オードリーズ・ニン・レイエス選手(ドミニカ)の「リ・セグァン」です。
Ⅱ-287:リ・セグァン(側転跳び1/4ひねり前方かかえ込み宙返り1/2ひねり後方かかえ込み宙返り=カサマツ跳び後方かかえ込み宙返り=カサマツ宙返り)
Dスコア:6.0

2018ロシア選手権・予選跳馬、1位のデニス・アブリャジン選手の演技です。
①Ⅱ-287:リ・セグァン(側転跳び1/4ひねり前方かかえ込み宙返り1/2ひねり後方かかえ込み宙返り=カサマツ跳び後方かかえ込み宙返り=カサマツ宙返り)
Dスコア:6.0
Eスコア:9.000
得点:15.000
②Ⅳ-476:リー・シャオペン(ロンダート、1/2ひねり前転跳び前方伸身宙返り2回半ひねり)
Dスコア:5.8
Eスコア:9.050
得点:14.850
決定点:14.925

あん馬の「Fフロップ(開脚旋回4フロップ)」です。
フロップを開脚旋回で行うと1ポメル上で3フロップがE難度、1ポメル上で4フロップがF難度と難度が一段格上げになります。
マイケル・レイド選手の練習映像です。
動画では「開脚旋回縦向き1/3部分前移動~縦横ループ~Bシュテクリ~横縦ループ~Aシュテクリ」と実施しています。
細かく説明をすると以下のようになります。
①縦横ループ→1ポメル上での縦向き正面支持から、1ポメル上での縦向き背面支持を経て、下向きで1/4逆転向をして1ポメル上での横向き正面支持
②Bシュテクリ(DSB)→1ポメル上での横向き正面支持から上向きで1/4正転向をし、1ポメル上での縦向き背面支持を経て、下向きで1/4逆転向をして最初の横向き支持とは反対向きで1ポメル上での横向き正面支持
③横縦ループ→1ポメル上での横向き正面支持から上向きで1/4正転向をし、1ポメル上での縦向き背面支持を経て、1ポメル上での縦向き正面支持
④Aシュテクリ(DSA)→1ポメル上での縦向き支持から、1ポメル上での縦向き背面支持を経て、下向きで1/4逆転向しながら移動して、片手がポメルで片手が馬端での横向き正面支持

Bled on my 4 month old @turngymnastics competition pants 😅 but worth it #iconic

Michael Reidさん(@mjrview)がシェアした投稿 -

平行棒の新技・未発表技、「屈身テハダ(F難度相当?:棒下宙返り直接屈身宙返り腕支持)」です。
鈴木大介選手のインスタグラムより。


屈身タジェダ👌 来年使いたい!! #平行棒 #新技 #たぶんF難度 #pb #tejada

鈴木大介さん(@daisuke__suzuki)がシェアした投稿 -

2017武漢中国選手権・種目別決勝あん馬・平行棒、1位の鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)選手の演技です。
■あん馬

①Ⅱ:マジャール・シュピンデル(D:馬端中向き、縦向き旋回1回ひねり:2回以内の旋回で)
②Ⅱ:馬端馬背下向き(ロシアン)1080°転向(D)
③Ⅱ:トン・フェイ(横向き?~縦向き支持)(D:下向き正転向移動(馬端~馬端、ポメルまたはポメル間に着手なしで)
④Ⅱ:Eフロップ(E:1ポメル上で4フロップ:縦横ループ→横横でシュテクリB→横縦ループ→縦横ループ)
⑤Ⅰ:逆交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:逆セア倒立)
⑥Ⅰ:正交差1/4ひねり1ポメル上倒立経過、下ろして逆交差入れ支持(D:正セア倒立)
⑦Ⅱ:Dコンバイン(D:1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)180°転向:縦縦ループ→縦横ループ→下向き(ロシアン)180°転向)
⑧Ⅲ:マジャール移動(D:縦向き旋回前移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端)
⑨Ⅲ:シバド移動(D:縦向き旋回後ろ移動3/3部分:1馬端~2ポメル~3あん部馬背~4ポメル~5馬端) 
⑩Ⅳ:dsA(ダイレクトシュテクリA)倒立3/4(270°)ひねり3/3部分移動下り(D)
Dスコア:6.1(E1 D9)
Eスコア:8.833
得点:14.933

