男子体操競技のG,H,I難度と跳馬の価値点5.6~6.4の技一覧(2022-2024のルール)です。
当ブログで一番閲覧いただいている記事の最新版です。
まだはっきりとわかっていないこともあるので暫定版とします。
今回から敬称略とさせていただきます。

ゆか、あん馬、つり輪、平行棒、鉄棒のG,H,I難度

■ゆか:G難度3技、H難度3技、I難度1技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手(練習映像を含む)
Ⅱ-36ゴシマ
前方伸身宙返り3回半ひねり 
G五島誉博(日本) 1,2,3
白井健三(日本) 
南一輝(日本)
Ⅲ-6リ・ジョンソン
後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり

Gリ・ジョンソン(北朝鮮)
内村航平(日本)
マーセル・ニューエン(ドイツ)
ジャスティン・スプリング(アメリカ)
スティーブン・レジェンドレ(アメリカ)
オレグ・ベルニャエイフ(ウクライナ) 1,2
白井健三(日本) 1,2
アンジェロ・アソンプソ(ブラジル) 
エディ・ペネフ(アメリカ) 
ジャーニー・レギニ・モラン(イギリス) 
王灏然(ワン・ハオラン)(中国) 
ドミトリー・ランキン(ロシア) 
アルチョム・ドルゴプヤト(イスラエル)
Ⅲ-60後方伸身2回宙返り2回半ひねりスティーブン・レジェンドレ(アメリカ)
Ⅱ-?サパタ2
前方伸身2回宙返り1回半ひねり

※採点規則に記載なしのため
推定でH難度としています。
Hライデルレイ・ミゲル・
サパタ・サンタナ(スペイン)
Ⅲ-18リューキン
後方かかえ込み3回宙返り
Hワレリー・リューキン(旧ソビエト連邦) 
李小双(中国) 
ユリ・ポルポレンコ(旧ソビエト連邦)
ウラジミール・ゴゴラーゼ(旧ソビエト連邦)
エフゲニー・ポドゴルニー(ロシア)
アンドレイ・ベロウソフ(ロシア)
エディ・クレイン(アメリカ) 
レナト・オリヴェイラ(ブラジル) 
アルチョム・ドルゴプヤット(イスラエル) 
ドミトリー・ランキン(ロシア) 
ニキータ・ナゴルニー(ロシア) 
デニス・アブリャジン(ロシア)
セルゲイ・オンビシュ(ウクライナ) 
イゴール・シャラムコフ(ベラルーシ)
Ⅲ-71シライ3
後方伸身2回宙返り3回ひねり
(伸身リ・ジョンソン)
H白井健三(日本) 1,2,3,4
クリストファー・レムケス(オーストラリア) 1.2
エディ・ペネフ(アメリカ) 
ジェイク・ジャルマン(イギリス) 
アルチョム・ドルゴプヤト(イスラエル) 
南一輝(日本)
Ⅲ-24ナゴルニー
後方屈身3回宙返り
Iニキータ・ナゴルニー(ロシア) 1,2,3 
ゲイジ・ダイアー(アメリカ)

■あん馬:G難度2技、H難度1技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手(練習映像を含む)
DSA直接背面とび横移動倒立1回ひねり3/3部分移動下ろして(開脚)旋回G
ミッチ・ジョーンズ(オーストラリア) 
古谷嘉章(日本) 
G難度のコンバイン ※ケース1
1ポメル上で2フロップから下向き(ロシアン)1080°以上転向
Gルイス・スミス(イギリス)
マックス・ウィットロック(イギリス) 1,2
翁浩(オン・ハオ)(中国)
リース・マックレナハン(北アイルランド)
今林開人(日本) 1,2
中出康平(日本)
杉野正尭(日本) 
亀山耕平(日本) 
鄒敬園(ゾウ・ジンユアン)(中国)
G難度のコンバイン ※ケース2
ベルトンチェリ+1フロップからロシアン(下向き)720° or 900°転向
or
3/4ベズゴ+1フロップからロシアン(下向き)720° or 900°転向
G
H難度のコンバイン
ベルトンチェリ+1フロップからロシアン(下向き)1080°以上転向
or
3/4ベズゴ+1フロップからロシアン(下向き)1080°以上転向
Hステファン・ネドロシック(アメリカ)

