凌平選手

①Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:逆セア倒立)
②Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
③Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:横縦ループ→縦横ループ→横横でシュテクリB→横縦ループ)
④Ⅱ:1ポメル上での縦向き旋回(B:縦縦ループ)
⑤Ⅱ:マジャール・シュピンデル(D:馬端中向き、縦向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)
⑥Ⅲ:縦向き旋回前移動3部分(1馬端~2ポメル~5馬端)(D)
⑦Ⅲ:シバド移動(縦向き旋回後ろ移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)(D)
⑧Ⅳ:ロス(D:下向き(ロシアン)360°転向しながら馬端~馬端移動)
⑨Ⅳ:dsB(ダイレクトシュテクリB)(B:馬端とポメルで横向き正面支持から、1ポメル上での縦向き背面支持を経て、下向きで1/4逆転向をして1ポメル上での横向き正面支持) 
⑩Ⅴ:下向き逆移動(逆リヤ)倒立3/4(270°)ひねり3部分移動下り(D)
Dスコア:6.2(E1 D7 B2)
Eスコア:8.400
得点:14.600

3:亀山耕平選手(2013世界選手権・種目別決勝あん馬1位)

①Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:逆セア倒立)
②Ⅰ:正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:正セア倒立)
③Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:横横でシュテクリB→横縦ループ→縦横ループ→横横でシュテクリB)
④Ⅳ:Eコンバイン(E:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)360°転向:横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)360°転向)
⑤Ⅳ:あん部馬背下向き(ロシアン)1080°転向(E)
⑥Ⅲ:縦向き旋回前移動3部分(1馬端~2ポメル~5馬端)(D)
⑦Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑧Ⅱ:マジャール・シュピンデル(D:馬端中向き、縦向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)
⑨Ⅳ:ウ・グォニアン(E:下向き(ロシアン)720°転向しながら馬端~馬端移動)
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3部分移動下り(D)
Dスコア:6.9(E4 D6)
Eスコア:8.933
得点:15.833

合計Dスコア:19.3
合計Eスコア:26.266
合計得点:45.566

■アメリカ
あん馬の強いミクラック選手とナドゥール選手、そしてオロスコ選手の3選手かなと思います。

1:サミュエル・ミクラック選手
   
①Ⅰ:正交差とび横移動ひねり逆交差入れ(馬端~馬端)(D:ミクラック)
②Ⅰ:正交差とび横移動ひねり逆交差入れ(C)
③Ⅱ:両ポメル上での横向き旋回(A)
④Ⅳ:dsB(ダイレクトシュテクリB)(B:両ポメル上での横向き正面支持から上向きで1/4正転向をし、1ポメル上での縦向き背面支持を経て、下向きで1/4逆転向をして最初の横向き支持とは反対向きで1ポメル上での横向き正面支持)
⑤Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:横縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
⑥Ⅳ:トン・フェイ(縦向き~横向き支持)(D:下向き正転向移動(馬端~馬端、ポメルまたはポメル間に着手なしで)
⑦Ⅳ:馬端下向き(ロシアン)1080°転向(D)
○Ⅱ:馬端中向き、縦向き旋回(A)
⑧Ⅲ:マジャール移動(縦向き旋回前移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)(D)
⑨Ⅲ:シバド移動(縦向き旋回後ろ移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)(D)
○Ⅲ:縦向き旋回前移動1/3部分(A) 
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立5/4(450°)ひねり3部分移動下り(E)
Dスコア:6.0(E1 D6 C1 B1 A1)
Eスコア:9.150
得点:15.150

2:ジョン・オロスコ選手

①Ⅲ:縦向き旋回前移動3部分(1馬端~2ポメル~5馬端)(D)
②Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
③Ⅱ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立270°ひねり3部分移動下ろして正交差入れ支持(D)
④Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして正交差入れ支持(D:逆セア倒立)
⑤Ⅰ:正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして正交差入れ支持(D:正セア倒立=リー・ニン)
)
⑥Ⅳ:Dフロップ(D:1ポメル上で3フロップ:横縦ループ→縦縦ループ→縦から両ポメル上で横でシュテクリA)
⑦Ⅳ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)270°転向:縦縦ループ→縦縦ループ→下向き(ロシアン)270°転向)
⑧Ⅳ:dsB(ダイレクトシュテクリB)(B:両ポメル上での横向き正面支持から上向きで1/4正転向をし、1ポメル上での縦向き背面支持を経て、下向きで1/4逆転向をして最初の横向き支持とは反対向きで1ポメル上での横向き正面支持)
⑨Ⅳ:ウ・グォニアン(E:下向き(ロシアン)720°転向しながら馬端~馬端移動)※おそらく
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3部分移動下り(D)
Dスコア:6.4(E1 D8 B1)
Eスコア:8.100
得点:14.500

3:アレキサンダー・ナドゥール選手

①Ⅰ:正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして正交差入れ支持(D:正セア倒立=リー・ニン)
②Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして正交差入れ支持(D:逆セア倒立)
③Ⅳ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:縦縦ループ→縦横ループ→横横でシュテクリB→横縦ループ)
④Ⅳ:Eコンバイン(E:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)360°転向:縦横ループ→横横でシュテクリB→下向き(ロシアン)360°転向)
⑤Ⅱ:横向き旋回1回ひねり(2回以内の旋回で)(D:横向きシュピンデル)
⑥Ⅳ:トン・フェイ(横向き~横向き支持)(D:下向き正転向移動(馬端~馬端、ポメルまたはポメル間に着手なしで)
⑦Ⅳ:あん部馬背下向き(ロシアン)900°転向(C)
⑧Ⅲ:マジャール移動(縦向き旋回前移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)(D)
⑨Ⅲ:シバド移動(縦向き旋回後ろ移動3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)(D)
⑩Ⅴ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3部分移動下り(D)
Dスコア:6.6(E2 D7 C1)
Eスコア:8.650
得点:15.250

合計Dスコア:19.0
合計Eスコア:25.900
合計得点:44.900

僕の妄想では2種目が終わって日本(ゆか47.100+あん馬45.566=92.666)がアメリカ(ゆか46.650+あん馬44.900=91.550)を1.116点リード。