■平行棒

①Ⅱ:ツォラキディス1(G:前振り上がり(腕支持)片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過、軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持=アームマクーツ)
②Ⅱ:リチャード(E:前振り上がり(腕支持)片腕支持1回ひねり倒立)
③Ⅲ:後方車輪倒立(C:ケンモツ)
④Ⅲ:棒下宙返り1/2ひねり倒立(E)
⑤Ⅲ:棒下宙返り倒立(D)
⑥Ⅰ:前方開脚5/4宙返り開脚抜き直接懸垂(E:ササキ)
⑦Ⅲ:バブサー(E:倒立から振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き、伸身かつ水平位で懸垂)
⑧Ⅲ:ティッペルト(D:倒立から伸膝で振り下ろし懸垂前振り上がり開脚抜き倒立) 
⑨Ⅰ:ヒーリー(D:後ろ振り片腕支持1回ひねり支持)
⑩Ⅳ:前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下り(F)
Dスコア:6.8(G1 F1 E4 D2 C1)
Eスコア:9.200
得点:16.000

2017武漢中国選手権・種目別決勝鉄棒、1位の肖若騰(シャオ・ルオテン)選手の演技です。

①Ⅱ:リューキン(F:懸垂前振り、伸身背面とび越し1回ひねり懸垂=伸身トカチェフ1回ひねり)
②Ⅱ:伸身トカチェフ(D:懸垂前振り伸身背面とび越し懸垂)
③Ⅱ:モズニク(E:懸垂前振り伸身背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立)
④Ⅱ:リンチ(D:懸垂前振り開脚背面とび越し1/2ひねり片大逆手懸垂後ろ振り上がり倒立)
⑤Ⅳ:アドラー1回ひねり片逆手倒立(D:前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立)
⑥Ⅱ:後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂(D:ヤマワキ=伸身コスミック)
⑦Ⅲ:エンドー(B:前方開脚浮腰回転倒立)
⑧Ⅲ:アドラー1/2ひねり倒立(D:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立)
⑨Ⅰ:ホップターン(C:後方とび車輪1回ひねり=クースト)
⑩Ⅴ:フェドルチェンコ(F:後方伸身2回宙返り3回ひねり下り)
Dスコア:6.2(F2  E1 D5 C1 B1)
Eスコア:8.333
得点:14.533

2017武漢中国選手権・種目別決勝跳馬、1位の屈瑞陽選手の演技です。

①ロペスハーフ(側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り3回ひねり=伸身カサマツ跳び3回ひねり)
Dスコア:6.0
Eスコア:8.700
得点:14.700
②ヨー2(前転跳び前方伸身宙返り2回半ひねり)
Dスコア:5.6
Eスコア:9.167
得点:14.767
決定点:14.734

2018オーストラリアWC・種目別決勝鉄棒、1位の宮地秀享選手(日本)の演技です。

①Ⅰ:後方車輪(A)
②Ⅱ:ミヤチ(I:バーを越えながら、後方伸身2回宙返り2回ひねり懸垂=伸身コバチ2回ひねり=伸身ブレットシュナイダー)
③Ⅱ:カッシーナ(G:伸身コールマン=バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂)
④Ⅱ:コールマン(E:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂)
⑤Ⅱ:コバチ(D:バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り懸垂)
⑥Ⅲ:シュタルダー(B:後方開脚浮腰回転倒立)
⑦Ⅲ:シュタルダー1/2ひねり大逆手(C)
⑧Ⅲ:大逆手車輪(B)
⑨Ⅲ:大逆手エンドー(C)
⑩Ⅳ:後方伸身2回宙返り1回ひねり下り(D:伸身ムーンサルト下り)
Dスコア:6.0(I1 G1 E1 D2 C2 B2 A1)
Eスコア:8.600
得点:14.600

白井健三選手の名前がついた技は現在、ゆか3技、跳馬3技の合計6技になり、世界最多となっています。
①ゆかの「シライ/ニューエン(F:後方伸身宙返り4回ひねり)」
 

②ゆかの「シライ2(F:前方伸身宙返り3回ひねり)」
 

③ゆかの「シライ3(H:後方伸身2回宙返り3回ひねり=伸身リ・ジョンソン)」
 

④跳馬の「シライ/キム・ヒフン(5.6:伸身ユルチェンコ跳び3回ひねり=ロンダートから後転跳び後方伸身宙返り3回ひねり)」
 

⑤跳馬の「シライ2(6.0:伸身ユルチェンコ跳び3半回ひねり=ロンダートから後転跳び後方伸身宙返り3回半ひねり)」


⑥跳馬の「シライ3(5.4:ロンダートから1回ひねり後転跳び後方伸身宙返り2回ひねり=シェルボ跳び2回ひねり)」

↑このページのトップヘ