■つり輪:G難度1技、H難度1技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手(練習映像を含む)
Ⅳ-36後方かかえ込み3回宙返り下りGアレクセイ・チホンキフ(旧ソビエト連邦) 
セルゲイ・ハリコフ(旧ソビエト連邦) 
外村康二日本)
ディミトリー・カルバネンコ
エフゲニー・ポドゴルニー(ロシア) 
ニコライ・クリュコフ(ロシア)
セルゲイ・ホロホルディン(ロシア) 
アンドリー・イサエフ(ウクライナ)
アンドリー・チェルカソフ(ロシア) 
アルチョーム・マルケロフ(ロシア) 
アンドレイ・ベロウソフ(ロシア)
ヤン・テヨン(韓国) 
イロドトス・ジョルグラス(ギリシャ)
ボビー・ベイカー(アメリカ)
中野大輔(日本) 
ニク・クレシング(ドイツ)
Ⅳ-42ウィッテンバーグ
後方屈身3回宙返り下り
ドネル・ウィッテンバーグ(アメリカ)

■平行棒:G難度7技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手(練習映像を含む)
Ⅱ-12ツォラキディス1
前振り上がり片腕支持3/4ひねり単棒横向き倒立経過
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持
(アームマクーツ)
Gヴァシレイオス・ツォラキディス(ギリシャ) 
鄒敬園(ツォウ・ジンユアン)(中国) 
ルーカス・ダウザー(ドイツ)
フェルハット・アリカン(トルコ)
Ⅲ-60キンテロ
懸垂前振り後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり腕支持
Gヒオバンニ・キンテロ(コロンビア)
Ⅲ-78エスパルザ
後方車輪から1/2ひねり前方屈身1回半宙返り腕支持(屈身タナカ)
Gオーランド・エスパルザ(メキシコ)
鄧書弟(デン・シュウディ)(中国)
Ⅲ-114チョウ・シーション
逆上がり(棒下宙返り)片腕支持5/4ひねり単棒横向き倒立
G周施雄(チョウ・シーション)(中国) 
ダネル・レイバ(アメリカ)
Ⅲ-120ヤマムロ
逆上がり(棒下宙返り)3/4ひねり単棒横向き倒立経過
軸手を換えて後ろ振り片腕支持3/4ひねり支持 
(棒下マクーツ)
G山室光史(日本)
ライアン・リーバーマン(アメリカ)
田中佑典(日本) 
オレグ・ステプコ(アゼルバイジャン) 
神本雄也(日本)
Ⅳ-24ラルデュエト
前方かかえ込み2回宙返り1回ひねり下り  
Gマンリケ・ラルデュエト(キューバ) 
Ⅳ-36カトウ・ヒロユキ
後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり下り
G加藤裕之(日本)
中野大輔(日本)
ダニーロ・ノゲイラ(ブラジル) 1,2
マーセル・ニューエン(ドイツ)
オレグ・ベルニャエイフ(ウクライナ)
ジョン・オロスコ(アメリカ)
アカシュ・モディ(アメリカ) 
肖若騰(シャオ・ルオテン)(中国) 
アンドリュー・ブラワー(アメリカ) 
ソフス・ヘゲムスネス(ノルウェー)

■鉄棒:G難度9技(カッシーナとピネダが同一枠のため)、H難度1技、I難度1技
技の番号技名と技の内容難度主な実施選手(練習映像を含む)
Ⅱ-36スアレス
開脚シュタルダーから伸身背面とび越し1回ひねり懸垂
(伸身ピアッティ1回ひねり) 
G森赳人(日本) 
Ⅱ-48前方伸身宙返り2回ひねり懸垂(伸身イエガー2回ひねり)
大逆手後ろ振り、前方伸身宙返り2回ひねり懸垂
Gジェフ・クロケット(アメリカ) 1,2
Ⅱ-72
コウディノフ
バーを越えながら、前方かかえ込み宙返り1回ひねり
(ゲイロード1回ひねり)
Gミハイル・コウディノフ(ニュージーランド) 1.2



Ⅱ-78マラス
バーを越えながら、前方屈身宙返り1/2ひねり懸垂
(屈身ペガン) 
Gヴラシオス・マラス(ギリシャ) 1,2
カール・ミーダー(アメリカ)
Ⅱ-96カッシーナ
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
(伸身コバチ1回ひねり)
or
ピネダ
バーを越えながら、後方屈身2回宙返り1回ひねり懸垂 
Gイゴール・カッシーナ(イタリア)
ジョナサン・ホートン(アメリカ)




トニー・ピネダ(メキシコ)
Ⅱ-108
シャハム
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回半ひねり片逆手懸垂
(コバチ1回半ひねり片逆手懸垂) 
Gノーム・シャハム(イスラエル) 1,2
リコ・アンドレイド(アメリカ) 
内村航平(日本)
時山玲音(日本) 1,2,3
ウミット・サミログル(トルコ)
セルジオ・ササキ・ジュニオール(ブラジル)  
ブラム・ベルホスタッド(オランダ) 1.2
宮地秀亨(日本) 
古谷嘉章(日本)
Ⅳ-6ルンプティス
前方かかえ込み3回宙返り下り 
or
前方かかえ込み3回宙返り1/2ひねり下り 
Gセルゲイ・ルンプティス(旧ソビエト連邦) 
マシュー・ゴデ(フランス) 
ピエール・ルイス・シングルトン(フランス)

トニー・シモネン
Ⅳ-54ファルダン
後方屈身3回宙返り下り
Gカスパル・ファルダン(デンマーク)  
ドネル・ウィッテンバーグ(アメリカ) 
ノア・クアヴィタ(ベルギー)
Ⅳ-60ベーレ
後方かかえ込み3回宙返り1回ひねり下り 
or
後方かかえ込み宙返り1/2ひねり前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり下り
Gマイク・ベーレ(旧東ドイツ) 
アルフォンソ・ロドリゲス(スペイン)
ジョナサン・ホートン(アメリカ) 1,2 
畠田好章(日本)  
サミュエル・ミクラック(アメリカ)
Ⅱ-90ブレットシュナイダー
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり懸垂
(コバチ2回ひねり)
Hアンドレアス・ブレットシュナイダー(ドイツ) 1,2,3 
内村航平(日本)
宮地秀享(日本)
齊藤優佑(日本)
山本雅賢(日本)
鈴木大介(日本) 
市瀬達貴(日本)
高田治吉(日本)
高田満吉(日本) 
山根直記(日本)
田口翔大(日本) 
前田楓丞(日本)
ジェイデン・ブル(オーストラリア)
ジョーイ・ピータース(アメリカ) 
ノア・ビテッリ(スイス) 
田中佑典(日本)
Ⅱ-102ミヤチ
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り2回ひねり懸垂
(伸身コバチ2回ひねり=伸身ブレットシュナイダー)
I宮地秀享(日本) 
高田治吉(日本) 
アンドレアス・ブレットシュナイダー(ドイツ)
前田楓丞(日本) 1,2 
バート・デューロー(オランダ)
セルゲイ・エルツォフ(ロシア)

■種目ごとのG,H,I難度の技数(同一枠の技を除く)
種目G難度H難度I難度
ゆか331
あん馬210
つり輪110
平行棒700
鉄棒911
合計2262


■跳馬
価値点5.6~6.4の技一覧(2022-2024のルール)です。
※6.4の屈身リ・セグァンは日本国内のみで発表された技なので公式ではないです。
技の番号技名と技の内容価値点主な実施選手(練習映像を含む)
Ⅰ-116ヨー2
前転跳び前方伸身宙返り2回半ひねり
5.6ヨー・ホンチュル(韓国)
ヤン・ハクソン(韓国) 1,2,3
李小鵬(リー・シャオペン)(中国)
チャリー・タマヨ(キューバ)
マンリケ・ラルデュエト(キューバ)
アルトゥール・ダフチャン(アルメニア)
内村航平(日本)
鈴田佳祐(日本) 
Ⅱ-226ドラグレスク
前転跳び前方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり
(ローチェ1/2ひねり) 
5.6マリアン・ドラグレスク(ルーマニア)
1,2,3,4
トマ・ブエル(フランス) 1,2
張仲博(中国)
イーゴリ・ラジビロフ(ウクライナ) 
Ⅱ-228ジマーマン
前転跳び1/2ひねり後方かかえ込み2回宙返り
前転跳び前方かかえ込み宙返り1/2ひねり後方かかえ込み宙返り
5.6アントン・ゴロツツコフ(ロシア)
宗像陸(日本)  
Colin Van Wicklen(アメリカ)
Ⅱ-231ブラニク
前転跳び前方屈身2回宙返り(屈身ローチェ)
5.6レシェク・ブラニク(ポーランド)
マティアス・ファーリッヒ(ドイツ)
クリストファー・ブルックス選手(アメリカ)
テオ・シーガー(イギリス)
谷川航(日本) 
アンドリー・メドヴェージェフ(イスラエル) 1,2 
アルトゥール・ダラロヤン(ロシア) 
屈瑞阳(チィー・ルイヤン)(中国)
Ⅰ-132ロペス
側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり(伸身カサマツ跳び)2回ひねり
5.6エリック・ロペス(キューバ)
ヤン・ハクソン(韓国) 
マンリケ・ラルデュエト(キューバ) 
Ⅲ-320ルー・ユーフ
側転跳び1/4ひねり後方屈身2回宙返り
(屈身ツカハラ跳び後方屈身宙返り=屈身ツカハラ宙返り) 
5.6ビン・ル(中国)
アントン・ゴロツツコフ(ロシア)  
デニス・アブリャジン(ロシア)
エンリケ・トーマス・ゴンザレス・セプルベタ(チリ)
イーゴリ・ラジビロフ(ウクライナ)
アンドリー・メドヴェージェフ(イスラエル) 
Ⅳ-420シライ/キム・ヒフン
ロンダート、後転跳び後方伸身宙返り3回ひねり
(伸身ユルチェンコ跳び3回ひねり) 
5.6白井健三(日本)
キム・ヒフン(韓国)
アレキサンダー・アルティモフ(アメリカ)
内村航平(日本)
マックス・ウィットロック(イギリス)
ドミニック・カンニガム(イギリス) 
ショーン・センターズ(アメリカ)  
アンソニー・ステファネリ(アメリカ) 
張成龍(チャン・チェンロン)(中国)
アルトゥール・ダラロヤン(ロシア)
Ⅳ-426ヤン・ウェイ
屈身メリサニディス
ロンダート、後転跳び後方屈身2回宙返り
(屈身ユルチェンコ跳び後方屈身宙返り) 
5.6楊威(ヤン・ウェイ)(中国) 
Yernar Yerimbetov(カザフスタン)
イオアニス・メリサニディス(ギリシャ)
デビット・サンダー(アメリカ)
クリスチャン・トーマス(イギリス) 1,2
ニューエン・ハ・タイン(ベトナム) 1,2 
イヴァン・チホノフ(アゼルバイジャン)
Ⅳ-444リー・シャオペン
ロンダート、1/2ひねり前転跳び前方伸身宙返り2回半ひねり 
5.8李小鵬(リー・シャオペン)(中国) 1,2
マリアン・ドラグレスク(ルーマニア)
デニス・アブリャジン(ロシア)
内村航平(日本)
鈴田佳祐(日本) 
白井健三(日本)
エディ・ペネフ(アメリカ) 
陳億路(チェン・イールー)(中国)
Ⅳ-472シェルボ跳び2回半ひねり
ロンダート、1回ひねり後転跳び後方伸身宙返り2回半ひねり 
5.8南一輝(日本)
Ⅰ-117ヤン・ハクソン
前転跳び前方伸身宙返り3回ひねり
6.0ヤン・ハクソン(韓国) 1,2 
遠藤幹斗(日本) 
黄明淇(ファン・ミンチィー)(中国)
Ⅱ-231リ・セグァン2
前転跳び前方屈身2回宙返り1/2ひねり(屈身ドラグレスク)
6.0リ・セグァン(北朝鮮)
セルジオ・ササキ・ジュニオール(ブラジル)
アンドリー・メドヴェージェフ(イスラエル) 
イーゴリ・ラジビロフ(ウクライナ) 
谷川航(日本)
オードリーズ・ニンレイエス(ドミニカ) 
石偉雄(シェク・ワイフン)(香港)
Ⅲ-321リ・セグァン
側転跳び1/4ひねり前方かかえ込み宙返り1/2ひねり後方かかえ込み宙返り
(カサマツ跳び後方かかえ込み宙返り=カサマツ宙返り)
6.0リ・セグァン(北朝鮮)
鈴田佳祐(日本) 1,2
ドネル・ウィッテンバーグ(アメリカ)
デニス・アブリャジン(ロシア)
佐藤巧(日本)
安里圭亮(日本) 
石偉雄(シェク・ワイフン)(香港)
Ⅲ-321側転跳び1/4ひねり後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり
(ツカハラ跳び後方かかえ込み宙返り1回ひねり=ツカハラ宙返り1回ひねり)
※リ・セグァンと同一枠 
6.0トマ・ブエル(フランス)
Ⅰ-133ヨネクラ
側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり(伸身カサマツ跳び)2回半ひねり
(ロペスハーフ)
6.0米倉英信(日本) 1,2
ヤン・ハクソン(韓国) 1,2 
小倉佳祐(日本) 1,2
程然(チェン・ラン)選手(中国) 
佐藤巧(日本) 
屈瑞阳(チィー・ルイヤン)(中国) 
蘭星宇(ラン・シンイー)(中国) 
大久保圭太郎(日本) 
ジェイムス・バクエティ(オーストラリア) 
シン・ジーワン(韓国)
Ⅳ-421?シライ2
ロンダート、後転跳び後方伸身宙返り3回半ひねり
(伸身ユルチェンコ跳び3回半ひねり)
※採点規則に記載なし
6.0白井健三(日本)1,2,3
屈身リ・セグァン
側転跳び1/4ひねり前方屈身宙返り1/2ひねり後方屈身宙返り
(屈身カサマツ跳び後方屈身宙返り)
6.4安里圭亮(日本) 1,2

■価値点ごとの技数(同一枠の技を除く)
価値点技数
5.68
5.82
6.05
6.41
※国内でヨー1/2ひねり(5.6相当):側転跳び1/4ひねり後方かかえ込み2回宙返り1/2ひねり=ツカハラ跳び後方かかえ込み宙返り1/2ひねり=ツカハラ宙返り1/2ひねり)が実施されました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

杉野正尭選手の「ぺガン(F)+コールマン(E)」です。

ぺガン(F):バーを超えながら、前方かかえ込み宙返り1/2ひねり懸垂
+コールマン(E):バーを超えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂 組み合わせ加点0.2

2022年から適用されるルールにより大きな流行となりそうなゲイロード系の技ですが早くも多くの選手たちが練習映像をインスタグラムに投稿しています。
ペガンはひねって後方車輪になるため連続技に繋げられる可能性もあり、多くの選手が取り入れる可能性があります。

前方系のぺガンから後方系のコールマンを続ける凄い組み合わせです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆかの新技・未発表技、「前方屈身2回宙返り1回ひねり」の練習映像です。

■ライデルレイ・ミゲル・サパタ・サンタナ選手(スペイン)


■ニキータ・ナゴルニー選手(ロシア)

■ジャーニー・レギニ・モラン選手(イギリス)
このエントリーをはてなブックマークに追加

つり輪の「後方2回宙返り3回ひねり下り」の練習映像です。
かかえ込みと伸身の両方を紹介するのでこのタイトルにしました。

■かかえ込み

かかえ込みはいくつか練習映像がありますが、ここではフランスの新星レオ・サラディノ選手のものを紹介します。
レオ・サラディノ選手はフランス人選手として初めて「リ・ジョンソン(G):後方かかえ込み2回宙返り3回ひねり」を成功させた選手でもあります。

■伸身

つり輪の「後方伸身2回宙返り3回ひねり下り」と言えばロシアのデニス・アブリャジン選手です。
2017年に試合で実施してからは練習映像すらなかったですが、今年になって再び練習しているようなので、新技となるアブリャジン誕生なるかととても期待しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウチムラ」候補の技の一つは鉄棒の「後方伸身2回宙返り4回ひねり下り」だったそうです。
以下ソース元より引用。

内村「未発表の技は何個かある。やっていたら確実に『ウチムラ』と名前がついていました。鉄棒の下り技、2回宙返り4回ひねり。普段の倍ひねっているので、それはやりたかったです」

鉄棒の「後方伸身2回宙返り4回ひねり下り」はおそらくG難度。
映像は2013年に代表合宿でのものがあり、内村航平選手は当時個人総合に組み込むことを考えていた「フェドルチェンコ(F):後方伸身2回宙返り3回ひねり下り」の息抜きとして練習していたと話していました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

内村航平選手と東京体育館について書きたいと思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

内村航平選手の現役引退発表について思ったことを書いていきます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

内村航平選手の軌跡と題した2004年~現在までの映像がある大会、ニュース、私が個人的に書いた記事を一覧にまとめたものです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

米倉英信選手の「ヨネクラハーフ(6.4相当):側転跳び1/4ひねり前方伸身宙返り1/2ひねり(伸身カサマツ跳び)3回ひねり」の練習映像です。
全体で4回ひねる技です。
橋本大輝選手も挑戦したいと公言しており、ハシモトになるかヨネクラ2になるのか期待がかかります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2021北九州世界選手権・種目別決勝鉄棒、6位の内村航平選手の演技です。

技順グループ
技と技の内容(通称など)難度組み合わせ加点
1ブレットシュナイダー:コバチ2回ひねり
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり懸垂
H
2カッシーナ:伸身コールマン
バーを越えながら、後方伸身2回宙返り1回ひねり懸垂
G
3コールマン
バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り1回ひねり懸垂
E
4シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手
後方開脚浮腰回転倒立とび1回半ひねり片大逆手
D
5アドラー1回ひねり片逆手倒立
前方浮腰回転振り出し1回ひねり片逆手倒立
D
6〜ヤマワキ(伸身コスミック):後ろ振り上がり伸身閉脚とび越し1/2ひねり懸垂D
7エンドー:前方開脚浮腰回転倒立B
8アドラー1/2ひねり倒立:前方浮腰回転振り出し1/2ひねり倒立D
9クースト:後方とび車輪1回ひねり(ホップターン)C
10後方伸身2回宙返り2回ひねり下り:ワタナベ(伸身新月面宙返り下り)E
Dスコア:6.6(H1 G1 E2 D4 C1 B1)
Eスコア:8.000
得点:14.600
「ブレットシュナイダー」と「コールマン」は近づいてしまいましたが、気持ちのこもった最高の演技だったと思います。
特に着地は世界中の体操ファンが期待している中で完璧な実施でこれぞ「内村航平の着地」を見せてくれてとても感動しました。

私が体操を見始めてすぐに内村航平選手の「体操は点数じゃない」という言葉を聞いてどういうことだとずっと考えていましたが今日の内村航平選手の体操を見てようやく答えが分かったような気がします。
結果でも得点でもなくその演技がとても心に響いて魂が揺さぶられ感動しました。
内村航平選手、最高の演技をありがとうございます!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